漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

つれづれ日記とQの問題

2006/02/18 Sat 21:42:17

よ、ようやく交換した平仮名の位置に慣れてきました。
配列をもっと変えた方がいいような、どうしようと迷っている間に慣れてきたので、また交換するのが億劫になってきた……。

パーセンテージていうと、平仮名はおよそ7割くらいの使用率で、あとの三割が漢字、その他。
だから覚えにくくなるのも、仕方が無いのかなあとも思いつつ、一番の原因は全く練習時間をとらなかった自分自身にあるのですが^^;

他の配列を使用している人の中では、QWERTYとの干渉が起きるという話が時々ききますが、私は今のところは無いです。何故か「を」だけ、打ち間違えるようになったけど、たま~~にQWERTYで打っても、とりあえず打てる。
やっぱり、QWERTYが打てないと、何かと不安・不便なので、一応QWERTY配列の場所はずっと覚えているつもりです。

ええと、奏コードの2打鍵漢字のPSS問題を少しずつUPしていこうかなと。
今日はqです。
うーん、漢字だと量が多くなりそうだから、どこかにHPスペースをとった方がいいのかも。


psscsvfile,100
01q,,

a1,a2,a3,a4,a5,q1,q2,q3,q4,q5,h1,h2,h3,h4,h5,wavfile
離,,,,,離,,,,,離□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□ ,,,
伝,,,,,伝,,,,,伝伝□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□□□□ □□□□□,,,
青,,,,,青,,,,,青□青□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□,□□□□□ □□□□□,,,
整,,,,,整,,,,,整□□整□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□□□□ □□□□□,,,
念,,,,,念,,,,,念□□□□ □□□□□   ,念□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□,,,
肩,,,,,肩,,,,,肩□□□□ □□□□□   ,□肩□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□ ,,,
黒,,,,,黒,,,,,黒□□□□ □□□□□   ,□□黒□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□,,,
散,,,,,散,,,,,散□□□□ □□□□□   ,□□□散□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□,,,
返,,,,,返,,,,,返□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□    ,返□□□□ □□□□□ ,,,
魔,,,,,魔,,,,,魔□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□   ,□魔□□□ □□□□□,,,
症,,,,,症,,,,,症□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□症□□ □□□□□,,,
論,,,,,論,,,,,論□□□□ 論□□□□   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□ ,,,
相,,,,,相,,,,,相□□□□ □□相□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□□□□ □□□□□,,,
解,,,,,解,,,,,解□□□□ □□□解□   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□,,,
配,,,,,配,,,,,配□□□□ □□□□配   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□□□,,,
期,,,,,期,,,,,期□□□□ □□□□□   ,□□□□□ 期□□□□ ,□□□□□ □□□□□,,,
空,,,,,空,,,,,空□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□空  ,□□□□□ □□□□□,,,
必,,,,,必,,,,,必□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□□□□ 必□□□□,,,
勘,,,,,勘,,,,,勘□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□ ,□□□□□ □勘□□□,,,
談,,,,,談,,,,,談□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□談□□ ,,,
若,,,,,若,,,,,若□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□若,,,
左,,,,,左,,,,,左□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□  ,□□□□□ □□□左□ ,,,

  1. 奏コード

濁音等の問題集

2006/02/11 Sat 00:55:20

昨日のPSS用ファイルの残りです。濁点などなど。


psscsvfile,100
濁点等まとめ,,

a1,a2,a3,a4,a5,q1,q2,q3,q4,q5,h1,h2,h3,h4,h5,wavfile
が,,,,,が,,,,,■■が■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■が■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぎ,,,,,ぎ,,,,,■■■■ぎ ■■ぎ■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぐ,,,,,ぐ,,,,,ぐ■■■■ ■ぐ■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
げ,,,,,げ,,,,,■■■■■ ■■げ■■,■■■■■ ■■■■■,げ■■■■ ■■■■■,,,
ご,,,,,ご,,,,,ご■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■ご■,■■■■■ ■■■■■,,,
ざ,,,,,ざ,,,,,■ざ■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■ざ,■■■■■ ■■■■■,,,
じ,,,,,じ,,,,,■■じ■■ ■■■じ■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ず,,,,,ず,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■ず■ ず■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぜ,,,,,ぜ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぜ,■■■■■ ■■■■■,■■ぜ■■ ■■■■■,,,
ぞ,,,,,ぞ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぞ,■■■ぞ■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
だ,,,,,だ,,,,,■■■■■ ■■だ■■,■だ■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぢ,,,,,ぢ,,,,,■■■■ぢ ■■■■■ぢ,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
づ,,,,,づ,,,,,■■■■■ ■■■■■づ,■■■■■ ■■■■■,■■■■づ ■■■■■,,,
で,,,,,で,,,,,■■■■■ ■■■■■,■で■■■ ■■で■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ど,,,,,ど,,,,,■ど■■■ ■■■ど■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ば,,,,,ば,,,,,■■■■■ ■■ば■■,■■■■ば ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
び,,,,,び,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■び■■ ■■■■び,,,
ぶ,,,,,ぶ,,,,,ぶ■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■ぶ■■,■■■■■ ■■■■■,,,
べ,,,,,べ,,,,,■■■べ■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ べ■■■■,,,
ぼ,,,,,ぼ,,,,,■■ぼ■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ぼ■■■■,,,
ば,,,,,ば,,,,,■■■■■ ■■ば■■,■■■■ば ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
び,,,,,び,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■び■■ ■■■■び,,,
ぶ,,,,,ぶ,,,,,ぶ■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■ぶ■■,■■■■■ ■■■■■,,,
べ,,,,,べ,,,,,■■■べ■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ べ■■■■,,,
ぼ,,,,,ぼ,,,,,■■ぼ■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ぼ■■■■,,,
ぱ,,,,,ぱ,,,,,■■■■ぱ ■ぱ■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぴ,,,,,ぴ,,,,,■■■■■ ■ぴ■■■,ぴ■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぷ,,,,,ぷ,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,■ぷ■■■ ■■■ぷ■,,,
ぺ,,,,,ぺ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぺ,ぺ■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぽ,,,,,ぽ,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■ぽ ■■■■ぽ,■■■■■ ■■■■■,,,
ゃ,,,,,ゃ,,,,,■ゃ■■■ ■ゃ■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ゅ,,,,,ゅ,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■ゅ■■ ■■■■ゅ,■■■■■ ■■■■■,,,
ょ,,,,,ょ,,,,,■■■■ょ ■■■ょ■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ぁ,,,,,ぁ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぁ,■■■■■ ■■■■■ ,■ぁ■■■ ■■■■■ ,,,
ぃ,,,,,ぃ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぃ,■ぃ■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
ぅ,,,,,ぅ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぅ,■■■■ぅ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
ぇ,,,,,ぇ,,,,,ぇ■■■■ ■■■■■ぇ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
ぉ,,,,,ぉ,,,,,■■■■■ ■■■■■ぉ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■ぉ■ ■■■■■ ,,,
ヴ,,,,,ヴ,,,,,■ヴ■■■ ■■■■■ヴ,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,

  1. 奏コード

静音の問題集

2006/02/10 Fri 00:57:59

Wineさんのを真似て、奏コードのPSS用平仮名ファイルを載せてみます。まずは静音から。まだPSSがタグに対応していない頃に作ったので、白黒の練習問題です。使い方は、
まずメモ帳などにコピペします。
拡張子をcsvにして保存します。
PSSEditorのエクスポートでcsvfileを選択してエクスポートします。
平仮名の問題は、前の奏コードの場所になってます。

実際に練習する時は、もう少し細かく問題集を作って練習していった方がいいのではと。
ちなみに私はこんな順番で練習してました。

PSS問題集


特に工夫も無いただのあいうえお順なので、もっといい方法が沢山あると思います。
PSSEditor上で、問題をコピー&ペーストして細かい問題集を作る事が出来ます。


psscsvfile,100
静音まとめ,,

a1,a2,a3,a4,a5,q1,q2,q3,q4,q5,h1,h2,h3,h4,h5,wavfile
あ,,,,,あ,,,,,■■■あ■ ■■■■■,■■■■■ ■あ■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
い,,,,,い,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■い■ ■■い■■,■■■■■ ■■■■■,,,
う,,,,,う,,,,,■■■■■ ■■■■■ ,う■■■■ ■う■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
え,,,,,え,,,,,■■■え■ ■え■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
お,,,,,お,,,,,■■お■■ ■お■■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
か,,,,,か,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■か■ ■か■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
き,,,,,き,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■き■■ ■■■き■,■■■■■ ■■■■■,,,
く,,,,,く,,,,,■■■く■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■く■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
け,,,,,け,,,,,■け■■■ ■■■■■,■■■■■ ■け■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
こ,,,,,こ,,,,,■■■■■ ■■■こ■ ,こ■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
さ,,,,,さ,,,,,■■■■さ ■■■■■   ,■■■■■ ■さ■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
し,,,,,し,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■し■■■ ■し■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
す,,,,,す,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,す■■■■ ■■■す■,■■■■■ ■■■■■,,,
せ,,,,,せ,,,,,■■■■■ ■■■■■    ,■■■■せ ■せ■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
そ,,,,,そ,,,,,■そ■■■ ■■そ■■   ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
た,,,,,た,,,,,■■■■■ ■■■■■ ,■■た■■ ■■た■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ち,,,,,ち,,,,,■■■■■ ■ち■■■   ,■ち■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
つ,,,,,つ,,,,,■■■■■ ■■つ■■,つ■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
て,,,,,て,,,,,■■て■■ ■■■■■   ,■■■■■ ■■て■■,■■■■■ ■■■■■,,,
と,,,,,と,,,,,■■と■■ ■■と■■   ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
な,,,,,な,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■■な■■ ■な■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
に,,,,,に,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■■■に■ ■■■に■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
ぬ,,,,,ぬ,,,,,■■■ぬ■ ■■■■■ぬ   ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
ね,,,,,ね,,,,,■■■■■ ■■■ね■   ,■■ね■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
の,,,,,の,,,,,■■の■■ ■■■■■   ,■■■■■ ■の■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
は,,,,,は,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■■■■は ■■は■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ひ,,,,,ひ,,,,,ひ■■■■ ■■■■■   ,■■■■■ ■ひ■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
ふ,,,,,ふ,,,,,■ふ■■■ ■■■■■   ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■ふ■,,,
へ,,,,,へ,,,,,■■■■■ ■■■■■へ   ,■■へ■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
ほ,,,,,ほ,,,,,■■■■■ ■ほ■■■   ,■■ほ■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
ま,,,,,ま,,,,,■■■■■ ■■ま■■   ,■■ま■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
み,,,,,み,,,,,■■■■■ ■み■■■   ,■■■み■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
む,,,,,む,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■■む■■ む■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
め,,,,,め,,,,,■■■■■ ■■■■■   ,■め■■■ め■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
も,,,,,も,,,,,■■■■■ ■■■も■   ,■も■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,
や,,,,,や,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■や ■■や■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ゆ,,,,,ゆ,,,,,■■■■■ ■■■■■ゆ,■■■■■ ■■■■■,ゆ■■■■ ■■■■■,,,
よ,,,,,よ,,,,,■■■■■ ■■よ■■,■■■よ■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
ら,,,,,ら,,,,,■ら■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■ら■■,■■■■■ ■■■■■,,,
り,,,,,り,,,,,■■■り■ ■■■■■,■■■■■ ■■■り■,■■■■■ ■■■■■,,,
る,,,,,る,,,,,■■■■■ ■■■■■,る■■■■ ■■る■■,■■■■■ ■■■■■,,,
れ,,,,,れ,,,,,■れ■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■れ■,■■■■■ ■■■■■,,,
ろ,,,,,ろ,,,,,■■ろ■■ ■■■■■,■■■■■ ろ■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
わ,,,,,わ,,,,,■■■わ■ ■■わ■■,■■■■■ ■■■■■,■■■■■ ■■■■■,,,
を,,,,,を,,,,,■■■■■ ■■■■■,■■■■を ■■■を■,■■■■■ ■■■■■,,,
ん,,,,,ん,,,,,■■■■■ ■■■■■,ん■■■■ ■■■■ん,■■■■■ ■■■■■,,,
っ,,,,,っ,,,,,■■■■■ ■■■■■      ,■っ■■■ ■■■っ■  ,■■■■■ ■■■■■  ,,,
ー,,,,,ー,,,,,■■■■■ ■■ー■■ ,■■■■ー ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■ ,,,
ヴ,,,,,ヴ,,,,,■ヴ■■■ ■■■■■ヴ ,■■■■■ ■■■■■ ,■■■■■ ■■■■■,,,

  1. 奏コード

「R」より「G」の頻度を高くしてみました

2006/02/02 Thu 01:00:02

Phoenix方式、略してフェニ式(jisx6004さん命名)にするため、奏コードを一部変更しました。
変更は以下の部分です。

「く」をGK
「り」をGO
「や」をRK
「せ」をRL
「ー」をGJ
「生」をSM
「立」がMS

カタカナの場合、「ー」の頻度が上がるので、平仮名とカタカナで同じ配列場所にするためには、「ー」の位置を前の場所(SM)より良くしなければならなかったのです。
でも、良い場所は平仮名で埋まっているので大変でした。まあここならそう打ち辛くもないかな、と。
ついでに、「く」の場所(RK)と「り」(RL)が打ちにくかったので、変更。
しばらく使ってたのですが、使っている内にまた配列を変えたくなって、今は、

「く」をGK
「よ」をGO
「や」をRK
「せ」をRL
「あ」をGJ
「ば」をRJ
「せ」をRL
「ー」をGI
「り」をFO
「生」をSM
「立」がMS

に変更場所が増えてます。
更に左手の「G」の頻度が増え、「R」が減っています。
手の動きでいうと、縦の動きが減って横の動きが増えたような感じで。
でもまた変えるかもしれない・・。配列変更は本当に癖になるから、気をつけないと。いやー、本当にこわい。

「R」と「G」のどっちが打ちやすいかは、とても微妙ですね。。かつての私は「R」の方が打ちやすいと思ってました。
でも実際に打ってみると、打鍵速度が早くなるにつれ、「R」は手首全体が動いてしまうので、タイムロスが起こるようになったのです。
あと、妙に打ちにくい。手全体を左側にズラす移動があまり気持ち良くないというか。疲労は溜まらない場所なのだけど。
そこで、「R」の代わりに「G」の頻度を上げてみました。

今は、ミスタッチが増えて増えて打つのが遅くなっています。変更した平仮名だけ、練習しようかなあと考え中。
でも配列変更後に起こる、微妙な負荷が懐かしいという気持ちもあったりして。こう、練習初期に毎日配列を変えていた頃を思い出します。
全て新配列にして覚え直すのは大変だけど、一部のキー変更くらいなら、「気分転換」に……ならないかな。ちょっとはなるかも。

今回は漢字の変更が二つですんでほっとしています。やはり、漢字習熟には、平仮名の何倍も時間がかかるので。良かった。。。
  1. 奏コード

アルファベットの位置を変えてみる

2006/01/04 Wed 20:38:20

奏コードのアルファベットの位置を変えてみました。
今までは、ローマ字も頻度順でキーがバラバラの位置にあったんです。
でも、これはやりすぎでした。
よく使う単語以外は、混乱がなかなか直らないし(_ _;;)o.
普通にABCの順に並び変えてみました。

今はまだ、前の位置で打ってしまうけど、慣れたら、アルファベットの順の方が、打ちやすい(少なくとも覚えやすい)のではと考えています。

どういう順番にしたかというと、AがY2、BがY3、CがU2、DがU3、EがI2・・・
という順番です。
小文字の方は、数字の「0」と「9」を使って同じように打ちます。

少し使った感じではいいようでした。ただ、個人的によく使う「S」と「T」が小指を使用する事になるのが、ちょっと気にかかってます。
もう少し様子見かな・・と。
  1. 奏コード

≪ Previous page | HOME | Next page 》

Calendar
04 ≪2017年05月 ≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。