漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢点字入力

2006/08/04 Fri 22:41:11

takayanさんにトラックバックを頂いて知ったのですが、漢字の点字である「漢点字」をキーボードで入力する漢点字入力という入力法があるそうです。歴史は古く、Windows以前からあるとか。
漢点字とは、通常はカナしかない点字に、漢字にも一つの符号を与えたもので、無連想ではなく「部首」が共通していたり、また、部首の点配置は従来の平仮名の点配置を元にしているので、覚えやすくなっています。

「漢点字」のホームページも見てきたのですが、部首の点配置法がとても優れてました。
たとえば、平仮名の「き」は点字だと
●○
●○
○●

ですが、漢字の「木」は

●●
●○
●○
○●
――と、「き」が元になっています。
一番上の黒い丸2つは漢点字用の符号で、それを抜かすと「き」と「木」は同じ構成になってますね。
「林」だと

●● ○●
●○ ●○
●○ ●○
○● ○●
――こんな風になるそうです。木偏を元にして構成数が増えている所は、なんだか漢字の部品入力の漢直に雰囲気が似てますね。

「漢点字の開発」を読むと、構成素となる漢字の分析をして、200あまりある構成素を統合整理することから始まったそうです。
漢字の構成素を整理するのは、かなり大変で知識と労力がいるみたいなんですよね……。漢点字の構成素はどのようになっているのか知りたいです……けど、日本漢点字協会に入らないと無理なようでした。

この漢点字をキーボードで入力する方法はtakayanさんのブログに詳しく書かれてます。

takayanさんはこの漢点字を無連想漢直配列と書かれていましたが、確かに連想配列とも違うけれども、無連想と書いてしまうのももったいない気がしますね。
練習時の覚えやすさに加え、部首と平仮名を元にした体系化がしっかりしているので、無連想配列とはかなり違った感覚があるのでは? という気がします。特に覚えやすさに関して差がありそう。

それにしても、きっと漢点字を使っている人は普通の点字よりも使っていて楽しいだろうなあ、豊かな気持ちになるのじゃないかな、と想像しました。
部首の配置パターンがあるので、より漢字に近いし、たとえば読書をしている時、内容もさることながら文章を見ているだけできれいな文章だなと思う時があります。漢点字は文章の内容だけではなく、そういう文章の持つ美しさの部分も伝えてくれそうな気がしました。
私は漢字(というか日本語)が好きなので、もしも目が見えなくなった時には、漢点字を覚えたいです。
  1. 漢直色々

連想系配列と風使い

2006/07/28 Fri 22:39:04

一つ前の記事で、

>少なくとも漢直の場合は、QWERTY配列での記憶を前程にして覚えると害が出るのはほぼ間違いないのでは

――と、書きましたが、「”無連想”配列の漢直では」と「無連想」を入れるのを忘れていました。
なので、ここで訂正&追記させて頂きます。
連想も使う配列の場合はQWERTYをキーに使うのも、かなりアリですよね。
というか、実際にKazikなどで実装されてました。
「風」もローマ字入力で「読みを入力する」ので、ローマ字入力をベースにしていると言えるかな。
それに、無連想配列でも頻度の低い漢字などは、連想で覚えるのも良さそうです。

連想系配列は使った事がないので、慣れたらどういう感じになるのかなあ……とずっと知りたいと思っているのですが、「風」をずっと使い続けている人の感想などをあまり見た事がないので、謎に包まれたままですね……。「風」……。
「風使い」という言葉もあるくらいだし、歴史もあるので、きっと日々普通に使っている人が結構いるのでは? と予想してるのですが。「風使い」って謎の民みたいでネーミングが良いですねぇ。。

漢直に興味があるけれど、一つ一つ覚えるのはなー、という時には、連想系配列の平仮名部分は、元からある配列(QWERTや親指など)をそのまま使っているものが多いので、こういうのから漢直に入るのも良いかな? と。 (☆参考 漢直系鍵盤配列に関するリンク集
他には、繭姫を使うと、好きな配列で「風」を実装出来るようです。
  1. 漢直色々

QWERTY配列を使って覚えると…?

2006/07/26 Wed 21:27:42

Rayさんの記事「「初心者向けの配列」の有無について考える」にコメントしようと思って書いていたら、長くなってしまったので、ブログの方に書きますね。まずは奏コードについて見て頂けたみたいで嬉しいです。
それに関連するコメント

今日読んだみのりさんの漢直(奏コード)でも「した。」は
SJ(し)DK(た)F(。)と打つと記述されています。
つまり、「した。」=SJDKFなのです。
(飛鳥では「した。」=S;.で、.のみクロスシフト)

勿論、実用レベルで使うときは英字の意識などなく、指が勝手にSJKDFと打ち切る
のですが、学習段階でキー名はQWERTY配列の英字で記述しまた覚えるしかないので、最も
英字と縁遠いように思われる漢直でさえ、英字のタッチタイプが前提となっているのです。

学習段階でキー名はQWERTY配列の英字で記述しまた覚えるしかないので、最も
英字と縁遠いように思われる漢直でさえ、英字のタッチタイプが前提となっているのです。


――なのですが、これは私の書き方が安直(^^;だっただけで、他の漢直サイトや漢直を覚える時は、QWERTYを使っての記述はしないんです。
漢直を使ってない人でも直感で分かるようにと思ってこう書いたのですが、ちとお手軽な書き方でしたね……(^^;)

少し補足説明させて頂くと、通常漢直の配列場所をQWERTYを手がかりにして覚えるのはタブーとされていて、QWERTY配列の表記を使わないでも、運指を説明する方法が、色々と考案されています。

たとえば、文章をコピーすると、文字の場所をガイドしてくれる「漢索窓」というソフトは
漢索窓

という形式でキーの場所を表示します。上は「漢直の練習」という文をコピーして表示させた例です。
また、漢直には独自のストローク表というのがあって、それで奏コードを書くと


|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ ||・・・・・|・
|・・・・|・ | |ぐゃおえ|ぱ |・そとわ|ぎ |・じどょ|・ |・・・・|・ ||ぇヴぴぬぢ|・
|・・・・|・ | |・ちほみ|・ |つだまは|ば |こもねよ|・ |・・・・|・ ||ぺぃへぞぅ|・
|・・・・|・ | |・・・・|・ |げ・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ ||ゆぁぜぉづ|・

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・ろ・|・ | |ひけのあ|さ |ぶらてく|・ |ごれがり|・ |・・・・|・ |
|・めむず|・ | |うしなか|せ |るでたい|や |すっきに|を |んざゅ・|ぽ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・ふ・・|・ |・・・・|・ |
|・・ぼ・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・ーべ・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・ぷ・・|・ |・・・・|・ |


こんな風になります。表の見方は前に書いた事があるので、良かったら参考にして下さい。

自分も練習する時は、
■■■■■ ■■■■■   
■し■■■ ■し■■■
■■■■■ ■■■■■

■■■■■ ■■■■■ 
■■た■■ ■■た■■
■■■■■ ■■■■■

というビジュアル配列表を平仮名やカタカナ、アルファベットの分も全て書いて、この表を見ながら覚えました。

少なくとも漢直の場合は、QWERTY配列での記憶を前程にして覚えると害が出るのはほぼ間違いないのではと、自分の経験や他の人の感想を読んでも思います。

ところで私は何となく、Rayさんは飛鳥配列を指の運動記憶で覚えているのだろうと思っていたので、QWERTY配列のキー表記から覚えているというのは意外でした。
それで、あれだけの早さで新しいキーの場所を覚えているんですか…。
何か独自の記憶法があるのだろうか?? と長い間謎だったので、その謎がとけて個人的にはすっきり! しました。


しかしこうしてRayさんのブログを読んでいて気がついたのですが、QWERTY配列に対する「伝達への信頼性(誰でもキーの場所を知っているだろう、少なくとも見れば分かる)」という前提は、かなり揺るぎないものになっているなあ……と。
QWERTYはまあ色々と問題もありますが、「キーの場所を指し示す世界共通語」のような役割になっていますね・・。
もしもこれから、Dvorakなど他の配列も多く使われるようになって、QWERTY配列の知名度が減ってくると、それこそ漢直じゃなくても上記のような配列表を書かないと、キーの場所が伝わりにくくなってしまうのかも。
まあ、その時には何かまた新しいアイディアが出ているような気もするけれど(数字で表すとか)

私が最初に覚えたのは「かな打ち」だったのですが、その時にはまだローマ字入力では打てなかったので、
>QWERTY配列は「カナ入力者のための基礎的配列」
というのは人によるのではないかな?と個人的には思います。

最後にもう一つ、動画を見て漢直への感想が変わったようで、わぁ、かなり嬉しいなぁ。。。
――と、しばらく感慨にふけってました~。
  1. 漢直色々

漢直と視覚連想記憶の関係について

2006/07/17 Mon 22:11:30

一つ前の「漢直と音連想記憶の関係について」からの続きからです。
視覚系の連想記憶を使おう……と(前回のあらすじ)。

TUTの練習時に、あまり打ち慣れていない漢字は漢字の形を思い浮かべてから打つ事があるようでした。打ち慣れてくると、この確認(想起)作業は行われずに自動で打つようになってきます。

なので、たとえば「配」を打ち慣れていず、形を思い浮かべる場合は、「配」の代わりに

□□□□ □□□□   
□□□□□ □□□□□   
□□□□□ □□□□□ 

という配列表の全体を一つの絵のようにして思い浮かべるようにしようと考えました。

この方法だと、視覚の処理量(というか解像度?)が増えそうだな、という懸念もあったのですが、音連想の時とは違って「タスクの種類」は増えないのではないかな? と。
で、種類が増えるよりは、同タスク中の量(解像度)が増える方が、まだ自然で楽なのではないかなと考えたのでした。量といっても、それほど負担になるたぐいでもなさそうだし……とか。

ただ、そもそも連想を使って覚えると、たとえどんな方法でも後遺症がのちのち残るかもしれないので、練習中はいつも片隅に不安がありましたね…。
一応目標は完全無連想だったので、「自然に視覚的な記憶も抜けていく」を最終目標にしていたのですが、本当に抜けていくのだろうか……? とか。いつまでも記憶が残ったらどうしよう?
やけに右脳が活性化しているような気がするけど、これはこの配列表のせいなのかしらん、などなど。

なので、最初はこの表を覚える事を重点的に練習していたのですが、途中から、指で打つ時の運動パターンにも注意を向けました。でもまあそんなに厳密ではなく、少し意識するようにした程度です。
#なので完全な視覚記憶ではないので「半視覚記憶」に近いです。
結果としては、

■長所
・やはり完全な無連想で覚えるよりは、覚える時間が短くすんだ。(自分の場合)
・記憶がうろ覚えでも、この視覚記憶を使って練習していると「右上側にごちゃっと固まっていたな」くらいの記憶はたいてい思い出せるので、何回かの打ち直しで正しい漢字を入力しやすい。
・補助輪つきの練習のようなものなので心理的に楽だし、漢字をずっと見ているのは意外と楽しかった。

■短所
・「文章単位」で覚える事が出来ない。基本は単漢字単位。
・配列表を書くのが大変だった……。
・「音連想」の時と比べると頭から抜けやすいので復習を必要とする。余計に必要とするわけではないので短所というほどでもないですが…。
・おそらくはただ指のパターンで覚えるよりは、覚える時に負担がかかるような気もします。私は指だけだと飽きてしまうので、その方が良かったのだけど、人によっては短所になりそうです。


――ずっと気になっていた「連想が自然に抜けるのだろうか」ですが、これは本当に自然な形で抜けていきました! 一番嬉しかった事かも(^^; 今は良く使う漢字は反射で打てて、使い慣れない漢字は今でもこの配列表を思い浮かべながら入力する感じです(すると補助付きの入力のようになるので、やはり楽ですね。。)

まだ漢直を使い始めの頃は、配列表を思い浮かべる事が多かったのですが、その時も「思い出すのがめんどうだなあ……」と感じる事は無かったです(タイムロスもなかった)。脳の作業量が増えるのではと懸念していたのですが、どうやらこれくらいの差は脳にとってほとんど差位にはならないようです。視覚系だからかも。
まとめとしては、自分にとっては良く合っていた練習方法で、結果として連想も変に残らなくて良かったあといった所ですね。

あと最後になりますが、漢直を始める時は、まずはeelllに触れてみる事をおすすめします。完成度がとても高く、文章練習や単語練習、単漢字練習も順を追って出来るし、通常はこのツールで漢直をマスター出来ると思います。
  1. 漢直色々

漢直と音連想記憶の関係について

2006/07/14 Fri 21:41:03

私が、

□渦□□□ 渦□□□□
□□□□□ □□□□□
□□□□□ □□□□


という形の配列表を使って、半視覚記憶をとり入れた理由は、TUT-Codeを音連想で覚えた時の失敗から学んだ経験からでした。過去にも少し書きましたが、まとめてみますね。

私が一番最初に覚えた漢直はTUT-Codeでした。覚える時に「連想はいけない」とあちこちに書かれていたにも関わらず、「ただ指の運動で覚える」と、途中で飽きてしまうだろうと判断して連想で覚えてしまいました…。
その時に使ったのが「音連想」で、具体的には、

例1 賊 nyg 賊をにがす
(☆補足 「賊」の運指がnygの位置になる場合。これはnygと"にが"すがカケてあるつもり。。)
例2 縁 omr おみゃーさんとは縁がある
(omr→おみゃー。こういうやや無理のある連想もたくさんあった)
――ってな感じでした。こういう連想をほぼ全ての漢字に使って覚えたのですが、結果は、

■長所
1 覚える速度はかなり早かった(無連想よりは10倍くらい楽でした)
2 覚えた後の定着率もかなり良かった。連想なので、むしろ忘れようとしても忘れにくく、 復習があまり必要ない。
3 連想を作るのと覚えるのもまあまあ楽しかった。

■短所
1 とにかく連想が抜けなかった。よく使う漢字以外は使い始めてから3ヶ月経っても打つたびに音の連想が頭の中でちらついていた。逆に言うと定着率が非常に良かったという事なのですが。
2 そして、その連想が頭に浮かぶ事が大きなストレスになっていた。

――まとめとしては、"自分の考えを文章にするのではなく、コピータイプなどのようにすでにある文章を写す"場合には、音による連想記憶はかなり有力だと感じました。
実際に漢直の歴史も連想式から始まっているし、今も企業でのキーパンチャーなどで使われてるしその効果は今更言うまでもないですよね。。

ただ、自分の文章や考えを入力する場合には、せっかく変換が必要ないのに、頭の中で違う経路を使って変換しているようでストレスでした。

また、「漢直」と「音連想」の場合は、特に相性が悪かったようです。
たとえば、漢直で漢字を打つ場合は、漢字の形をぼんやりと想起することがあるようです。
これは漢字を書く時と同じで、だいたいの漢字の場合は意識して形を思い出しているつもりはないのに、時々「態」と「能」を間違えたりなど、形の間違いもよくやるので、自分が意識しているよりも、漢字を使う時には「漢字の形」の情報も脳は利用して使っているようです。
それに漢直は漢字を入力する時の発音と運指に関連性が無いため、発音の「音」の影響が比較的弱く、その分「音連想」で覚えた音が強力に頭の中に響いてきました。(なので音連想で覚えやすいのですが)

このように漢字を打つ時は「視覚的」なものもどこか使っているのに、音連想で「聴覚」をを使うと、タスクが2重になる感覚が強くありました。全く別の部位、別の回路を使っているという意識が常にあって、頭が疲れるというか、漢直なのに漢直ではないような感じで 。
自分で文章を考えながら打っている時に、連想の音が浮かんでくる(聴こえてくる)と、頭の中が2重の言葉でガヤガヤとする感じもあり、うるさくて邪魔なのもストレスでした…。

コピータイプの場合は、目の前に実際の漢字の形があってそれを見ながら打つので、自分で想起する必要がなく反射で打てて、そのため音の連想記憶でも問題無く入力出来るのではと考えています。
また、自分で文章を考えないと、内語も起こらないからでは……と(これは想像ですけけれど)。
文章を考える方向に脳の回路を使わないので、余裕が出来るのも大きいかもしれないですね。


――…とまあ、TUTでの音連想記憶は大失敗でその内使うのをやめてしまったのですが、連想による「覚えやすさ」は確かに非常な効果があるので、現在の配列である奏コードを覚える時に、何とか連想を取り入れたいと考えました。

そこで、漢直の特性からいって視覚記憶ならばそれほど脳のタスクが増えず、漢字の方向性と合いながら連想記憶出来るのでは……?と考えました。続きまーす。


#補足
tastieraさんにコメントを頂いて気がついたので追記を。
この「音連想」には文章での「意味連想」も合わさっているわけですが、「賊をにがす」などの文章の形になった意味連想は、かなり早い段階で頭に浮かばなくなりました。
でも、
・「賊」(を打つぞ!)→ ニィグ → nyg(入力。この時アルファベットの文字は視覚的には浮かばずそのまま打てる感じ)という、アルファベットの「音」イメージは頭からこびりついて離れなかったので、「音連想」と書いています。

自分で文章を考えながら打つ時は脳の「意味を思い浮かべる」部分をよく使うから早く消えたのかもしれないですね……。一文が長いし。
でも漢字の読みと運指は常に不定なため聴覚はあまり使われず、文章を打つ時その回路が暇をしていたり不安定なため、いつまでも音連想を再現し続けたのかな、なんて想像しています。
  1. 漢直色々

≪ Previous page | HOME | Next page 》

Calendar
08 ≪2017年09月 ≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。