漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

05/05/09の日記 その2

2005/09/14 Wed 02:42:16

今、試しに覚えてみてます。
だんだんコツがつかめてきた。この写真記憶(映像記憶)をする時は、例えば「私」を覚えたい時は「ワタシ」と頭の中で音を唱えないで、”私”、という”絵”で覚えると良いですね。
まさに、私、というのを絵として見る。

□□□□□ □□□□□ 
□□□ □□□□□
□□□□□ □□□□□

これで一緒に見る。一つの絵、というか。ふむ。とにかく、音を排すのが良い。
といっても難しいが。どうも私は、絵よりも音のほうが脳に残りやすい人みたい。普段の生活もそうだし。

で、まあ、
1まばたきを繰り返しながら、覚える(じっと見てるよりは、ほんの一瞬表を見る方が覚えやすい)
2次は目を閉じて表を脳裏に思い出す。

――これをやるといいみたい。あと、覚える時は、
・周りの □ の雰囲気を特に注視する。

この方法は、去年の連想よりは明らかに覚えが悪い。
かといって、ただ単に指に覚えさせる方法の100倍程度は効きそうな感じです。

――――――――――――――――――――――………‥‥・・・
しっかしまあ、過去に覚えた音記憶が私を悩ませる。非常に厳しい。
色々な人のHPで連想は後々良くないよって忠告があったにも関わらず、覚えちゃったんだよねえ。

音を無視して覚える。やはり、映像記憶だね。
静かに、静かに。沈黙の部屋。真っ白い部屋の中に、一枚の絵がかかっている。音の無い白い部屋。そこに絵が。
私は、その絵を鑑賞するのだ。
部屋に入る。一枚の絵が正面にかかっている。
近寄っていく。次第に鮮明になる絵。
私は絵を手にとる。写真たてに入れてみる。天井に飾って、寝転びながら見る。

……こういう風にイメージをするのは良いけど、時間がかかりすぎちゃうな。ポツっと。
絵ってピジュアル配列表の事ね。


さて。映像記憶ですが、この場合
・規則的に覚える
・規則無しで覚える。
――どっちのほうが効果的なのかな。規則があったほうがいいのかな?

規則で覚える場合も
・第一打鍵で揃える
・第二打鍵(もしくは第三打鍵)で揃える

――という方法があって、どっちをとるか。
まあ、一応規則的に覚えたほうが、覚えやすくはあるみたい。
第一打鍵と第二、どっちで揃えようかな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ブログ用に少し説明をつけ加えます。規則で覚えるとは、例えば、
qyのストロークで打つ漢字を覚えたら、次はqu qi qo qp の場所にある漢字を順番に覚えていく事を、規則的に覚えると上では書いています。
規則無しとは、場所は関係なく、よく使う漢字から順に覚えようかな~と、ぼんやり考えていました。

・第一打鍵で揃えるとは、すぐ上で書いたqu qi qo qp の順。
・第二打鍵で揃えるとは、qy wy ey ry ty と、二打鍵目を同じ場所にする覚え方の事です。

ここでは説明のために、便宜上アルファベットを持ちいてますが、今回は「絵」で覚えるのを目標としてるので、覚える時アルファベットはなるべく頭から排除して、表を見ながら、「指の場所」で考えていました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

……どうも結論として、「映像記憶」なので、第一打鍵で揃えても、第二打鍵でもほとんど差が無い、という事みたいよ。”青で揃ってるか””赤で揃ってるか”だから、分かりやすい第一打鍵で揃えた方がいいみたいね。

無連想式の場合は、指と記憶の覚えやすさの差を平均させるために、第二打鍵で揃えた方がいいらしいんだけどね~(増田式)

――しかし、"なんとなく第一打鍵がいい"というのはよくない。実際に実験してみなければ分からないな。よし、ストップウオッチを取り出すか。
シャキーン!(`・ω・´)

(計測中)

……どうも私は、一打鍵目で揃えたほうが、速く覚えられるみたいだ。
二打鍵目で揃えると、打つ順番を、逆にして覚えてしまう。二つもその間違いをやった。
一方、一打鍵目で揃える場合はそういう間違いをする事はない。
やはり指で覚えるのと、映像で覚える差なのかなあ、と思う。実際に実験してみて良かったよ。そういう傾向が分かって。

つまり色で打鍵の順番を表すというのは、受ける印象が、似てきちゃうんだろうね。ふーむ。
そう、「青」でも「赤」でも目が受ける強さがほぼ一緒だから、混同しやすい。

という事で……。

”刺激の強さ”の印象を変えるのは、”太字”でしょうね。一打鍵目は、フォントを大きくしてみる。

□□□□ □□□□□ 
□□□ □□□□□ 
□□□□□ □□□□□

……こうすると、やはり二打鍵目の印象が薄れ、二打鍵目が覚えにくくなる。
その差をならすために、二打鍵目で揃える方法で記憶するかねえ。いやいや、それだと元のもくあみじゃん。

むーん。しかし、音記憶に比べると厳しいな。
2打鍵で打てる漢字はそれでもいいけど、3打鍵になるとねー。うーむ。

覚える最中、気を許すと音記憶をしちゃうので、私は外国人、私は外国人、読めない、読めない、カンジ、ワカリマセーン、と暗示をかけながら、映像記憶でやってみます。
スポンサーサイト
  1. 漢直練習日記

≪ 05/05/09の日記 その3 | HOME | 05/05/09の日記 その1 >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
08 ≪2017年09月 ≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。