漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

奏コードを漢直用ストローク表であらわしてみた

2005/10/30 Sun 01:06:28

■奏コードのストローク表■

☆プロポーショナルフォントを使わないで見て下さい。(MS ゴシックなどが良いです……ブログ上ではこのままでも大丈夫です)


|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ ||・・・・・|・
|・・・・|・ | |ぐゃおえ|ぱ |・そとわ|ぎ |・じどょ|・ |・・・・|・ ||ぇヴぴぬぢ|・
|・・・・|・ | |・ちほみ|・ |つだまは|ば |こもねよ|・ |・・・・|・ ||ぺぃへぞぅ|・
|・・・・|・ | |・・・・|・ |げ・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ ||ゆぁぜぉづ|・

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・ろ・|・ | |ひけのあ|さ |ぶらてく|・ |ごれがり|・ |・・・・|・ |
|・めむず|・ | |うしなか|せ |るでたい|や |すっきに|を |んざゅ・|ぽ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |

|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・ふ・・|・ |・・・・|・ |
|・・ぼ・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・ーべ・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |・・・・|・ |
|・・・・|・ | |・・・・|・ |・・・・|・ |・ぷ・・|・ |・・・・|・ |



この表は、漢直を使わない方には見慣れないかもしれません。
表の見方は、

 (1)目的の漢字が、長方形の中のどこにあるか?
 (2)その長方形が、表全体の中のどこにあるか?

という順番で、見ます。

たとえば、「ぐ」を見てましょう。「ぐ」は、一番上の一番左にあります。

「ぐ」は、長方形(↓の事)で見ると、

     |・・・・|・  …最上段(数字段)
     |ぐ・・・|・  …上 段
     |・・・・|・  …中 段(ホーム段)
     |・・・・|・  …下 段

にあります。これは「ぐ」の左指の一打鍵目が、「Q」の位置、ということを表しています。

次に、ぐぐっと視野を広くして、表全体を見ます。
表全体は、「右手のみで打つキー」をあらわしています。

     |・・・・|・ 
     |・・・・|・ 
     |・・・・|・ 
     |・・・・|・


この長方形で、「1キー」として見ます。
すると「ぐ」がある長方形は、「U」の位置を表している、ということが分かると思います。
なので、「ぐ」は「QU」と打つ、ということになります。

う~ん、説明が分かりにくいかな(^^;)
分かりにくい所や、奏コードの間違い、疑問点などあったら、気軽にコメントなどを寄せて下さい(^-^)

この表は、m(as)m さんが作成したのを使わせていただきました。
ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 奏コード

≪ ■奏コードのビジュアル配列表■ その1 | HOME | 奏コードの「アルペジオ打鍵」の例 >>

Comment

[by かえで(yfi) #- URL]
2005/10/30 Sun 03:15:21 [Edit]
【一打鍵目:表の一区画を見てください】
|1234|5
|QWER|T
|ASDF|G
|ZXCV|B

【二打鍵目:表全体を見てください】
|6||7|8|9|0|
|Y||U|I|O|P||@|
|H||J|K|L|;|
|N||M|,|.|/|

※カタカナは、「ー」を除いて打鍵順序が逆になります。

 Qwerty配列に依存する表記をする場合、上記の様な解釈でよろしいでしょうか。
 #いや、どうにも「俺的表現」にしないと理解できないタチでして^^;

 しかし、奏コードって不思議ですね…
 今、なにげに(この行だけ)奏コードかな配列で打っているのですが、これはこれで単独でもいけそうですね。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2005/10/30 Sun 03:25:36 [Edit]
はい、合ってます。あの説明でこの短時間で分かってくれたとは!
しかも分かりやすい表付きで。
一区画 という方が通りが良いかもしれない……。
元々は、http://www.crew.sfc.keio.ac.jp/~chk/data/tut_str.txt
にあるのを使わせて頂いたので、こちらも見てもらうと、もっと分かりやすいかもしれません。

>奏コードって不思議
どこが不思議なのか、自分では分からないです(?o?)

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
05 ≪2017年06月 ≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。