漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「々」の扱いについて

2006/09/09 Sat 23:04:05

私は「々」を記号キーで打ってます。自分で設定したのかな? と思っていたらTUT-Codeでも「々」を漢字の運指とは別に、記号や句読点と同じ扱いになってました。なので、その設定をそのまま奏コードでも真似した模様……すっかり忘れてました^^;

それで気になって「々」を調べた所、「々」は漢字ではないようなんですよね。それどころか「字」でもない(!)ようです。
大修館書店漢和辞典編集部の漢字Q&Aコーナーによると、

 この字は、実は「字」ではありません。アルファベットのような表音文字であれ、漢字のような表意文字であれ、「字」であるためには、少なくとも一定の「音」を表している必要があります。しかし、この「々」の場合、「人々」と書けば「びと」、「品々」と書けば「じな」という具合に、その読み方は千変万化、トランプのジョーカーのような役割を果たしています。
 ではこれは何かというと、強いていえば「記号」でしょう。そこで、JIS漢字の世界などでは、これを「繰り返し記号」と呼んでいます。また、「々」は「仝」(「同」の異体字)の草書体から生まれてきたとされるところから、「ドウの字点」と呼ばれたり、漢字の「二」から生まれてきたとされるところから「ニの字点」と呼ばれたり、直前の文字を繰り返すことから「おどり字」と呼ばれたりしています。
http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa_mean.html#Q2003



――だそうです。なるほど、きっとTUT-Codeはそういう所まで調べて配置したんでしょうね。さすが。
ちなみに「〆切」の「〆」は「しめ」という音を持つので、立派な「字」だといえるそうです。あ……この字打てないや。
このサイトのQ&Aはかなりつっ込んだ質問にも答えてあって、面白いです。それに大量に質問と答えがあるので、ついつい読んで時間が過ぎていってしまう~。
スポンサーサイト
  1. 日常

≪ 05/06/26の日記 2 | HOME | 05/06/26の日記 >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
05 ≪2017年06月 ≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。