漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

05/06/25の日記 2

2006/08/30 Wed 22:38:08

《過去練習日記》
前に書いた、「将来使いたい漢字が変な場所(キー)にあったら」問題についてずっと考えていて。
私は変換キーを記号キーとしている。これを使えば問題ないのだけど、漢字や単語を変換キーを使って打つのは嫌かなと。

というか実際に今のところは困ってないので、現実に起こった時のシミュレーションが出来ないのだ。だから机上の理屈になってしまう。でも、将来確かに困るだろうと思うのだ。
ああ、もっと早くに気がついていたら……。気がついていたんだけど後回しにしている内に、配列がいつの間にか、いい場所は終わっていて。うう、もっときちんと考えておけば。
と、今、落ち込んでますよ……。

ついでに他の欠点も。
え~と、漢字が意外と打ちにくい場所が多いこと。
これは私の奏コードが、カタカナもホームポジションで打てるので、その分の漢字に割りてられる場所が減ってるため。
それと三打鍵漢字はtutに準じてるんだけど、TUTの三打鍵は打ちやすい所が元々多くない……。そこら辺は仕方がないし、数字段を使うよりは楽だと思っているし、頻度の高い漢字は入れ換えをする事で被害を最少減にしてるけど、もちろん完璧とは言えない。(完璧を漢直でめざしたらえらいことになるのは分かってるんだけどね、いやはや)
打ちにくい漢字の使用回数は、平仮名や頻度の高い漢字に比べれば、とても少ない。
出現回数で言うと、「い」が35450回 のところ、今、迷ってる漢字は10とか15とかだし。
出現率でいうと、0.001 か、0.002%です。
しかし……でも気になるんだよね。多分平仮名と違って、打つ時に意識的になるからではないか。
まあでも実際に使う時は、あまり気にならないかな? ならいいんだけど。
ただ前に書いたように、新しい分野にはまった時にどうなるか。これが恐くって。気にしすぎなのか?
しかし三打鍵漢字は、打ちにくいのは、本当に打ちにくいので……。
あ、なんかエンドレスってる。


ああ、しつこく悩んでいる。いつかのために、今のうちに良い場所の三打鍵位置を空けておいてもいいけど、そうすると普段打つ漢字を悪い場所に配置せざるをえなくなるし。

んでもう一つの欠点? 
これは人によると思う。
入力する時に、「平仮名」にするか、「漢字」にするか、迷う言葉があるという事。
もしくは、何通りかの候補の中で、どの漢字にするか迷う。
この一瞬の判断が軽いストレスになってます。まあやがて、統一されてくだろうけど……。
たとえば、
「ない」 「無い」
「よい」 「良い」
「出来る」 「できる」
……ここら辺の単語は、いつもどっちにしよっかな~って、ほんの一瞬迷う。
「聞く」、「聴く」、とか。

かな漢でも、こういう判断は変換時にあった訳だけど、特にストレスは感じなかった。
変換する時に間が空くからかな。
漢直の場合は、普段はそういう事を何も考えないので、特に際だつのかも。
もしくは、変換キーを押すのと、運指が全く違うのとでは、やはり判断にかかる事前のコストに差があるのかな。
まあこういう場合のストレスは、自分の意思を表現するためなので、横着してはいけないって事かな。漢直だと細かく選択が出来る。今までは機械まかせの部分が大きかった。


☆補足
漢字で打つか、平仮名で打つか、入力する直前に一瞬迷うことは今でもあるけれど、今はだいたいパターンが出来たので、迷うことはだいぶ少なくなりました。
最初の頃は、迷ったら漢字で打っていた事が多かったような覚えがあります。
「たとえば」と打つにも、「たとえば」と打つか「例えば」と打つか……漢直を初めた頃は、自分の中の規則が出来ていなかったので、結構考えたりしてましたー。


熟語、広辞苑で順番に登録してったけれど、無駄が多いと思うようになってきた。だいたい、自分の興味の無い分野も混じってくるし、つまらないよね。
それに一単語が短いのも実用的でない。
という事は……。
好きな分野から、色々単語をコピーして登録してこうかな。
しかしそれをやると漢字がかたよって、厳密な練習ができなくなってしまう……。
ま、いいかな? 
そもそも順番にやっていくと言っても、広辞苑の単語を全部登録するわけにはいかないぜよ。
あとは好きな漢字からやるとか……。最後に嫌いなのが余ってしまうね。その頃には、漢直練習そのものにも飽きてるだろうから、いっかな。


ひえええええっ、PSSの履歴が全部ふっとんでるううううっ。
どっどっどっ、どうしてなんだーーーーーーーーーーっ。
あ、あ、訳が分かりました。早とちりでした。


打てるようになってる漢字を復習する時は、わさと、ぼ~~っとして打ってます。ねじを緩めてる感じ。すると、おや? 打てる筈なのに、という漢字が打てなかったりする。
最初に覚える時もこういう風な状態だといいみたいだけど、さてどうでしょうか。。
無理矢理反射で打つ練習をしてるけど、これが難しくてね。
小さい頃から打っていれば簡単なんだろうけど、大人になってからは、この「反射で打てる」状態にいたるまでの練習に、一番時間が取られる予感がします。
スポンサーサイト
  1. 漢直練習日記

≪ カタカナの特徴 | HOME | 短い単語 >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
04 ≪2017年05月 ≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。