漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

05/06/25の日記

2006/08/19 Sat 23:51:03

《過去練習日記》
ついでに、平仮名も一まとまりの文章練習を始めました。
今までは配列を作るのと平行して暗記をやってたけど、一応配列を作る作業が終わったので、とても楽になりました。こうでなくっちゃね♪
ほんと配列を作る作業は苦しかった……。作っては崩し、崩しては作り、頭は混乱するわ、指は反抗期を向かえるわで。
熟語の練習は反射だから楽なのと、あとは相変わらず出来るだけ音声を介さないように気をつけてるから楽なのかなと。
熟語練習の場合、最早頭は何もしてない……。無我の境地に近いのかもしれない。ただ漢字を見てるだけ。

そんな時に、何かの折に偶然覚えてしまったアルファベット記憶がある漢字があって、それの音が浮かんでくると、とてもイライラさせられます。いや、苛々というよりは、ガッカりというか残念というか……。
反射で打つ練習をしていると、聴覚は別タスクというのが良く分かる。。
でも覚えてしまったのを無くすのにはかなりの時間がかかるし、成功してないのも沢山ある……。辛い。

 
どんな練習が一番好きかというと、新しい漢字を覚える時! 
これが一番好き。
上では辛いと書いたけど、それは小脳打鍵から脳が復帰してない時の話。
一番最初の漢字を覚える時の抵抗感を無視しつつ強制的にうえつけていくと、頭がオーバーヒート気味になるところもナイス。ああっ、なんか危い……。
一瞬の隙を見て一気に頭に捕らえたり。そうもいかない漢字は樹枝を四方八方に伸ばしていく感じ。漢字や配置場所によって、覚え方は違うっぽいね。
これは癖になってしまふ。いけないですね、気をつけねば。

本当はもう少し静かに受動的集中ができればもっといいんだろうけど、なかなか難しい。どたばた、って感じで覚えていってます。
それに比べると、小脳打鍵、反射打鍵は、やはり遊びがやや入っている感じかな。やり慣れたアクションゲームをやる時のような、気楽な楽しさはあるけど。うん、そう思うと、これも面白い。

でも慣れてきた漢字を打つのは、あまり頭を使わないので、面白くないです。
暗記は普段は好きじゃないけど、一度集中してみると、なかなか癖が抜けなくなって困ってしまう。


私は今まで勉強する時は、普通に邦楽や何かのサントラ、それにラジオも案外聴きました。
良かったのは、テレビでスポーツの試合を流しておく事。
テニスやF1、フィギュアスケートや陸上など。

んでも今まで勉強する時にクラッシックを聴いた事などなかったし、聴きたいと思った事もなかったので、余程、この漢直練習は、右脳にかたよってるのでしょうね。びっくりです。
これは、私の覚え方にも一因があるのでしょうが。

そうそう覚え方といえば、PSSで正解を打った後に、一瞬、ヒント、つまり配列表が見えるんだけど、これをその一瞬だけパッと見ておくと、記憶されやすい気がする。
一瞬だけ見る時と、長い間見る時とでは、使う脳の場所が違うように思うので。
長く見るとかえって覚えにくいようだから、普段でも、なるべく短い時間しか配列表を見ないようにしてます。サクサクと次にいく。
じっと見てると、連想や左脳を使い出すので、後で困りそうだから。
とか書きつつもこれをやると目が疲れるので、結局あまりやってない。


なんかまた興味がわいてきたので、脳関連の本を読んだりネットで調べたりしてしまった。
緒説あるのよね。しかし面白い。
http://www.ia.inf.shizuoka.ac.jp/~akirtaka/exp/mri/presentation/rejume.html
ここら辺なんて、わりと私の漢直練習による脳の変化と、範囲が近い気がする。(☆捕足 リンク切れでサイトが行方不明になっていました)
記憶認知研究会だって。素敵。
毎日これだけの回数、漢字を図形化したのを一瞬見ては覚え、出力する、を繰り返してれば、そりゃ何かが変わってくるよね。

脳の仕組って好奇心を刺激される。今はいいチャンスというか、普通に生活していて、これ程変化を感じる事は少ないので、良く記録しておこうと思う。
今まで私は脳の可塑性に興味があったけど、どこを使うのかってのも興味がわいてきた。

作業記憶という概念があるんだって。
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6
長期記憶は宣言的記憶と手続き記憶とに分かれていて、配列は、手続き記憶だね。いつになったらここに入るのだろうか。
そんな二年も待ってられないので、今、強制的に作業記憶を手続き記憶に、つまり短期記憶を長期記憶にしていこう、ってところです。
でも三打鍵漢字をやるのは無理だと思う。私の集中力と興味が、そこまで続かないだろうから。


私にはまだ、熟語練習は早かったみたい。その前に、一つの漢字を速く考えないで打てる練習をしなければ、熟語を考えないで打つ事はできないね。
という事で、制限時間を速く設定して、また漢字を復習してます。考えないで打てる漢字は意外と少ない。普段は打てる漢字でも、音読出来ないスピードになると途端に打てなくなる。
「私」が打てなかったのには、参った。
「私」はすでに絵で覚えないで、音で覚えてしまってる。日記でよく打つ漢字は特にこんな風。
一文字ずつの練習は、どう設定しても一瞬考えるくらいの余裕は出てきてしまうので、熟語の練習は、その点、ロスなく打つ練習としていいと思った。

結論としては広辞苑から地道にピックアップして、練習してこーかと……。
三打鍵はまだ無理だし、混乱するのでまた後で。こんな感じかな。

二打鍵漢字は、だいたい全部打てるようになったけど、まだまだ打つ時に間が空いてしまう。これをどうやって無くしていくかが、次の課題です。
スポンサーサイト
  1. 漢直練習日記

≪ 視覚暗記が合う合わない? | HOME | ABC順の打鍵速度 >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
03 ≪2017年04月 ≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。