漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

音による間違いと形による間違い

2006/07/31 Mon 21:27:45

最近では、「言ってた」と打つ所を「行ってた」と打つような間違いも、時々するようになりました。
特に、反射で打てるようになった漢字ほど発音の影響が大きく出やすいようで、ちょっとぼーっとしながら打っていると、自分が間違って打った事も気がつかないです。
この、「発音が同じなために、つい指が勝手に打ち慣れている方の漢字の場所を打ってしまう」間違いは、習熟が増えるにつれて、起こりやすくなってきたように思います。ミスタッチ全体からの割合は少ないのですが、変化に気がつきやすいです。

反対に減ってきたのが、形が似ているために起こる漢字の間違いですね…。多分、指が前後の文字の運指もセットで覚えるようになってきたのかなあと。
今でも、形で間違いやすい漢字は「」と「」で、この2つは形が似ている他に、意味も似通っているし、さらに運指も似ているので、よくあれっ? と打ってからまじまじと漢字の形を見て(そうじゃないと見分けにくいので)見直しています。

他には「分野」を「文野」と打ってしまう時が、時々……。
そういえば「宜しくお願いいたします」を「宣しくお願いいたします」と打ってしまった事もありました。メールを出す前に気がついて良かったぁ。。
スポンサーサイト
  1. 日常

≪ 右手の疲労 | HOME | 連想系配列と風使い >>

Comment

[by jisx6004 #mQop/nM. URL]
2006/07/31 Mon 22:22:47 [Edit]
IMEの誤変換みたいなミスですね。<言った-行った
他は漢直特有ですが。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/08/01 Tue 19:17:21 [Edit]
そうなんですよね、最近IMEの誤変換のようなミスタッチの割合が増えてきているようです。この記事では漢直特有の例を多く書いてしまいましたが(^^;

カナ漢の時もですが、入力時には、頭は今打っている文字より数文字先の運指をストックして指に伝える準備をしていて、リアルタイムで打っている運指については何も考えていないようです。
で、漢直初期の頃は、どっちかというと「今打っている文字の運指を思い出す」作業の割合が多かったのですが、段々とローマ字入力時のように、数文字先の運指の方を頭が考えるようになってきているようです。もしかして、それとも関係あるのかなあ? と。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
04 ≪2017年05月 ≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。