漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

誤字と誤用と誤植

2006/07/21 Fri 21:36:11

ketttさんの記事、「鳳の感想と漢字表記」を読んで、「」を使っていると書いている人を見たのは、2人目だ、おおお~~! と興味深く拝見していたら、漢直での誤字の話に。
「差異」を「差位」とした表記間違いから、ネット上の「差位」の使用例を経て、

>漢字表記って奥が深いですね
という発展性のある話の広がり方に思わず感動しました。なるほど、「量の差」を表現する場合に使われる事もあるのか……(でも通常の辞書や変換には無い、と)
一つ知識が身につきましたよー。
とか当の誤字をした本人がのんきに言っている場合ではありませんでした。検索してみたら、最近で2回もやってますねぇ。
一体何回目の誤字なのだか、ほんとお恥ずかしいですorz 
まあせっかく(?) なので誤字はそのままに残しておきますね。
#こういう時に、漢直スレのタイトルが”【漢直】"【連習】"”になっている事を思い出すと、なんかこう安らぎを感じたりします(ぉぃ
あの洒落っ気が気に入ってるタイトルなんですよね。

話を戻しますと、以前にも似たような誤字で「違和感」を「異和感」と書いた事があったのですが、その時は医療方面では「異和感」という術語がある、という事を教えて頂きました。

「差位」と同じで、「異和」という単語も、MSIMEやATOKの漢字変換候補にはありません。
なのにわざわざ漢字変換をするという事は、「音だけではなく漢字でもきちんと単語を覚えている知識」かつ「手動で変換をしてでも正しい漢字を使おうとする意志」がセットで書き手側にあるわけで、「差位」や「異和感」が使われている文章を、思わず検索して読みたくなってきました……。

……と、ここまで書いて気がついたのですが、ketttさんの記事の中で、
"これは誤植なのでしょうか?"
の、この"誤植"という単語は印刷するための作業段階で間違われた文字を指すんじゃないかな? と。
でも自信はないし時代と共に変化しているかもしれないのでWikipediaに見にいったら、

誤植(ごしょく)は、印刷物における文字や数字、記号などの誤りのこと。ミスプリント、タイポ(typo, typographical errorの略)とも言う。
もとは活版印刷の組版で間違った活字を植字してしまうことを指したが、活字以外にも広く用いられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%A4%E6%A4%8D




とのっていたし、ざっと他の検索結果を見ても、誤字誤用と同じ意味で使われる事も多く、それも合っているようでした。
そういえば、一つ一つ文字を拾うようにして打っていく漢直は、どことなく活版っぽいかも。。

#余談ですが、Wikiの「誤植」 にある例がどれも面白い……。
今まで全く謎だった「インド人を右に!」って元々は誤植だったのか~。
スポンサーサイト
  1. 日常

≪ 2打鍵漢字と同音異義語の練習をしようかなとか | HOME | 行段系配列「けいならべ」が公開されてます >>

Comment

[by じす #HbCZpky6 URL]
2006/07/22 Sat 12:32:04 [Edit]
「見」と「身」はストロークがにてるんですか?http://blog24.fc2.com/image/icon/e/813.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/22 Sat 21:23:05 [Edit]
うわぁ、なんで誤字関係の事を書くと誤字をするんだろう。普通逆ですよねorz
コメント頂いて助かりました。

「見」と「身」の運指は全く似てないのですが、「音」で間違う誤字は意外とやってしまいます。特に「見」のような反射で打てる漢字は音に反応しやすく、指が勝手に打ってしまう時があるんですよね。

この記事では、最初の方で「拝見」と打っているので、「見」の運指を指が打ちやすい状態になってたのもあるかな? と。

どちらにしても、や、これは注意不足ですね……。2打鍵漢字の復習をするいい機会なのかも。。
[by jisx6004 #mQop/nM. URL]
2006/07/22 Sat 21:50:12 [Edit]
昼間は携帯から失礼しました。なるほど、音に引きずられることもあるんですねー。不思議ですなあ。
ゲーメストライターは字が汚くて、写植やさんを責めるべきでない誤植がよくありましたね。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/22 Sat 22:36:09 [Edit]
音に引きずられる間違いは、反射で打てる漢字が増えるに従って少し増えている気がします。んー意外な伏兵かも。反対に漢字の形が似かよっているために起こる間違いは減ってきているようです。

>ゲーメストライターは字が
へえええ、と思わず検索してみたら、誤植を集めたサイトがgoogleで一番トップにありました……。
私は直接ゲーメストでこのフレーズを知ったわけではないのに、妙にこの言葉が頭に残ってたんですよね。これがインド人効果なのかも。。

#改名したわけじゃなかったんですねー。
[by @aka #- URL]
2006/07/28 Fri 07:44:07 [Edit]
う~ん、私には、Wikipedia の「活字以外にも広く用いられる」という誤植の説明は受け入れ難いです。「誤植」はプリント・メディアに対する用語だと思うので、活字以外に使う時は、誤字もしくは誤入力もしくは誤変換を私は使ってます。こういう考え方は古いのかしらん。
[by みのり #- URL]
2006/07/28 Fri 20:05:41 [Edit]
私も@akaさんと同じような感覚だったので、Wikiでの説明を見た時には結構意外でした。広辞苑など他の辞書を見てみると、「活字以外にも用いられる」的な説明はなく、この手の説明があったのはWikiくらいのようでした。なので、まだ草の根の段階のようですね。活字媒体は今でも普通に出版されているので、誤解を招かないためにはこれまで通りの誤植の意味で使った方が良いのかもしれないです。

こうやって書いてると、「植」という漢字から受けるイメージも大きいみたいだなあ、なんて気が。字を植えるで「植字」という単語を思いついた人は、なかなか気が利いてるかも。。
[by @aka #- URL]
2006/08/11 Fri 03:11:13 [Edit]
こんにちは。
少々時間が空きましたが、誤植について自分の考えをエントリーにまとめてみました。
- http://at-aka.blogspot.com/2006/08/blog-post_09.html

私は Wikipedia の説明「活字以外にも広く用いられる」を、印刷メディア以外にも適用していると解釈してました。でも、Wikipedia の説明をよく読むと「印刷物における文字や数字、記号などの誤り」とメディアを印刷物に限定しているのですね。読み飛ばしていました。それで、上のようなコメントを残してしまいました。少し混乱させてしまい、ごめんなさい。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/08/11 Fri 20:18:34 [Edit]
お知らせ頂きどもどもです。そちらのコメントに書こうかなと思ったけど、話が続いているのでこっちのコメントで。
@akaさんの記事を拝見して、
>「本に文字の誤りがあれば、ぼくは「あっ、誤植だ!」と」
ってところを読んで、あ、普段から印字メディアでの間違いに「誤植」という言葉を使っているなら、Windwos上での使用例はおかしく感じるだろうなあ、と納得です。自分は印字メディアの間違いでもディスプレイ上の間違いでも等しく「誤字」という単語を使いがちで、「誤植」という単語は使わないんですよね。(なので、それ程深く考えないで納得したようです)
言葉の使い方、感じ方は、その人が今までつちかってきた文化や体験が表れやすいんだなあ、ということを改めて感じますね。
この「誤字(や誤記)」と「誤植」の使い分けをしている人は、案外少ないような気もする…。どうなんだろう?

>少し混乱させてしまい
いえいえ~、混乱するようなコメントじゃ全然なかったですよー……というか常に自分一人で混乱しているというか(?)
私も同じくWikiの説明は「印刷メディア以外にも適用している」と解釈して、この記事とコメントを書いてました。
というのもWikiの「誤植」の記事中で………とあれ? 今Wikiに飛んだら結構記事の内容が変わっていますね。
しかも「保護依頼中」になってるし(^^;
私がこの記事&コメントを書いた時は、「誤植例」として、Windowsゲームである「月姫」や「Kanon」での間違い例(おそらくライターさんのミスタッチのために起こったと思われる)がWikiにのってました。
パソコン上で動くゲームでの例がのっているということは、やはり「印刷メディア以外」、つまり、こういうPC上で起こった誤字やミスタイプもふくまれるものとしてこの「誤植」のページは書かれている……と解釈してました。

でも、今その例が削除されているということは、こういうミスタッチも「誤植」だと総員一致していたわけでは無いようですねぇ。うーん、ちょっとしばらくはこのwikiの記事の行き先が気になります……。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
08 ≪2017年09月 ≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。