漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢直と視覚連想記憶の関係について

2006/07/17 Mon 22:11:30

一つ前の「漢直と音連想記憶の関係について」からの続きからです。
視覚系の連想記憶を使おう……と(前回のあらすじ)。

TUTの練習時に、あまり打ち慣れていない漢字は漢字の形を思い浮かべてから打つ事があるようでした。打ち慣れてくると、この確認(想起)作業は行われずに自動で打つようになってきます。

なので、たとえば「配」を打ち慣れていず、形を思い浮かべる場合は、「配」の代わりに

□□□□ □□□□   
□□□□□ □□□□□   
□□□□□ □□□□□ 

という配列表の全体を一つの絵のようにして思い浮かべるようにしようと考えました。

この方法だと、視覚の処理量(というか解像度?)が増えそうだな、という懸念もあったのですが、音連想の時とは違って「タスクの種類」は増えないのではないかな? と。
で、種類が増えるよりは、同タスク中の量(解像度)が増える方が、まだ自然で楽なのではないかなと考えたのでした。量といっても、それほど負担になるたぐいでもなさそうだし……とか。

ただ、そもそも連想を使って覚えると、たとえどんな方法でも後遺症がのちのち残るかもしれないので、練習中はいつも片隅に不安がありましたね…。
一応目標は完全無連想だったので、「自然に視覚的な記憶も抜けていく」を最終目標にしていたのですが、本当に抜けていくのだろうか……? とか。いつまでも記憶が残ったらどうしよう?
やけに右脳が活性化しているような気がするけど、これはこの配列表のせいなのかしらん、などなど。

なので、最初はこの表を覚える事を重点的に練習していたのですが、途中から、指で打つ時の運動パターンにも注意を向けました。でもまあそんなに厳密ではなく、少し意識するようにした程度です。
#なので完全な視覚記憶ではないので「半視覚記憶」に近いです。
結果としては、

■長所
・やはり完全な無連想で覚えるよりは、覚える時間が短くすんだ。(自分の場合)
・記憶がうろ覚えでも、この視覚記憶を使って練習していると「右上側にごちゃっと固まっていたな」くらいの記憶はたいてい思い出せるので、何回かの打ち直しで正しい漢字を入力しやすい。
・補助輪つきの練習のようなものなので心理的に楽だし、漢字をずっと見ているのは意外と楽しかった。

■短所
・「文章単位」で覚える事が出来ない。基本は単漢字単位。
・配列表を書くのが大変だった……。
・「音連想」の時と比べると頭から抜けやすいので復習を必要とする。余計に必要とするわけではないので短所というほどでもないですが…。
・おそらくはただ指のパターンで覚えるよりは、覚える時に負担がかかるような気もします。私は指だけだと飽きてしまうので、その方が良かったのだけど、人によっては短所になりそうです。


――ずっと気になっていた「連想が自然に抜けるのだろうか」ですが、これは本当に自然な形で抜けていきました! 一番嬉しかった事かも(^^; 今は良く使う漢字は反射で打てて、使い慣れない漢字は今でもこの配列表を思い浮かべながら入力する感じです(すると補助付きの入力のようになるので、やはり楽ですね。。)

まだ漢直を使い始めの頃は、配列表を思い浮かべる事が多かったのですが、その時も「思い出すのがめんどうだなあ……」と感じる事は無かったです(タイムロスもなかった)。脳の作業量が増えるのではと懸念していたのですが、どうやらこれくらいの差は脳にとってほとんど差位にはならないようです。視覚系だからかも。
まとめとしては、自分にとっては良く合っていた練習方法で、結果として連想も変に残らなくて良かったあといった所ですね。

あと最後になりますが、漢直を始める時は、まずはeelllに触れてみる事をおすすめします。完成度がとても高く、文章練習や単語練習、単漢字練習も順を追って出来るし、通常はこのツールで漢直をマスター出来ると思います。
スポンサーサイト
  1. 漢直色々

≪ 行段系配列「けいならべ」が公開されてます | HOME | 漢直と音連想記憶の関係について >>

Comment

[by jisx6004 #mQop/nM. URL]
2006/07/17 Mon 23:55:20 [Edit]
なるほどー。すっかり止まっているGanymedeにも参考に出来れば参考にしたいところです。

公開された動画はいろんなところで反響を呼んでいますね。

普通のチャットは確定後、リターンで送信することで、相手に表示されますが、たまに確定即表示されるチャットがあります。ICQのチャットモードとか。漢直の人は前から一字ずつ表示されて、連文節変換の人は一気に表示され、単文節変換の人は単文節ごとに表示されていきます。そう言うので直接会話してみると面白そうだなーと思いました。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/18 Tue 22:06:01 [Edit]
>Ganymede
お仕事も大変でしょうし、まったりと再開するのを待ってますー。
そういえば、かえでさんも漢直を搭載した漢触コードは結局使い慣れなかったと言ってました。かな漢+漢直はやっぱ難しいのか……。ああでも「風」などにも一定のユーザーがいました。

>確定即表示されるチャット
様々な配列を使っている人達でチャットをしたら、楽しそうですね。バラエティに飛んだミスタッチとか……普通に配列談議をしてるだけでも面白そう。単文節変換か連文節かというのは、そういえば普段はそれほど話題にはならないですね。
[by jisx6004 #mQop/nM. URL]
2006/07/19 Wed 00:39:10 [Edit]
併用はなかなか難しいですねー。やっぱり漢直するからにはカナ漢字変換は切らないと、どうしても(その段階では)楽なカナ漢字変換に頼りがちになりますからね。脳の使う部分が違うとなるとますます怪しい雲行きです。

書いたようなシステムのチャットは見つからないですわ。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/19 Wed 21:39:06 [Edit]
カナ漢字変換に頼りがちになるのは何となく分かりますね。。脳の使用部位が違いそうですし、漢字だけ発音と関係ない別運指になるのはリズムが崩れて、心地良さの面で「?」って部分もありそうかな、とか。
反射で打てるようになれば、AZIKの「です」を「DS」入力みたいに快適に打てそうだなあとも想像してます。

私も交ぜ書き変換だと漢字を忘れていくので、交ぜ書き開始キーを普通は一打鍵の所、三打鍵に設定してわざと負荷をかけつつ使ってます。慣れない漢字が連続で出ると、一打鍵への葛藤がムクムクと・・あああ。

チャット見つからないですかあ。
[by jisx6004 #- URL]
2006/07/20 Thu 07:37:41 [Edit]
脳生理学者あたりが研究してくれないものでしょうか。入力中にどんな脳波が出ているか、脳のどの領域が使われているか。配列の種類でも違うかも知れないし、習熟が進むにつれどう変わっていくのか、や、手書きとの差なども含めて。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/21 Fri 08:41:53 [Edit]
>脳生理学者
研究して欲しいですねえ。行段系、かな系、親指系、中指系、の差や、カナ漢字変換と漢直との差、など……。習熟が進むにつれて脳の内部モデルがどのように形成されるのかなど、とても興味があります。

手書きと、タイピングの差でよく聞くのは、「タイピングだと脳の一部しか使わないけど、手書きだと脳の多くを使う(から手書きで書いた方が脳にはいい)」という説とか。極端な例だと”ブラインドタッチは小脳打鍵になるから脳に良くない”、なーんて説もありましたっけ。http://18road.com/diary/?date=20050221#p02 ←こんなの。

タイピングはそこそこ短期間で習熟までの学習が進むし、言語や運動とも関わっているから、取り上げ方に良っては面白い研究が出来そうなんだけどな、と思いますね~。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
07 ≪2017年08月 ≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。