漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢字直接入力の「検証可能性」

2006/07/03 Mon 21:54:00

Windows Vista Beta 2での漢直Winの動作検証をかえでさんが行っています。


「漢直Win」……検証方法が不明なので、デフォルトのTコード設定で「QWERUIOP」の4キーをデタラメに叩き続けてみたが、特に問題なく文字入力できる模様(部首合成についてはロジック不明のためテストせず、でも合成そのものはできているっぽい)。
――http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20060701/1151764277



ひそかに心配していただけに、嬉しいというか一安心しました。良かったぁ。。

さらに今はWikipedia用の「検証可能性」が必要となりそうな配列をリストアップされてますが……。
私が漢字直接入力関連の論文で思いつくのは、T-codeの開発者山田尚勇先生の
「常用者のための日本文入力法の基礎的研究について」
「日本語をどう書くか/入力法および表記法のヒューマン・インタフェース学入門」

ですが、こういうネット上の文章はWikiの参考文献用論文に入るのかな?むむ。
スポンサーサイト
  1. 日常

≪ 05/06/24の日記 | HOME | 自分の文章での中国語漢字頻度 >>

Comment

中途半端な書き方をしていてすみません^^; [by かえで(yfi) #- URL]
2006/07/04 Tue 14:10:00 [Edit]
 山田尚勇先生の文献については、それが出版されているか、査読を経た論文として公開されているならば「完璧に大丈夫」と言えます。
 (今日木村先生から頂いたばかりの)AZIK/ACTの文献には同一タイトルからの引用はなかったものの、山田先生が書かれた他の(専門誌に収容されたと思われる)文献が参照されていまして、おそらく同一タイトルについても何らかの専門誌などに収容されていると思われます。

 その条件を満たしていない(査読を通していない)文献の場合、将来的にはRejectされる恐れがありますが、現状ではまだ大丈夫かも……いや、おそらく半年もせずにWikipedia上で「粛清の嵐(?)」が生じると思いますので、今のうちに「確実な文献」を確保しておくことが重要かと思います。

 うーん、山田先生に直接問い合わせてみるのが、一番手っ取り早く確実なのかもしれませんね……。
とんでもないです [by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/04 Tue 20:34:57 [Edit]
いや~、自分こそ、中途半端な書き方だなぁ…と思いつつこの記事を書いたんですよ~~。
Wikiの方、各方面であれだけの作業量をこなすとはおつかれさまです。

>それが出版されているか、査読を経た論文として公開されている
あ、それなら多分大丈夫そうです。
「常用者のための日本文入力法の基礎的研究について」は元々は
「学術情報センター」http://www.nii.ac.jp/rd/bulletin/no7/cont-j.htmlの第7号(1995年3月)で紀要された文章ですし、
「日本語はどう書くか」は山田先生の著作物である「ヒューマン・インタフェースと脳の科学」をデジタル文章化して載せているようなので。
――って最初からそう書けば良かったですね(^^;
内容は漢直というよりは配列やインターフェイス全般にわたっているけど、おそらく検証文献と認められるかな、と思います。
日本語をどう書くか [by 安岡孝一 #eioMINxA URL]
2006/07/06 Thu 12:12:43 [Edit]
山田尚勇さんの「日本語をどう書くか」ですけど、中京大学情報科学部のテクニカルレポート(ISSN 1345-2320)として刊行されてます。で、問題の第II部ですけど、これは参考文献形式で書くと、こんな感じです。

山田尚勇: 日本語をどう書くか ―入力法および表記法のヒューマン・インターフェース学入門― II 文章入力作業の歴史と人間工学, SCCS Technical Report, No.1999-2-03 (2000年1月25日), 188p.
wikiを見てきました [by みのり #1bS.biKU URL]
2006/07/06 Thu 21:11:47 [Edit]
情報頂きありがとうございます。
Wikiに追加しようと見てきたらもう追加されてるようで、安心しました。、
参考文献には私が初めて知ったものがたくさんあって興味深いです。日付けを見ると漢直の性質上かなり昔から、というか1970年代後半あたりに活発に研究されていたのだなあ…、なんて思ったりしました。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
07 ≪2017年08月 ≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。