漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

奏コードに対して少し心残りなこと

2006/02/19 Sun 23:11:08

自分が今、奏コードに対して心残りなことをちょっと書いてみます。

・右の小指の頻度
もう少し下げておけば良かったなあと、少し後悔。特に一番右の一番下のキー。

・「R」の頻度を最初は高めにしたこと
……このキーは、基本的には結構打ちやすいけど、「DR」の流れで打つストロークになると打ちにくくなるのだった。今は、頻度を下げています。

・三打鍵は覚えやすい工夫をした方が良かったかな?
……これは微妙なところでして。その方が楽だし、もっとスムーズに打てたよなあと思う一方で、一番最初に音連想で覚えて失敗した記憶のせいで連想は避けたい、という気持ちも強い。(連想の種類が違うとはいえ)。まあ連想で覚えないのもさっぱりしていていいかな、と。

一番の後悔というと、最初にTUT-Codeを音連想で覚えた事ですね。。この反動で、最初の頃は漢字を覚える時に「音」を排するように意識して覚えたり、やや反対方向に走り過ぎたかな? とも。今となっては、そこまで「音」を避けて練習する必要は無かったようです。

以下は、PSS用の「W」の問題集を貼りつけ。



psscsvfile,100
02W,,

a1,a2,a3,a4,a5,q1,q2,q3,q4,q5,h1,h2,h3,h4,h5,wavfile
態,,,,,態,,,,,態態□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□,,,
健,,,,,健,,,,,□健□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□,,,
持,,,,,持,,,,,□持持□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□    ,□□□□□ □□□□□,,,
少,,,,,少,,,,,□少□少□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□    ,□□□□□ □□□□□,,,
右,,,,,右,,,,,□右□□□ □□□□□   ,右□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□,,,
質,,,,,質,,,,,□質□□□ □□□□□   ,□質□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□,,,
資,,,,,資,,,,,□資□□□ □□□□□   ,□□資□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□,,,
似,,,,,似,,,,,□似□□□ □□□□□   ,□□□似□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□ ,,,
歌,,,,,歌,,,,,□歌□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,歌□□□□ □□□□□,,,
周,,,,,周,,,,,□周□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□周□□□ □□□□□,,,
注,,,,,注,,,,,□注□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□注□□ □□□□□,,,
活,,,,,活,,,,,□活□□□ 活□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□ ,,,
気,,,,,気,,,,,□気□□□ □□□気□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□ ,,,
予,,,,,予,,,,,□予□□□ □□□□予   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□□ ,,,
見,,,,,見,,,,,□見□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□見□     ,□□□□□ □□□□□ ,,,
線,,,,,線,,,,,□線□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□線     ,□□□□□ □□□□□ , ,□□□□□ □□□□□     十 ,
十,,,,,十,,,,,□十□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ 十□□□□ ,,,
忘,,,,,忘,,,,,□忘□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□    ,□□□□□ □忘□□□,,,
真,,,,,真,,,,,□真□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□真□□ ,,,
得,,,,,得,,,,,□得□□□ □□□□□   ,□□□□□ □□□□□     ,□□□□□ □□□□得,,,

スポンサーサイト
  1. 奏コード

≪ 昔に作った親指シフト配列 | HOME | つれづれ日記とQの問題 >>

Comment

[by bell #JDUwZfwQ URL]
2006/02/20 Mon 01:45:53 [Edit]
みのりさん、お久しぶりです。
以前、何度かメールさせてもらったbellです。
自分は結局T-Codeも自作コードも昨年中に頓挫してしまいました。
漢直ノートの方は今も興味深く巡回させてもらってます。

>奏コードに対して少し心残りなこと
なるほど、やはりみのりさんでも色々と心残りな所はあるわけですね。
小指右一番下のキーは確かに打ちづらいです。
右小指はひらがなの配列表を拝見したときは、むしろ左小指と比べて
頻度低いなあと思ったんですが高頻度の漢字を配置してるんですかね。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/02/20 Mon 21:06:19 [Edit]
bellさんお久しぶりです。今はDvorak入力の日々ですか?
心残りなことは色々ありますよー。
右手の小指は左手の半分以下の頻度だし、漢字の頻度もそれ程高くないのに、何故か疲労が溜まるんですよね。
私の右小指は少し内側に曲がっているので、そのせいかな、 とも。
あとは、「@」の場所の平仮名をもう少し頻度を下げとけば良かったかなあ。。なんて言ってると、キリが無いのが配列道……。
今の配列はもう変えるのは困難なので、これでいいかな、と思うようにしてます。
あと、やっぱり右小指下のキーは打ちにくい(o_ _)o
[by bell #JDUwZfwQ URL]
2006/02/20 Mon 21:32:12 [Edit]
やはり、右小指は左小指に比べて半分以下の頻度設定なんですね。
それでも疲れるとなると指の担当範囲が広いのが原因ですかね。
「@」も疲れると感じる原因ではありそうですね。
右小指下は意識すると余計打ちづらく感じます。
左小指下の「z」キーはそれほどつらくはないんですけどね、不思議です。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2006/02/20 Mon 21:47:54 [Edit]
>右小指下は意識すると余計打ちづらく感じます。
あ、やっぱりそうですか。同じですね。
今思いついたのですが、右小指は平仮名の頻度が低い分、漢字として打つ頻度がどの指よりも高い。
で、漢字の運指は、平仮名と違って連なりを考えてないのでやや負担がかかるし、平仮名よりも習熟しにくいので、「意識して」打つ場合が多いんですよね。変に力を入れたりとか、場所を確認しながらなど。
そのことも疲れやすい原因の一つかも……。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
04 ≪2017年05月 ≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。