漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢直の連想について

2006/01/23 Mon 00:35:20

宇宙人のページ」さんの直接入力の項に、連想についての記述があります。

その時、何がだるいかといえば、「憶えてはいけない」という点につきます。字を音や意味に関連づけると、すぐに憶えられるのですが、それではダメなのです。

直接入力法をマスターする上で一番の問題は、余計な連想が入ってしまう事です。つまり、「イメージから指」の間に連想が入って「イメージから意味、そして指」になると、入力作業と、言語処理の間でケンカしてしまいます。

その結果として。入力効率も落ちるし、日本語の作成効率も落ちてしまいます。 そして一度この様なクセが付くとなかなか取り除く事ができず、いつまでも残ってしまうのです。

http://www.tcp-ip.or.jp/~tagawa/nihongo/howto.html


――これは自分の経験からも納得です。
私は、一番最初は音連想で覚えようとして失敗しました……^^;
上のような注意を促す文章を読んでいたにも関わらず、連想で覚えても、いつか無連想になると思ったんですよねー。。
でも全くなりませんでした。あのまま続けていたら無連想になったかもしれないけど、多分一年以上かかったのではないかと。

ただ「字形」からの連想は有効なのではと思います。部首や似ている漢字を近い所に配置したり、 NIC-Codeのように、漢字の部品で組み合わせたりなど。

今私が一つ疑問に思っているのは、字的に近い漢字が、空間的にも近く配列されたら、二つの漢字のキーを取り違えるミスタッチが増えないのだろうかという事です。
というのも自分の配列で、偶然字形が近似の漢字が、近所の配置になっているケースがあるのですが、そういう場合、私はミスタッチ率が増えるからです。
それとも意識して漢字を配列する場合と、私のように「偶然」なった場合とは、また状況が違うのでしょうか?

そこの所を字形からの連想がある配列を使っている方(TT/花氷、雷コード、Try-Codeなどなど)にうかがってみたい気がします。
スポンサーサイト
  1. 漢直色々

≪ コアゲーマー向けキーボード「G15 Gaming Keyboard」 | HOME | 右手一列シフトにも慣れてきた >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
03 ≪2017年04月 ≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。