漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

カタカナを、親指連続シフトで入力してみる

2005/12/03 Sat 00:04:32

漢直時のカタカナを、親指連続シフトで入力してみます。

漢直Winには、
shiftKana=1
というオプションがあります。
シフトキーを押し続けている(連続シフト) 間は、平仮名がカタカナとなり入力される機能で、使っている方も多いかもしれません。
この時に使うシフトキーを、親指で押すキーに割り当ててみます。
猫まねき」を使います。

「猫まねき」を使うと、「変換キー」「無変換キー」「スペースキー」のどのキーでも、本来のキーの機能も使い続けながら、カタカナシフト機能を割り当てられる事が出来ます。

設定方法は
まず、漢直WinのiniファイルにshiftKana=1 と書きます。

スペースキーを、カタカナシフトにする場合
猫まねきの設定画面→単独キー→よくある設定→拡張機能
の画面を開きます。
「Spaceにシフトの働きを兼用させる」 にチェックを入れます。
猫まねき

変換キーをカタカナシフトにする場合
スペースキーをカタカナシフトにする場合と同様に、「Spaceにシフトの働きを兼用させる」 にチェックを入れます。
次に、猫まねきの設定画面→単独キー→よくある設定→一般
で、「変換をスペースに変更」にチェックを入れます。
この場合、変換キーと、スペースキーの両方で、カタカナシフトが使えるようになります。

無変換キーをカタカナシフト
上記の「変換をスペースに変更」の下にある「無変換をスペースに変更」をチェックします。

================
具体的なキー動作は下記のようになります。
スペースキーをカタカナシフトにした例で言うと、

◎空白を打つ場合……スペースキーを押下げ、キーが上がった時に空白が入力されます。押し下げている間は、空白が入力されません。

◎カタカナシフト……スペースキーを押し下げている間に"平仮名運指の二打鍵目"が押された時に、カタカナが入ります。
スペースキーを押し下げたまま、続けて次の平仮名を打つと、同じくカタカナで入力されます。

☆スペースシフトキーを押すタイミングは
・一打鍵目が始まる前
・一打鍵目と同時
・一打鍵目を打った後、かつ二打鍵目を打つ前

……のどのタイミングでも良いようです。
「変換キー」や「無変換キー」でも同じ動作になります。
変換や無変換としての機能も、今までと同じように使い続けられます。

===========================-
私は試しに、「変換キー」をカタカナシフトにして打ってみたら、とても良いようです。
同時打鍵なので余分な時間がかからないし、連続シフトなので一つのカタカナ単語を打つのに使う親指打鍵が一回ですむのと、手がホームから動く事もないので。

注意点としては、「猫まねき」は「USB」接続のキーボードでは使えません。

今気になるのは、「ー」の挙動がおかしい事かな・・? 何故か、アルファペットが入ってしまいます。平仮名じゃないからなのかな。
あ、

■[[ver1.27a]] 上記の制限は、バージョン 1.27a で改善されています。つまり、シフト打鍵は、かな文字の入力に使うキーだけを「漢直Win」側で取り、それ以外のキーのシフト打鍵は、通常の打鍵として扱われます。□


だからか……。困ったな。。。「ー」も漢直Winで取るようにして欲しいな。。
いやでも場所を変えれば大丈夫なようです。という事は、漢直Winのせいではなく私の環境がおかしいのかも。

もう少し色々試してみたいです。

この方法は、「漢直と親指シフトの同時打鍵」の記事につけて頂いたかえでさんのコメントを元にしています。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 漢直色々

≪ 日本語をどう書くか | HOME | ハの字状のキーボード >>

Comment

[by かえで(yfi) #- URL]
2005/12/03 Sat 23:21:24 [Edit]
 無事に(?)シフトキーによる打ち分けが機能したようで、ほっとしました。
 しかし、漢直Win側でのかな/カナ切り分け判定が「二打鍵目をシフトで修飾しているかどうか」で決まっている点にはビックリ(一打目がシフトで修飾されているかどうかで判定するものだと勘違いしていたもので)。
 なるほど、そういう処理になっていれば、同時打鍵ロジックなど必要なしに「打鍵が遅れやすい親指側シフトを使っても」入力できるわけですね。単独打鍵文字の存在しない逐次打鍵漢直の仕掛けが見事に生かせるわけで。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2005/12/04 Sun 22:09:11 [Edit]
連続シフトはとても打ちやすい仕組みになっていて嬉しかったです。
かえでさんのコメントを読んで、この仕掛けは、単独打鍵が無い逐次配列だからこそ出来た事に気がつきました。
「全部二打鍵(以上)」という点を、無駄なく活用しているわけで・・・かなり凄いかも。
親指カタカナシフトを使えば、G-CodeのかなをPhoenix形式にしたり、T-Codeのカタカナを覚える代わりに、良く使う漢字を入れたりなど出来るわけで、個人的にはかなりのヒットです。
自分もカタカナ運指を廃そうか今考え中で。新しいキーボードが来てから判定しようかなとか。

#えもじならべあそびの方での「整理」の「束」の字
の間違い(?)には驚きました。もしかしたら漢直練習中は、手で漢字を書く時よりも、漢字を図形として頭が認識するのかなあと思ったりしました。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
03 ≪2017年04月 ≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。