漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢直と親指シフトの同時打鍵

2005/12/01 Thu 01:23:17

tastiera さんの記事、■ハングル配列──子音(字)・母音(字)の組み合わせ ハングル配列について
……のコメントで、gicchonさんが紹介している「親指シフトを使ってハングルを入力する方法」のサイトを拝見させて貰いながら、親指シフトって色々な使い道があるんだな……と思っているうちに、段々と考えが浮かんできました。

今、かえでさんが、親指シフトと漢直を同時に乗せた漢触こーどを実践されてますが、すでに漢直を覚えている人でも、新たに親指シフト打鍵を導入したら、もっと良い日本語入力が出来るのではと。

考えてみれば、漢字直接入力に親指シフト打鍵を導入するのは、無駄がないし、ミスも出にくいような気がします。(好みがあると思いますが)
何故なら、漢直は「変換キー」と「無変換キー」を使わないから、変換キーと、無変換キーを、そのまま「シフトキー」として使えます。これならキーボードもそのままで良いし、変換とシフトの機能がバッティングする事もなく……。

元々シフトキー絡みで親指シフトを諦めた事がある私には、もってこいな気がします。
今までは漢直と親指シフトを同時に使う事が出来るソフトが無く、諦めていたのだけど、繭姫が出てきた今は本気でいけるかも。

最初に考えるのは、親指シフトにどういう種類の言葉を割り当てるかだけど、よく使う言い回しなんて良さそう。
「でした。」とか。
もしくは漢字を単語として割り当ててもいいよね。
例えば「配列」という単語を、親指シフトの同時打鍵で打てるようにしておく……。
もしくは、濁音が三打鍵になっている配列は濁音を割り当てたり、カタカナを割り当てたりなどなど。

うわ~、す、すごい。これはすごいかも。

と浮かれてるばかりじゃなくて、越えなければいけないハードルがいくつかあると思うので、ちょっと考えてみたいです。

例えば繭姫で本格的に漢直をやる場合、漢直Win方式の混ぜ書き変換は出来ないので、本気で漢字を覚えないといけないかもです。
ソフト的なハードルというよりは、自分の能力のハードルになってきますね、これは……。

他には、まだ漢直に習熟してないのに、今新しい運指を組み込んでしまったら、更に習熟への道乗りが遠くなってしまうのではないかと。

どっちにしても自分の問題だね、これは( ̄▽ ̄;)
今すぐには無理だろうけど、将来的にそういう事ができるように、今までサボっていた漢字の練習を、またきちんと始めようかなと思いました。


あと、元記事のtastieraさんのハングル文字についても面白かったです。

とても簡単に言ってしまうと、ハングル配列とは音素に一つの文字形を与えられ、それらのキーが組み合わされて一文字になるそうです。
日本語と違って、書き文字の形をくっつけて一つの文字にするような感じのようです。
紹介されていたリンク先
http://area888.hp.infoseek.co.jp/korean_pc_2.htm
http://area888.hp.infoseek.co.jp/korean_letter11.htm
も見たけど、そのままの「形」で(ほぼ)くっつきあう……。
まるで、漢直の部首合成(「日生」→「星」)みたいだと思ったり。

勿論部首合成よりは、ハングル配列の方が打ちやすいのだろうけどね。
スポンサーサイト
  1. 漢直色々

≪ 繭姫の日 | HOME | Phoenix配列 >>

Comment

[by かえで(yfi) #- URL]
2005/12/01 Thu 02:51:38 [Edit]
 私としてはむしろ「漢直を覚えてから親指シフトを併用しよう」という順序だてに驚いてみたり。
 いや、「親指シフト→親指シフト+漢直」なら実例を知っている(ご存知の「漢字直接入力+親指シフト」、 http://y-terada.com/japanese/kanchoku/kanchoku.htm )わけですが、「漢直→漢直+親指シフト」というのは実例を知らないもので。

 ただし、もともと変換操作を必要としない漢直と、親指シフトキーを専用に確保するほうが便利な親指シフトとの親和性は、かなり高そうだと感じています。

 うーん、(漢直を使ってはいない身として)パッと思い浮かぶのは、やはり「カタカナ」入力用途ですね。
 親指位置キーの一つを「カタカナシフトキー(連続シフト)」として用いて、「普段はストロークのどちらから打ってもひらがな・カタカナシフトキーを親指で押しながら打鍵すればどちらから打ってもカタカナ」とか、そういう方法も(打ちやすいかどうかは検証していないものの)アリなのかもしれません。
 #って、漢直Winに「ver 1.27 (2003-08-28): シフト打鍵によるかたかな入力(初期設定ファイル にて、オプション shiftKana=1 と指定)」がありますね……単に「猫まねき」などのキー入れ替えツールを使って、小指シフトキー機能を親指シフト位置にも重複割り当てすれば(SandSの様に)使えるのかも?

 逐次打鍵漢直に親指位置シフトを利用しようというアイデア自体はまさに「!」だと思うので、後は「何をシフト側に配置するか」が重要になりますね。
[by みのり #1bS.biKU URL]
2005/12/01 Thu 21:20:44 [Edit]
>順序だてに驚いてみたり。
あれれ、自分では何も気がつきませんでした。

どうも、自分は親指シフト打鍵を打てるのかという無意識の疑いがあって(何度か挫折してるのでorz)、親指シフトの前に、取り合えず全ての字を逐次打鍵だけで入力出来るようにしたいと思ったようです。
もしも親指で入力出来なくてもOK、出来たらもっと便利、のような。
親指シフトで入力出来る文字を、Azikの省打鍵入力のイメージで補えてました。

ご提案の「カタカナシフトキー(連続シフト)」+Phoenix形式は、かなり良さそうなんですよね! 現実的かつ実用的で。
漢直Winで出来るか調べてみたら、漢直Winだけで実行する事は無理だけど、書いて下さって通り、「猫まねき」などを使えばSandS的に使えるみたいです。
素晴らしいアイディアをありがとうございます。記事にも書いてみます。
承認待ちコメント [by # ]
2009/02/06 Fri 19:47:19 [Edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント [by # ]
2009/04/09 Thu 14:43:56 [Edit]
このコメントは管理者の承認待ちです

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
07 ≪2017年08月 ≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。