漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

読点の位置

2005/11/20 Sun 20:05:22

奏コードの読点は、「E」+変換キーとなってます。スペースキーでも構いません。
変換キーを使う場合は「漢直Winの、106.keyの設定方法」の記事をどうぞ。

以下はこの位置にある理由を簡単書いてるので、気になる方は読んで頂ければ。


・「E」の位置は疲れにくい(らしい)
……「、」は自分の頻度では3位と高いので、疲労が溜まりにくい場所にと考え、ロードテストをした中で、一番疲れなかった(かつ打ちやすい)「E」のキーにしました。
私の場合 「D」「K」は「E」より押しやすいが疲れやすく、「I」は疲れにくいけど、やや押しにくい。Eがバランスが取れているようでした。

・良い運指を多くした。
……「E」+変換キーで打つ事は最初に決まり、平仮名は読点との運指も考えつつ、配置しました。
読点の一字前に来る率が高い平仮名は順に「は で が て と し 」。
これはアルペジオ運指(S、F)や、同じキー(E)で打てる位置にしてます。

反対に、「E」のすぐ下の「D」(同指異鍵になる)には、読点の一字前に来る率が低い平仮名を入れました。
Dで打つキーは、「ほ ま ね む な た き ゅ べ へ 」で、どれも読点の一字前に来る確率は大幅に低いです。

読点の一字後に来る平仮名は、頻度に偏りが少ない事と、読点を打った後はむしろ「間」が空いた方がいいのではと思い、運指は気にせずに配列を。
一応、「、そ」が一番頻度が高いけど、偶然にもEWの運指で悪くないです。

指の疲労度は、「E」で読点を打つ事を前提に、調整しています。
スポンサーサイト
  1. 奏コード

≪ タブ型アウトラインプロセッサ 「KeyNote」 | HOME | Cannaで漢直 >>

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する
Calendar
03 ≪2017年04月 ≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。