漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

05/06/27の日記

2006/09/23 Sat 22:55:08

《過去練習日記》

マウスを買ってきたー。今まで使ってたマウスは、PCにデフォルトでついてきた1000円くらいの小さい安いの。
今度買ってきたのは、左親指側に、二つ機能ボタンがついている。
これを利用して、親指で、左右クリックを出来ないか考え中。
そう、漢直は親指系配列とは対象的に、親指がとてもヒマをする配列なので、親指でマウスクリックするというのはいいアイディアかも、ららら。
さっそくやってみた。
あとは慣れるのを待つのみ。

他には、テーピングテープを買ってきた。これはマウスを使いすぎると、手首と腕の関節が痛くなるので、ここを固定してみようかなーと。でも試してみたら、ちょっとめんどうであった。
ま、マクロも作ったし、あまりやらなければ問題ないんだけど。。
平仮名配列も終わったしね。とか言いつつ、昨日も「ゃ」と「ち」を交換してみたけどさ……。



最近は日本語の歌を聞きながらでも新しい漢字を練習出来るようになったし、こういう風に日記をつける事も出来るようになってきた。
なんでだろうね?
新しいニューロンネットワークができたのかも。おお、カッコいい。
シナプス可塑性ばんざ~い。
日記をつけられるようになってくるというのは、分かるんだ。同じ漢字を使っていれば慣れてくるから。
でも、どんな音楽を聞きながらでも、初めて練習する漢字も覚えられるようになった。ここがポイントかもね。

今までは、食べても食べても、脳に消費されていったのが、自分でも何となく分かった。
時々こういう事ってあるけれど長く続かない。
同じ事をやってると、どこかで消エネモードに切り換わっちゃうんだよね。ようは新しい回路ができるから、楽出来るようになるという事だろうけど。
今が切り換わっていく時期なのでは? という気がします。

それでも今の段階では、クラッシックを聞いてた方が、二倍くらいは覚えやすいし書きやすいです。
今までは十倍くらいの差があった。これからどうなっていくのでしょうか。


前に数字を読み上げてる時は、右脳を使っているとか書いたけど、右脳を使っているとは限らないよね。
これは……良く分からないけど、とにかく平仮名を読み上げてる時と数字を読みあげている時では使ってる脳の場所が違う感覚はある。
いや、感覚というか、実際に打ち方が全く違ってくるという事実があるんだけど。ミスタッチの種類が違うのね。
でも、だから数字は右脳と思うのは、早計かしら、と思ったのでした。

どう違うかというと、たとえば、数字を口ずさみながら平仮名を練習している時には、濁点カナを、つい静音カナの場所で打ってしまう事が多い。「が」を打とうとして「か」と打つなど。
これは、文字を絵的に認識してるんだなって。数字を読み上げてない時は、普通に指の場所が一つズレるなどのミスタッチが多い。
それはそうと、覚え方の重要さに思いを馳せるよーほんと。


http://www.hitachi-hitec.com/about/library/sapiens/026/pre1.html
とかみても分かるように、普段の習慣でも、それぞれ脳の特定の部位を使うんだよね。
私は、漢直の平仮名や漢字を練習している時に、音読しないように、しないように、静かに、静かに、と気をつけてたら、普段文章を読む時も 心の中の声が、小さくなってきたような気がする。
ずっとやってたので、癖がついてきちゃったのかも。
心の中が静かになるのは、何となくいい事のように思えるので、このまま無くなってくれたら嬉しいけど、そう単純にもいかない気がする。
多分集中している今の時期だけに起こる、一過性のものだと思います。
漢直練習してる時も、完全には消えてないから。

☆補足
ここで予想した通り一時的なことでした。今は前と同じに戻ってますね~。
リンク先のサイトでは、日本人と米国人が母国語を「読む」機能の比較をしているMRIなどがあって、面白いです。
スポンサーサイト
  1. 漢直練習日記

3打鍵漢字

2006/09/17 Sun 22:14:01

2打鍵の復習をいったん終わりにして,3打鍵の復習を始めました。
い、いきなり正解率が低くなりますね。。仕方がないか。

TUTもそうですが、3打鍵というのは2打鍵に比べてかなり覚えにくいのでは、という気がいつもします。
一気に情報量が増えるんですよね……。2次元が3次元になる感覚というか。実際には同じ2次元の表を見ているのに。
なので今はもう諦めたけど、最初のうちは、やっぱり3打鍵をもっと減らせば良かったか……などと何度も考えたものでした。
あとは、単純に頻度が低い漢字が多いから、覚えにくいのかも

ところで、TUTを覚えていた頃の日記を、少しだけホームページにあげてみました。
直接のページはこちらです。
http://www.geocities.jp/minori632/nikki/tutnikki.htm


  1. 漢直練習日記

ちょこっと練習と練習方法

2006/09/13 Wed 22:38:48

このところ、わりとPSSを使った漢直練習をしています。主に2打鍵漢字の復習をしているので、間違う率が少なめでストレスがたまりにくくて良い感じです。

私は1打鍵目を同じキーの漢字ごとに、漢直を練習していきました。
「TQ、TH、TJ……」などの運指でひとまとめです。
2打鍵目を同じキーで揃える増田式と反対ですね。
一番最初に練習を始めようとした時に、どっちの方が覚えやすいかな? と実験してみたら、1打鍵目を同じキーで揃えたパターンごとに練習する方が気分的に楽だったので、1打鍵目単位で練習していきました。
その場合の練習方法としては、

1.まず最初の練習の時は、一打鍵目は意識しないで打つ ――(QB、QR、QYのように常に1打鍵目が同じなので、2打鍵目の方に意識を集中する)
2.1打鍵目がQのパターン、Wのパターン、Eのパターンと3パターンほど練習したら、この3つの問題集を合わせた問題集を作って練習する。この練習時は、一打鍵目に意識を集中させる。
3. 次に、「R」が一打鍵目の練習問題を始める。またある程度たまったら、大きな問題集を作る。
4.ある程度練習したら、右手ごと、左手ごと、など、どんどん問題集合体して大きくしていく。

――という方法で覚えていきました。

三打鍵漢字を練習する時は悩んだけれど、結局、同じようにやりました。
ただ、三打鍵の漢字は、「二打鍵目が同じキー」の問題集で練習する時が、一番精神的に楽ですね。
これは、中心となるキーである2打鍵目を同じキーで揃えることによって、1打鍵目と3打鍵目に意識を集中しやすくなるためのようでした。
  1. 漢直色々

05/06/26の日記 2

2006/09/11 Mon 23:37:21

《過去練習日記》
連想記憶が、無連想漢直を打つ時にどれだけ邪魔になるかという問題だけど、これは、「連想の種類」によるのでは。
と漢直を初める前に予測を立てた。結果、これは当たっていました。
良かった良かった。なんてそんな事を言いつつ、結局は無連想の割合も多く覚えていったけど、完全な無連想ではなかった筈。ビジュアル配列表があったから。


おっと色々考えてたら、時間が無くなっちまったぜい。
漢字はやっぱり、前よりも楽に覚えられるようになったみたい。あ~いい感じ。
それはいいんだけど、問題集の作成が間に合わないし、配列もまだ三打鍵は全部終わってないし、そっちが押されるようになってしまった。
漢字を覚えるよりも、問題を作ってるみたいで、なんか……。いや。


これから新しく覚える漢字は、この塊です。

□□□□□ 針烈跳亮壮
●□□□□ 滑並抱拾蓋
□□□○□ 敢牙羊寂乾

まだまだ馴染みのある漢字が並んでいますね。
頻度は低くなってきてるものの、そこそこ見かける漢字群ってところです。
無連想だけあって、漢字になんの統一感も無いですね。まさに詰め合わせって感じ。漢字の福袋。


去年の反省から、漢字を全部覚えれば心地良く打てるようになれる訳ではないという結論を導き出した。
そこで今回は、いかに心地良く、スムーズに打てるか、という点も考えつつ練習を進めていってます。
で、新規の漢字の出現率も、10とかになってきたので、段々と単語練習に時間をかけるようにしていこうかと思う。
これが、思ったよりも効果があるみたい。
文の練習よりも短時間がすむし。
平仮名も、良く使う使い回しを打つ練習をしています。


すでに打てる字を単語などで反射で打つ練習と、新しい漢字を最初に覚えていく練習とでは、脳の使う部分がまるで違うので、切り換える時にかなりのストレスがかかる。
サッカーと、歴史の年号暗記を交互にやってるみたいといえば、分かりやすいか。
この状態と比べると、国語と数学を交互に勉強している方が、まだスムーズだと思う。
というか、まあ、これは交互にやった方がはかどるから、比べられないか。

困ったなあ……。どっちの練習時も切り換えると波に乗るまでに、時間がかかるよ、これ。どうしようかな。
あまり頻繁に切り換えない方が良いのかねえ。
一日置きとか。


一方、コピー・タイピスト(他人の書いた原稿をタイプ清書する人)としては、山田先生の秘書以外にその存在を私は知りません。
こちらの方面でこそTコードはもっと使われて良いのではないでしょうか。主にそうした用途に開発されたのですから。
http://homepage3.nifty.com/keyboard/T-code.htm


ひえー、まじかい。少ない……っていうか、一人って。。
増田さんの言う通り、漢直はコピー・タイピストにとても向いてると思う。
でも、打っている時に楽で頭が遊び過ぎて、長期に渡って入力し続けていると、頭の血流がどうなるか分からないけど。なんとなく少なくなる気がする。怖いな……うん、そういう面では逆に怖い……。
やっぱり、やらないほうがいいかも。英語のコピータイパーなんてどうなってるんだろう。
  1. 漢直練習日記

「々」の扱いについて

2006/09/09 Sat 23:04:05

私は「々」を記号キーで打ってます。自分で設定したのかな? と思っていたらTUT-Codeでも「々」を漢字の運指とは別に、記号や句読点と同じ扱いになってました。なので、その設定をそのまま奏コードでも真似した模様……すっかり忘れてました^^;

それで気になって「々」を調べた所、「々」は漢字ではないようなんですよね。それどころか「字」でもない(!)ようです。
大修館書店漢和辞典編集部の漢字Q&Aコーナーによると、

 この字は、実は「字」ではありません。アルファベットのような表音文字であれ、漢字のような表意文字であれ、「字」であるためには、少なくとも一定の「音」を表している必要があります。しかし、この「々」の場合、「人々」と書けば「びと」、「品々」と書けば「じな」という具合に、その読み方は千変万化、トランプのジョーカーのような役割を果たしています。
 ではこれは何かというと、強いていえば「記号」でしょう。そこで、JIS漢字の世界などでは、これを「繰り返し記号」と呼んでいます。また、「々」は「仝」(「同」の異体字)の草書体から生まれてきたとされるところから、「ドウの字点」と呼ばれたり、漢字の「二」から生まれてきたとされるところから「ニの字点」と呼ばれたり、直前の文字を繰り返すことから「おどり字」と呼ばれたりしています。
http://www.taishukan.co.jp/kanji/qa_mean.html#Q2003



――だそうです。なるほど、きっとTUT-Codeはそういう所まで調べて配置したんでしょうね。さすが。
ちなみに「〆切」の「〆」は「しめ」という音を持つので、立派な「字」だといえるそうです。あ……この字打てないや。
このサイトのQ&Aはかなりつっ込んだ質問にも答えてあって、面白いです。それに大量に質問と答えがあるので、ついつい読んで時間が過ぎていってしまう~。
  1. 日常

05/06/26の日記

2006/09/07 Thu 22:17:09

《過去練習日記》
またPSSでの学習速度が加速してきている……。あまりやりすぎるのもよくないので、少し抑えなければ。
配列が終わったのが大きいのか。
今まで暗記回路になってなかった脳が、段々と暗記回路になってきたのかも。
なんとなく、覚えるのが早くなってきた気がする。

そしてまた、配列表を書いたり問題登録をする方が追いつかなくなって、手首の痛みが再発してしまった。痛い。。。。
明日、テーピングテープを買ってきます……。
問題を登録する時のマウスの動作のせいで、腕と手首がとても痛くなってしまった。これは、我慢するには、ちと厳しい痛みです……。苦しい。

昨年のTUT日記を見ても、やっと登録が終わった、登録が登録がって、登録の事しか書いていなく、いかに私が問題登録と格闘してきたかが分かります。
昨年は、配列表を書かないですんだのでその点は楽だったのだけど。
今回も同じだよう。まあやるしかないのだけど。 


熟語の練習をする時は、数字を呟いてます。い~ち、に~い、さ~ん、って。
数字は何故か右脳がはたらくから。何故だろう、でもそうなのです。
思い込みの可能性はあるけど、漢字が打てなくなるというれっきとした事実と、PSSによる正解率の数字が出るので判断しやすい。数字をつぶやくのは、心の中での音読を避ける為です。

普通に漢直を覚える場合はそこまで拘る必要はないと思う。
ここら辺は単なる自分の好みだよね。
私は元々騒音がとても苦手なように音に敏感なのと、せっかくの漢直なので、出来るだけ音を排して脳への負担を減らしたいという好気心。

平仮名をPSSで打つ時も、数字をつぶやくようにしてみた。今までは入力する平仮名とは違う平仮名を呟いてたんだけど、それは結局左脳を使う事になるので諸刃の剣だった。
数字と日本語は脳の違う所を使うんだね。面白い。人によって違うのかな。


広辞苑からせっせと問題を写す方式に、限界を感じている。この手首の痛みはいかんともしがたい。
何しろ問題を大量に消費するので、何十単位ではなく、何百単位も問題を写して作らなければならない。そんなのは無理だって。

で、考えた結果、PSSにはデフォルトで英語の問題集がついてくるのですね。これを改変して漢直用問題集に流用してみればどうかな? と試してみることにしました。。
これもコピーペーストが必要になるけど、まだましな筈。
分野やレベル別に揃っていて、なかなかに面白そう。英語だけれども、日本語のレベルとも意外と似ている。


……やってみた。あああ、何故かPSSEditorは、コピー&ペーストのショートカットが使えないのを忘れていた。(☆補足 現在のバージョンでは出来ます)
これでは無理ですよ。
何故使えないのだろう? 謎ですなあ。。。とにかくこれは痛い。
あ、いやペーストのショートカットは使えるんだよね。コピーが使えん。何故……。
んーあきらめようかな。

ぐ、ぐあっ! 今、思い出したっっ。 
PSSは、csv形式でデータのやり取りが出来るのであったー! 
あああっ、今頃思い出すなんて、遅い、遅すぎる。でも嬉しい。
あ、でもこれ、予備のPCだからエクセル入れてなかったけ……。うっぐぐぐ。
だいたい、このメモリでExcelを動かすのは危険じゃ。
ま、とりあえず軽そうなソフトを起動して……。

ええっと……何だ。
出来ましたっ。万歳~! やっぱりcsv形式だと加工が楽だー。
今の所二打鍵も三打鍵も、頻度もなにもめちゃくちゃだけど、それでもいいっ。 
配列表が表示されないけど、それは自分でヒントに入れていくことにするよ。
これで反射打ち練習の問題は、クリアだね。

しかしあまりにも問題がバラバラで、体系付けて練習出来ないというのは欠点だね。

と……いう事は……。
問題を、昇順に並べかえ、順番に解くとかはどうかしら? いいかも。あいうえお順になるのか……。
んー、効果あるのかな。。

☆補足
ここら辺の日記はごちゃごちゃしてるので少し補足すると、PSSEditorには最初から英語用の問題集がついてきます。
その問題文(日本語の部分)を、漢直用の練習問題に流用する方法を模索していたのでした。
そのための加工をするのに、いったんcsv形式でインポートして別ソフトで読み込むと楽に加工が出来る、ということに気がついて喜んでいた頃の日記ですね。加工してからエクスポートします。


眠るのって、大好き。さっきつい眠っちゃったら、楽しい夢を見た。えへへ。
さて……。
csv形式という事はカンマ形式という事。という事はもっと融通がききそうなんだけどなあ。
つまり縦一列のデータがあれば、自分で加工できるわけだから。
あとはカッコや、うに線の処理をして……。それでも、う~ん。

で、他の問題集作成方法も考えてみた。
自分のAtok登録辞書から問題集を作ろう作戦。これもPSSのエクスポート機能を使えば出来る気がする。
というわけで辞書を見てみた。
……なんか自分のime登録辞書があやしいよ。
「発光物資」とか、「溺死死体」とか、「マーブルチョコ」とか、「ゴホッゴホッゴホッ」、とか、「貧相じゃ」、とか、「偽艦長」とか、なんなんだ……。
わけわからん。一つも登録した記憶が無い。。。

ま、そんな事はどうでもよいのですっ。問題集どうしようー。こんな登録辞書じゃ使えない。
問題が足りないんだよね。100、200じゃどうにもならないよ。
その点、他の漢直は「うなぎぎぎ」があるからいいな~っと。
みんなどうやって問題集を作ってるんだ? 私も1000程度は自分で作ったけど、単語単位となるともう限界。


さてさて。
色々いじってたら、PSSeditorがひんぱんにかたまるようになってしまった。これはまずいですよ、どうしようかなあっと。
ゆずプリンでも食べながら考えるか。
モグモグ……。うまー。
んっと。

ううんっ。原因が分かりましたっと。よしよし。
さっきまで焦ってたけど、落ち着きました。
  1. 漢直練習日記

漢直と漢字つれづれ

2006/09/05 Tue 20:47:17

はー、季節のかわりめで風邪ひいて寝込んでしまいました。
この「風邪」という言葉はなかなか風流ですね~。何となく打つのが好きな言葉の一つです。「風邪」自体はもちろん好きなわけじゃないのだけど。

「邪」は2打鍵で打てるようになっているので、自分が使う中では頻度の高い漢字らしいです。でもPBという運指なので、2打鍵の中では頻度が低めの漢字ですね。。
と 運指で当時の自分の漢字の使用順位がだいたい分かるのは、一見便利なような気もするけど、特に実用性はなかった……。

それはそうと、漢直練習はだいたいは楽しいのですが、長くやっているとどうしても興味の持続という点が問題になってきます…。
tastieraさんが前に、「継続的な練習の必要性」と「関心の持続」をどこかで取り違えているかもと書かれてたのを読んで気がついたのですが、8/25書いた漢直練習の没案なんかは「練習の効果」よりも「興味の持続性」に焦点が当たっているなーとあらためて思いました。
日常の文章なら打てるようになっているけれど、ちょっと違う分野だとパッと運指が出てこない漢字も結構あって、一体どれくらいの量の漢字を常に暗記出来ている状態ならいいのか、目標設定がなかなか悩ましいです。。
  1. 漢直練習日記

カタカナの特徴

2006/09/01 Fri 22:13:31

今、カタカナは親指連続シフトで入力しているのですが、これが結構楽です。
私は今まで3回ほど親指シフト系配列に挫折してきたので、親指シフトに結構苦手意識があったから、すんなり慣れることが出来てほっとしてました。

で、何ですんなり慣れたのかな? とちょっと振り返ってみると、もしかして日本語の場合、カタカナは「(ほとんど)名詞にしか使われていない」という点が意外と大きかったのかも、と思いつきました。
結果として、親指シフトは固有名詞の連続シフトのみに使う事になるので、リズムがとりやすいし、頻度の大きい2-gramをシフトで分断することもないし…。
これまた思いつきだけど、ちょっと書いてみました。

あとは、変換キーをシフト機能のみで使う事が出来るようになった為、「変換機能」「シフト機能」が同じキーでバッティングしなくなった点もとても大きい気がします。

  1. 配列関連

| HOME |

Calendar
08 ≪2006年09月 ≫ 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。