漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

右手の疲労

2006/08/02 Wed 21:41:47

普段よりも多く入力していると、右手の肩や腕が少し痛くなる時があります。
特にホームポジションから離れたキーを押す場合、明らかに左手よりも右手の方が疲れるんですよね。うーむ。
集中して練習をしていた頃は、左手と右手の疲労度を2倍以上の差に感じていました。

で、また近頃右腕が痛くなってきたのでどうしたものか、と考えていたらjisx6004 さんが書かれていた「斜に構える」の記事を思い出しました。

キーボードが左右対象じゃないんですから、それに向かう姿勢を左右対称にする必要はありません。右手はハの字っぽく開き気味に、左手は直角かいっそ逆ハの字ぐらいの気持ちで。そうすると、簡易的に格子状配列キーボードっぽくなりますよね。
体がキーボードに対して平行ではなくなります。体の向きを変えるか、キーボードの左側を奥に押しやるように置くことになります。左右の肘の曲がり具合も変わるかも知れません。
http://jisx6004.blog8.fc2.com/blog-entry-65.html



――試しに右手を似たようなハの字のポジションにして、やや立てた感じで打ってみたら、おお、確かにこの打ち方はきくみたいだ。これはいいかも~。
しばらくはこの右手をやや立てたポジションで打とうかなと考えてます。

以前は右手のみ、マウス用のレストリストをキーボード手前に置いてました。丸型で中央がへこんでいるやつです。
レストリスト

こういうの。(リンク
これを右手のみ、手首の下に置くと、疲労軽減にちょうど良かったです。左手は無い方が指が動きやすいんですよね。
ところで、キーボードのキーが斜めに配置されているのだから、キーボード用レストリストは左右対称ではない方がよりエルゴ的というか手にフィットして疲れがたまりにくいんじゃないかなと。。
どこかに無いかなあ……。

どっちにしろ今は、レストリストを置くスペースが無いorz のでマウス用のレストリストも使えず、しばらくこのポジションでやってみようと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 日常

| HOME |

Calendar
07 ≪2006年08月 ≫ 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。