漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「変換機能」と「スペース機能」と「シフト機能」を同一キーで

2006/07/08 Sat 18:34:08

気がついたら変換キーに「変換機能」と「スペース機能」と「シフト機能」の3つの機能が併用して割り当たっていました。

動作がどこかおかしくなりそうなものだけど、併用しても全く問題は無く打ててます。ちなみに自分が使っているのはMS-IMEです。
今のところ変換キーを

・単独で打つとスペース機能、(厳密に言うと押して"離した"時にスペースが入力される)
・変換以外のキーを先に打ってから変換キーを打つと変換機能、(通常の逐次打鍵)
・変換キーを先に押したまま別のキーを打つと、英字が大文字で入力(シフト打鍵)、かなモードだった時は親指を離すとそのまま小文字入力

――となってます。
特殊な打鍵をする必要はなく、普通の逐次入力とシフト入力でオッケーで、それでいて誤作動や誤入力は皆無なので今まで全く意識してなかったという…。
動画をとるために久々にローマ字入力をしていて、あらためて意識して便利だな~という感じでした。

自分みたいに変換キーで三つの機能を併用させるよりは、スペースキーを使って併用させた方が楽かもしれないですね。

で、設定方法なのですが、私が使っているソフトは猫まねきなので、設定は
・単独キー →よくある設定 → 一般タブで「変換をスペースに変更」にチェック。
・次に拡張機能タブで「SpaceにShiftの働きを兼用させる」

――配列を変更している人で猫まねきを使っている人は少なそうだけど、おそらく窓使いの憂鬱やAutoHotkeyなどでも再現出来るのではと思います。試してないけど(^^;)


ちなみに私はこうするとスペースキーが空くので、Enter機能を割り合てて使っていて、これも快適で良い感じですねー。
スポンサーサイト
  1. 配列関連

| HOME |

Calendar
06 ≪2006年07月 ≫ 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。