漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

中指をちょっと上にシフトしたキーボード

2006/02/02 Thu 04:08:25

OhaCさんの「OhaC's Diary」の記事からです。

_ [linux]長い中指とキーボード
中指は長いから、キーボードの中指の列はちょっと上にシフトさせた方がいいと思う。そんなキーボードがあったらいいのになぁ。ただしコンパクトキーボードに限る。「,」のキーなんて、「J」に人差し指を置いた状態ではとても押せない。
http://ohac.sytes.net/tdiary/20060112.html


――なるほどいいアイディアと感心。特に中指シフト系配列にはぴったり合いそう。それとも、もう製品があるのでしょうか。

中指は強度があり、器用に動くので押しやすいけれども、指が長いがために疲労が溜まりやすいなあと感じます。
配列を作る時に指の耐久テストをしたら、「D」と「K」は、意外と指に疲れが溜まりました。どうも、関節に負担がかかっているようです。
「E」「I」の方がテスト時に疲労が溜まらなかったので、その結果を重視して自分の配列は、「E」と「I」の頻度をやや高めに設定しました。
だけど、元々中指が上にシフトされている形状なら、そういう心配もしなくていいものねえ。。。いいなー。
ローマ字入力時の「、」が押しやすくなるのも良さそうです。

もう一つ、OhaCさんの記事から。

_ [diary]キーボードにねり消し2
Kのキーを押すと爪と指の間にカドが当たりちょっと痛かったが、ねり消しを少しだけキーにはりつけることで少し解消した。すごいぞ、ねり消し。http://ohac.sytes.net/tdiary/20060111.html


――ねり消し??
キーの隙間に入ったりしないのかな。小さくしなければ大丈夫か。。
私はRが指の腹に当たっちゃうんだよね。むむ、これにも効果があるのかな。
  1. 配列関連

「R」より「G」の頻度を高くしてみました

2006/02/02 Thu 01:00:02

Phoenix方式、略してフェニ式(jisx6004さん命名)にするため、奏コードを一部変更しました。
変更は以下の部分です。

「く」をGK
「り」をGO
「や」をRK
「せ」をRL
「ー」をGJ
「生」をSM
「立」がMS

カタカナの場合、「ー」の頻度が上がるので、平仮名とカタカナで同じ配列場所にするためには、「ー」の位置を前の場所(SM)より良くしなければならなかったのです。
でも、良い場所は平仮名で埋まっているので大変でした。まあここならそう打ち辛くもないかな、と。
ついでに、「く」の場所(RK)と「り」(RL)が打ちにくかったので、変更。
しばらく使ってたのですが、使っている内にまた配列を変えたくなって、今は、

「く」をGK
「よ」をGO
「や」をRK
「せ」をRL
「あ」をGJ
「ば」をRJ
「せ」をRL
「ー」をGI
「り」をFO
「生」をSM
「立」がMS

に変更場所が増えてます。
更に左手の「G」の頻度が増え、「R」が減っています。
手の動きでいうと、縦の動きが減って横の動きが増えたような感じで。
でもまた変えるかもしれない・・。配列変更は本当に癖になるから、気をつけないと。いやー、本当にこわい。

「R」と「G」のどっちが打ちやすいかは、とても微妙ですね。。かつての私は「R」の方が打ちやすいと思ってました。
でも実際に打ってみると、打鍵速度が早くなるにつれ、「R」は手首全体が動いてしまうので、タイムロスが起こるようになったのです。
あと、妙に打ちにくい。手全体を左側にズラす移動があまり気持ち良くないというか。疲労は溜まらない場所なのだけど。
そこで、「R」の代わりに「G」の頻度を上げてみました。

今は、ミスタッチが増えて増えて打つのが遅くなっています。変更した平仮名だけ、練習しようかなあと考え中。
でも配列変更後に起こる、微妙な負荷が懐かしいという気持ちもあったりして。こう、練習初期に毎日配列を変えていた頃を思い出します。
全て新配列にして覚え直すのは大変だけど、一部のキー変更くらいなら、「気分転換」に……ならないかな。ちょっとはなるかも。

今回は漢字の変更が二つですんでほっとしています。やはり、漢字習熟には、平仮名の何倍も時間がかかるので。良かった。。。
  1. 奏コード

レッツ、マウス検定

2006/02/01 Wed 01:57:24

「デイリーポータルZ」にある「マウス検定」をやってみました。マウスのテストをするのは初めてなので、一体どういう結果が出るのか予想もつきません・・・。
結果は……二級でした。わーい、想像よりずっと良かった。
テスト二番目の「クリック精度1」が70点で悪かったのが、足を引っ張ってしまいました。

このページにある「バックナンバー」をクリックすると、ミニゲームが沢山あってハマります。
特に「呪われたゲーム」はどう呪われるのか試してみたくて、13000点までやったけど、これ以上は何も無いのかな……?
バックナンバー「2003年」にある「読書感想文ジェネレーター」もおもろい。出来上がった読書感想文を前に、こういう内容のあるようで無い文章を書いた事があるある、と笑ってしまいました。
  1. 日常

≪ Previous page | HOME |

Calendar
01 ≪2006年02月 ≫ 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。