漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

モーツァルトで右能効果の原因を探る

2006/01/31 Tue 21:49:08

「モーツァルト効果の原因を実験」からの続きです。
パート1は「モーツァルト生誕250年記念日とモーツァルト効果」です。
#実験に使っている「漢直練習」って一体何やってんの? と分からない人も多いと思うので、最後に説明をつけ加えました。

さて前記事では理由が特定出来ませんでしたorz ので、今度は自分で理由を考えてみます。

■まずは仮定する
・モーツァルトの曲は、脳の神経活動を右脳寄りに構成させる、特有の刺激(メッセージ)を持っていると考えられる。
――「特有の刺激」とは雲を掴むような話で、よく分からないやね。没っと。では視点を変えて、

・モーツァルト視聴時に起こる脳のパターン認識と、漢直練習時の脳のパターン認識は、処理方法に一致点が多いため、効果が上がるのではないか。
――うん、すっきり。これなら類似点に注目すれば良いので、手掛かりも見つけられそう。

■類似点
モーツァルトの次に効果があったのはバッハです。
バッハなどのバロック音楽も学習効果がある事は、ブルガリアのロザノフ博士らの研究によって証明されています。ショパンやベートーベンでは効果がないそう。自分も同じでした。
そこでモーツァルトとバッハと漢直練習との共通点を探してみました。地味に経歴などを読んでたら、目に止ったのが「対位法」でした。

■対位法
対位法は音楽理論のひとつです。
”一つの旋律と同時に違う旋律とを、それぞれが独立性を保ちつつも互いに調和するよう重ね合わせ、曲を作る技法”のことを言います。
つまり二つ以上のメロディが、同時に独立したメロディとして流れていて、それでいて曲全体としては調和しているような曲の事ですね。
モーツァルトはJ.S.バッハの対位法技法に触れ、研究し、自分の曲に取り入れました。
対位法と漢直練習、もしくは右脳を使う作業……これらの共通点とは・・

■共通する点
右脳が司どる空間認識や図形認識能力は、一つの空間に示される構成要素(情報)を、個々にではなく全体を一つとして同時に読みとり、再現する能力が必要となります。右脳が総合脳・並列処理脳と言われる由縁です。

これと、複数の独立したメロディが同時に流れつつも、実際には一つの調和された曲に聞こえる対位法を使った音楽は、認知のプロセスがよく似ているように感じました。共通点を発見です。
私が漢直練習時に、「配列表を一つの絵」として見るように注意してた所とも合致点があります。

たとえば左右両方の目で物を見ると、脳が二つの像の差を処理して統合する事により遠近感を持った空間を作り出します。
両方の目で見ると、空間認識力が上がるわけです。
対位法を使用した音楽を聞いていると、自然とこれと似たパターン認知を行う事により、右脳の処理機能・認知機能がスムーズに行われるのではないか。

よって、対位法を聞く時の「複数の旋律(情報)を並列に処理して全体としてまとめる」プロセスが右脳の処理機能・認知機能を活発に使うために効果がある、と仮説を立ててみる事にします。
(しかし「処理」とか言って最早モーツァルトを祝う文章ではないね、こりゃ(-_-;))
でもまだ疑問は山積み。

◇疑問点1◇
モーツァルトに限らず、対位法を使用している曲はあります。ベートーベンもそうだし、邦楽ポップスにもある。これらは何故効果が無いのか?

◇疑問点2◇
対位法を使わないと、モーツァルトの曲でも効果がなくなるのだろうか。

続きま~す。

==============================
以下は読まなくてもいいオマケという事で。

■漢直って?
漢直はローマ字入力やJISかな入力と同じ、日本語入力の一つです。
正式名称は、「漢字直接入力」といいます。

一般的な日本語入力は、
1キーボードで「kouen」と打つ。
2「こうえん」と入力されます。
3次に「変換キー」を押して「公園」「講演」など目的の漢字に変換する。

――ですよね。
でも、漢直は「漢字一文字ずつ」に、ひらがなと同じように「特定の場所」が割り当てられています。
「公」はMX、「園」は<F。「講」はZGN、「演」はOHXです。
なので、「公園」と打ちたい時は「MX<F」とキーボードを打ち、「講演」と入力したい時は、「ZGNOHX」の場所を打ちます。ひらがなも漢字も、キーを打つと確定された状態で入力されるので、「変換や無変換作業」は使いません。

・デメリットとして、1000~3000個ある漢字のキーの場所を、一つ一つ暗記しなければならない事が上げられます。暗記を楽にするため工夫されている配列も色々ありますが、私が使っている配列は、特に何もないです。。
この「漢字のキーの場所」を覚える作業を、「漢直練習」と言っています。

■漢直練習方法
上では漢字の場所を便宜上アルファベットで書きましたが、実際に覚える時はアルファベットを思い浮かべるのは御法度で、キーの場所を指で覚えて打つ事が重要です。
つまり、無連想で覚えるのが重要とされています。でも私は、

□□□□□ □□□□□
奈□□□□ 奈□□□□
□□□□□ □□□奈□

……とか、

□余□□□ □□余□□  □□□□□ 邦□□□□  □□□□□ □□□□□
□□□□□ 余□□□□  □□□□□ □□□□□  □緊□□□ □□緊□□
□□□□□ □□□□□  □邦□□邦 □□□□□  □□□□□ □緊□□□  

などの配列表を目で見て覚える視覚暗記も取り入れました。指で打って覚えるのは、指がとても疲れるし、自分は指だけの運動では覚えきれないと思ったので。

□余□□□ □□余□□
□□□□□ 余□□□□
□□□□□ □□□□□
この場合「余」は、「IHW」と打ちます。その打鍵を上の配列表は表してます。
□が一つのキーです。(一番下の一番左の □がZの場所です)
この表を視覚暗記するさいに注意した事は、

1 漢字のみに注目するのではなく、配列表全体を一つの絵として見る
2 漢字の「読み」を頭でつぶやかない。というか「漢字」と意識しないで「絵の一部」として見る。
3 配列表は一秒以上は見ない。じっと見つめて覚えようとせず、「瞬間視」で見る。

――覚えにくい漢字は、配列表を見ながらキーを何回も打って覚えるという方法も取りましたが、基本的には、長く見ないようにしてます。

一秒以上見ないので、自然と短時間で多くの漢字の練習をする事になりました。
配列表を覚えるのはあくまでも補助で、視覚暗記に頼りすぎないようにもしたので、 指の感覚も使って漢字の場所を覚えてます。

結果として、図形認識力(配列表を視覚暗記)と空間認識力(キーの場所を指で暗記)の両方を同時に使う入力&出力作業を、高スピードで繰り返すという、非常に右脳的な作業となったようです。
練習している時は、別に右脳的にやろうと思っていたわけではないのですが。。。

この練習をする時に使ったのが、PSSというソフトです。このソフトを使うと、ゲーム的に練習が出来るのも、集中して練習出来た大きな要因だと思います。カテゴリの「P-Study System」という所を見て頂ければ、何となく分かるかなあと。
それまでは右脳なんてほとんど使わずにぼんやり生活をしていたので、この突然の右脳作業に大幅な変化を感じたのだろうなあと思います。


スポンサーサイト
  1. 音楽と漢直

PSSのcsvインポート機能を使って問題集を作る方法

2006/01/31 Tue 01:49:04

P-Study System は Ver.8.0から、シェアウェア版がフリーソフトとなると、たっけさんのブログで告知されています。おおすごい。
法人・企業・学習塾・各種教育機関等の団体で利用する場合は、グループライセンスとなるそうです。
もうすっかり漢直練習の一部……どころか生活の一部になりつつあるPSS。これを機会に色々な用途のソフトとして広まったらなあと思います。

■PSSで問題集を簡単に作る
PSSはcsvインポート機能があるので、楽に問題を作る事も出来ます……ってヘルプを見ればすぐに分かる方法なのですが^^; 一応書いてみます。
(☆ここではヒント部に配列表が表示されない場合です)

・まずPSSEditorを起動し、適当な問題集を選択して右クリック→エクスポートを選びます。ファイルの種類をcsv形式にして、エクスポート。
・Exelなどcsvが読めるソフトで開きます。
・問題と答えを置き換えるので、元の問題、a1とq1とh1,2,3にある漢字等は削除しちゃいます。
削除


・前に「単語での練習問題を作ろう」で「役にたたないSF辞典」から抽出した単語を練習問題にする事にします。まずはコピーして……。
・excelに貼つけます。貼りつけ後、「貼りつけ先の書式と一致させる」を選択します。出来ました。
・A2の問題集名を変更します。そして保存。
SF用語

・PSSEditorのファイル→インポートで保存したファイルをインポートします。無事読み込めたら、保存してEditorを終了。

実際にPSSで練習してみます。
自律二足歩行

――何か新鮮な気分。自分の好きな分野の単語だと打っていて楽しいね(SF好きなので……)
ミステリ用語集から単語を抽出したら、「雪の山荘」「不可能犯罪」「時刻表」とか出るのかな? それも面白いかも。

この記事に書いた方法だとヒントが出ないのが弱点だけど、間違えた問題は気合いで覚える、もしくは手動でヒントに配列表を入れていく方法をとる事にしています。

■Excelが無かったら……
・CsvCargo Ver.2
・椿 -list editor-
などがおすすめです。
どっちもcsvとtsv形式(タブ区切り形式)が使え、動作も軽いので普段はこっちを使っています。

■おまけ
PSS練習中に「Shift+F12」でイメージ検索等が出来ます。
シフト12

ロボットがいっぱい。漢直練習と同時に単語の意味学習も出来るねー。
  1. P-Study System

| HOME |

Calendar
12 ≪2006年01月 ≫ 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。