漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

脳の変化と音楽と

2005/11/10 Thu 23:08:59

(#追記 音楽と脳の関係については「モーツァルト生誕250年記念日とモーツァルト効果」等の記事を書きました。)

漢直を覚えている最中と習熟していく過程では、 脳の使い方にかなり変化がありました。
その一つに聞く音楽の変化があります。

例えば私は打ち込み音楽が好きなのですが、漢直練習中には、クラッシックしか受けつけなくなりました。
クラッシック以外の音楽では、暗記が出来ないどころか、覚えた漢字を使って日記や文章を書く事さえ出来なくなってしまったのです。

これはどうも、右脳を刺激する音楽は良いけど、左脳を刺激する音楽は、漢字暗記の防げになったようです。
また、漢字を覚えたての頃は、反射で打つのではなく、漢字を打つ時に視覚記憶に頼る面もあったので、なおさら右脳ばかり使っていたのだと思います。

でも漢直に慣れてくるに従って、だんだんと左脳を刺激する音楽を聞いても打てるようになったので、少しずつ聞く音楽は元通りになりました。
それでも、やはり前とはPCに向かう時に聴く音楽が、少し変わってしまったように思います。

一番変わったのは、ボーカル入りの曲は減多に聞かなくなった事です。
日本語のポーカル曲は、左脳を刺激しやすいので、中途半端に覚えている漢字は思い出しにくい……という以外にもう一つ理由があって。

漢直で文章を打っていると、ボーカル曲の歌詞を必要以上に耳が聞きとってしまうのです。
ローマ字打ちの時はそんな事は減多になく、歌詞は素通りしていき、打っている文章の方に意識を集中することが出来ました。

でも漢直打ちだと、聴覚野が手持ち無沙汰でやる事がないため、流れている音楽の歌詞をしっかり聞きとりにいってしまうのです・・。
なので、ついつい歌詞の内容に気をとられてしまって、打っている文章に集中し辛くなってしまい、歌つきの曲は自然と聞かないようになってしまいました。

あと、勉強中はモーツァルトの曲を聴くといいという説がありますよね。
私はそれは自分とは関係無いと思っていました。
好きな音楽やラジオ、テレピを見ながらやった方が自分には合っていると感じてたからです。

でも、漢直練習中には、本当にモーツァルトの音楽を流した時が、一番漢字を覚えられたのです!
ええええ~~~。し、信じられない……orz
それも「気がする」程度ではなく、はっきりと差が出るくらいだったので・・。
ああ、なんでも思い込みで見てはいけないなあと思いました。

まあ「モーツァルトの音楽を聞けば覚えられる」ではなくて、「モーツァルトの音楽を聴くと、暗記の邪魔にはならない」くらいの感じです。
勿論、他のクラッシックでも同じくらい良い感じの曲は、色々ありました。
邦楽との覚えやすさの差は、6倍くらいあったと思います。
これらは私の覚え方にも原因があるので、皆がそうではないと思います。

今でも、漢直入力時にはクラッシックが一番合っているようなのですが、どうもPCに向かっている時にそういう音楽を聴く気にもなれず、最近はもっぱら無音で打っています。

別にクラッシックじゃなければいけないという事はなく、ボーカル曲以外なら、今はだいたい前と同じ感じかなあと思います。
スポンサーサイト
  1. 音楽と漢直

漢直Winの、106.keyの設定方法

2005/11/10 Thu 00:52:25

《奏コード》

奏コードの句読点は「変換キー」を使って打ちます。
デフォルトではスペースキーで出ますが、これを、漢直Winフォルダの中に入っている、
106.key
をいじる事によって変更します。

まず、106.keyをメモ帳等で開きます。
そして、その上に、

31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 30,
51, 57, 45, 52, 54, 59, 55, 49, 4f, 50,
41, 53, 44, 46, 47, 48, 4a, 4b, 4c, bb,
5a, 58, 43, 56, 42, 4e, 4d, bc, be, bf,
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0,

――を上書きして下さい。
これで記号も変換キーを使って打てます。
「@」の位置で平仮名を打てるようにもなります。

106.keyで変更したキーは、漢直WinがOFFの時は反映されないので便利です。
他のキー入れ換えソフト等で、この位置を変更している方は気をつけて下さい。

以下は補足説明なので気になる方はお読み下さい。


一番下の段で変更しています。

20, bd, de, dc, c0, db, ba, dd, e2, ――オリジナル
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0, ――奏コード用改造

これで、「スペース」のかわりに「変換キー」で句読点や記号が打てるようになります。

20, bd, de, dc, c0, db, ba, dd, e2, ――オリジナル
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0, ――奏コード用改造

を交換する事により、「@」と「_(一番下の一番右)」のキーが交換され、「@」で平仮名が打てるようになります。

上記は日本語キーボードの場合です。
英語キーボードを使っている方は、101.keyで変更します。
こちらのキーボードは持っていないので、よく分かりませんでした。

更に詳しく知りたい方は、漢直winのヘルプをご覧下さい。

漢直Win以外の場合は、他のキー入れ換えソフト等を使って変更して下さいm(_ _)m
  1. 奏コード

| HOME |

Calendar
10 ≪2005年11月 ≫ 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。