漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

繭姫の最新版 1.3006号構築#201が公開

2005/11/16 Wed 22:21:40

繭姫の最新版1.3006号構築#201が、12日に公開されました。
繭姫では、確定を必要としない、直接入力も出来ます。
参照 10/02の自分の記事 http://taffy632.blog24.fc2.com/blog-entry-31.html

最新版を使ってみると、今まであった、漢字の直接入力時のちらつきが消えています!
Atokでも使えるようになっています。
(☆追記 これは正式対応ではなく、使うエディタによるようで、Atokでは使えない場合も多いようです。お詫びして訂正させて頂きます)

これはもう「漢直のように入力」ではなく、「漢直が出来る」ソフトですね。

作者の鈴見咲君高さんのコメントによると、

繭姫は
1)SendInputでUnicode文字が入力できるようならまずそれを使う(WindowsXPのみ、繭姫が動作するようならWindows 2000でも)
2)ImmSetCompositionStringが使えるようなら使う。
3)どうしようもないようならWM_IME_CHARを使う。
ってな感じになってます。
――http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20051108/1131442718#c1131783249


だそうです。
このように三段階で直接入力を実現しているので、WM_IME_CHARのみで処理している漢直Winが通らないアプリにも、使える事が出来るようです。
今まで漢直Winが使えないソフトがあったWindows環境の方は、試してみては。
繭姫には、TUT-Codeのデータが、最初から付いてます。

また、MS-IMEのペン入力混ぜ書き機能を使って、混ぜ書き変換が出来るという裏技が使えるようです。
これは、「雑記/えもじならべあそび」さんの所で知ったのですが、
 

ひとまず、このテストをするために「WantThemselves=1」を先頭付近においてから、飛鳥21-290で「後退」として割り当てられていた「]」に、「替」の漢字を当ててテストして、無事に動作することを確認しています。

たとえば…
  「 右+O D ] 」 → 「 こう替 」 → 「 交替 」 → 「 後退 」 → 「 交代 」 → 「 抗体 」 → …

  「 ] 右+A 左+J 」 → 「 替わる 」 → 「 変わる 」 → 「 代わる 」 → 「 換わる 」 → …
 こんな感じですな。
 MS-IME側では、漢字を単なる記号として扱うのではなく、適宜読み仮名を振って逆変換してから扱っているようです。
――http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20051112


――うーん、これも凄い。

この引用中に出てくる、"右+O D"は、飛鳥配列での運指で、「こう」に当たります。
なので、「]に割り当てた"替"と合わせて、「こう替」と打って、交ぜ書き変換をしてるわけですね。
交替→交替→後退→交代
と、同じ読みで、違う漢字の候補が表示されていってるのが分かります。

その下の、「右+A 左+J」は、飛鳥で「わる」です。なので、「替わる」で交ぜ書き変換をして、同じ読みの違う漢字の候補を表示しています。

「適宜読み仮名を振って逆変換」が新しくて魅力的です。
これを機に、自分の配列データを作ってみようかなあ。

繭姫は「キー入力入れ替えソフト「姫踊子草」情報頁」でダウンロード出来ます。シェアウエアです。
Windows XP と Windows Me 用です。

姫踊子草の楽屋裏
……繭姫の作者、鈴見咲君高さんのブログです。
  1. 漢直色々

発見☆TUT-coder

2005/11/16 Wed 02:45:43

>マウスを使うより楽なので、これから普する可能性もある。
――http://www.crew.sfc.keio.ac.jp/~chk/pcwork-9502.html

こ、こ、こ、これは~~っ。
うわあ、ビックリした。この誤字は……。
TUTをやっている人なら、分かる筈。
「uu」で「及」と押すところを、「rr」で「報」と打ってしまった誤字なのですね。
いやあ……驚き。というのも、私も同じ誤字を何回もやった事があるからです。
何故かこの二つは混同しやすい。私だけではなかったんだなあ。

この誤字をしたのは、なんとかのTUT-Codeの生みの親である、大岩元さんなのでした。

私が驚いたのは、生みの親の人が誤字をするなんて……ではなく、この方、TUT-Codeを実用で使ってたんだあ、という驚きの方が大きかったわけです。

だって増田さんが、本人は打てなくて、発表の場で非難にさらされたって言ってたんだもん……。それがすごく印象的で、頭に残ってたのでした。こういう事をわざわざ書かなくても、増田さん、ううう、と少し思ったものです。読んでいて面白かったけれども。

あ、あったあった。

◇◇◇

 開発者の大岩先生自身が漢字コードが覚えられず、学会で発表する度に陰で「普及させるには、まず本人が実演できなければダメだな」と言われていました。山田先生の時はそんな陰口を叩く人は一人もいなかったのに、どう言う訳でしょうか……。
――http://member.nifty.ne.jp/kb/G-code.htm
                              ◇◇◇◇


もしかしたらそれから練習したのかな? すごいっ! 親近感が湧いてしまう。
それとも、同じくTUT-coderの奥さんが入力したのかな。
ううむ、それは……。
いや、本人が打ったに違いない、と思う事にしました。

頑張って覚えたのかな……。忙しいだろうに……がんばったのかな。もえもえv
誤字にもすごい萌え☆

「報」は良く使うけど、「及」なんてあまり使わないのだ。
だから誤字をするのはよく分かるよ、うんうん・・って、そもそもこの方が割り振ったんじゃないかーー(笑)

――
☆補足
これは、TUTの練習をしていた頃のメモからです。
生みの親の人がTUT-Codeを使っているand間違っている事が、その頃TUTと格闘していた私には嬉しくて(笑) テンションが上がってます。
  1. 漢直色々

Enterキーをどこに置くか

2005/11/15 Tue 22:54:25

私は、スペースキーに「Enterキー」の機能を割り当てています。
スペースで、「改行」や「確定」を行えるので、ホームポジションから手が動きにくくなりました。
漢直では確定は必要ないのですが、改行や実行で、やはり重宝しています。

スペース(空白)は、変換キーの隣にある「カタカナひらがな」キーを使って打っています。

他には、
・「:」キーでバックスペースを打つ。
・Enterキーを、Delateキーにする。

・文字未入力状態で、変換キーを押すと、IMEがONになる。
・文字未入力状態で無変換キーを押すと、IMEがOFFになる。
・文字入力中に無変換を押すと、必ずカタカナに変換。

・CapsLockキーに、コントロールキーを割り当て。
・「@キー」で「ー」。@は単語登録で出す。(漢直になってからはこの変更はしてません)

・Ctrlキー+「J」で、「←」キー(カーソルが 左に移動)
・Ctrlキー+「L」で、「→」キー
・Ctrlキー+「I」で、「↑」キー
・Ctrlキー+「、(もしくはK)」で、「↓」キー

――などを変更して使っています。

変換キーで、IMEがONになるのは、どうやらATOKでは使えないようです。
(☆追記 jisx6004さんからの情報で、Atok2005なら変換でONが出来るようです。確認しないで書いてすみません(ーー;)私の持っているAtok14以下ではムリなようです。)

今ON・OFFどっちなのか咄嗟に判断出来ない時は、とりあえず文章を打つ前に、状況に合わせて変換・無変換を押すと、思った通りの状態で文章が入力出来て、便利です。
英字との切り換えなどにも。

■IMEで設定するなら
プロパティ→設定→キー設定で、
・変換…… 入力・変換文字なしの時、IME-ON。
候補一覧を次候補郡にする。(その方が楽なので)
・無変換……入力・変換文字なしの時、IME-OFF

文字入力中に無変換を押してカタカナに変換は、どっちでも出来ます。
ATOKの場合、プロパティの、「キー・カスタマイズ」で変更します。

その他のCtrlキー+「J」で「←」や、スペースにエンターを割り当てるなどは、キーカスタマイズソフトで変更してます。私は、「猫まねき」(Windows・フリーソフト)を使っています。
猫まねき


他にも有名な所では「窓使いの憂鬱」などがあります。

Ctrlキー+「J」などでカーソル移動出来るのは、文章入力中に重宝してます。

スペースキーをEnterにしている事をquarkさんに話したら、こんなコメントを貰いました。

>スペースで空白も打てて変換中は確定でしょうか。
>次候補選択は変換キーあたりで。

――おお~。
私はこの方法では無かったけど、 これも良さそうだなあ。

IMEのキーカスタマイズの設定で、スペースキーに「変換中」は「確定」を割り当てれば、出来そうだね。
これだとバランスが良さそう。
空白はそのままスペースキーで打てるし。
親指シフト系だと、あまり親指を使うと疲れそうなので、改行や実行は、「Enterキー」を使う頻度の方が、いいかもしれない…。
自分でも使ってみたくなりました。
  1. ソフト

「超漢字」でT-Code

2005/11/15 Tue 19:20:51

小田さんの「小田の情報提供ページ」で、超漢字用のT-CodeFEPが公開されています。
EELLLもあります。

小田さんの日記で、T-Codeに触れている部分を見つけました。

2003年5月22日
近況を言うと、あまりに忙しかったので、T-Codeの修行なんかを始めました。二打鍵の漢字直接入力です。困った事に、かなり学習が進んでしまったのでEmacs以外のものを触るのが辛くなってしまいました。
T-Codeが使えない場所で文字を打つのは、かなり苦痛です。例外的にLinuxはskkinput3があるので日常的に使えてます。問題はWindowsと超漢字です。超漢字は「世界文字入力小物」でT-Codeを登録できるようですけど、作業をするひまが無いので放置してあります。
そのうちやるか、FEPとしてアプリケーションを書こうかな、とは思いますが、何時になることやら。Windowsはほぼお手上げ。「漢直Win」と言うかなり良いソフトがあるにはあるのですが、ぼくの使うアプリに限ってうまく動かないらしいっす。これも何か方策を練る必要があるんでしょうけど、忙しさに負けて放置。どうにかしたいもんです。

――このあと超漢字用のT-CodeFEPが作られたわけですね。

>あまりに忙しかったので、T-Codeの修行なんかを始めました。

の一文が、ナチュラルに逆をいっていて、なんとなく漢直使いっぽいなあと、ちょっとおかしくなったり。
自分も人の事は言えないのですが。

「小田の情報提供ページ」のトップページはこちらになります。
http://oda.kauda.jp/CHK_TCode.html
  1. 漢直色々

色を変えてみました

2005/11/15 Tue 03:15:30

寒くなってきたので、ブログの色を暖かめに変えてみました。
みかんandチョコレート色。

しかし最近本当に寒くなってきたねー。どことなく街の様子も忙しげだし。
急速に季節が変わっていく時期って苦手。
皆様も風邪などひきませぬよう、お気をつけ下さい。
  1. 日常

ホイールと左クリックを入れ換えるソフト 「LICKC」

2005/11/14 Mon 22:40:32

マウスホイールと、マウス左ボタンの機能を入れ替えるソフト「LICKC」です。
左クリックを、マウスホイールを転がす事によって代用出来るようになります。
……とてもシンプルなのに、確段に指と腕の疲れが減ります。

動作環境
OS : Windows 2000/XP
マウス: ホイール付マウス
フリーウェアです。

■使ってみる

<起動>
・アイコンをクリックすると、それで左クリックとマウスホイールが入れ換わってます。

<クリック&ダブルクリック>
・ホイールを手前側に一つ、転がすのが、左クリック一つ分です。
・コロコロ・・・と素早く二回手前に転がすと、ダブルクリックになります。

<ドラッドロップ>
1 対象のファイル・フォルダの上で、ホイールを「向こう側」へ一つ転がします。これで掴んだ事になるので、目的の場所まで移動させて下さい。
2 目的の場所にドラッグしたら、「手前側」へ転がすと、マウスから選択対象が外れます。
――「選択」、「移動」関係の動作は、ほぼ同じ出来ます。例えば、文章で特定の行数を選択をする時も、ホイールを「向こう側」に転がし、マウスを動かすと選択出来ます。

<スクロール> ~左クリック編~
1 左クリックでスクロールしたいアプリのウインドウ上(場所はどこでもいい)で、左クリックします。
2 すると、こんな(■) 黒い四角が表れます。その状態でマウスを手前に動かすと、黒い矢印(↓)が表れ、画面がスクロールされていきます。

3 上にスクロールする時は、矢印が上向きになるようマウスを動かします。この矢印の長さは、「スクロールの早さ」を表しています。なので、ゆっくりスクロールしたい時は、矢印が短くなるようにマウスを動かして調節します。
4 スクロールを止めたい時は、もう一度左クリックをします。ホイールを転がしても出来ます。

<スクロール2> ~ホイール編~
1 スクロールバーの上で、右クリックします。
2 それで「掴んだ」状態になるので、マウスを前後に動かします。大量にスクロールする時に向いてるのでは。
3 「放す」には、ホイールを「向こう側」に転がします。コロ・・。

□終了
ホイールをクリックするとメニューが現れるので、終了を選びます。

日常で使うには、少し慣れが必要かもしれません。が、慣れてしまうと、最初からこのようなクリック方法だったごとくにスムーズです。

「バヤのページ」 http://ueno.cool.ne.jp/zoubaierbaya/
……作者の方のページです。LICKCがダウンロード出来ます。

今では日常的にこのLICKCを使っています。

漢直のピジュアル配列表を作ったり、それをPSSに登録している時、カチカチカチカチ、左クリックばかり使って、ほとんど腱鞘炎になりかけてました。
そんな時に検索して見つけたソフトです。
指の負担を減らそうと、色々な機能のマウスを探したり、二つ程マウスを買ったり、トラックボールにしようか迷ったりしてました。

でもこのソフトのおかげで指が楽になり、それ以上マウスを買わずにすんでいます。
  1. ソフト

田嶋の為に・・

2005/11/14 Mon 04:04:18

突然ですが、「為」の部首が何なのか気になります。
さっき気がついたんだけど、この漢字、「図形」として格好いいと思う。



段々畑にも似た階段状に、緩やかなカーブを描き(ノ)斜めに突き刺さっている線。
大小4つのポップな点。
かたつむりを模したような2つのツノ。
いいね、いいね、いいよ~。
私が外国人だったら、この漢字をTシャツにプリントして着たいと思う(笑)

他には「恭」も、微妙に左右非対象な所が昔から気になる漢字です。

ああっ「為」の旧字の
「爲」
がカッコイイッ!! めちゃいいよっ! これは格好いいなあ。。
使いたいけど、旧字では無理ですねえ。
ワープロで打つのが簡単になった今こそ、格好いい旧字は復活してもいい気がするね。
ただ、目にはよくないかなあ、とか考えてしまう。

そういえば、「為」は、TUTコードでは、「TGY」の場所にあった。
なので私は「為」を 、

為 TGY ……田嶋の為に。

という連想を作った。

「為」を打つたびに、何回も、頭の中でとなえるのです。
田嶋の為に、田嶋の為に、田嶋の為に、田嶋の……

あああ、田嶋とは一体何者なのだろうか?
何故私は顔も知らない人物にたいして、こんなにも一生懸命……。
出てこい、田嶋! 何となくキャップ帽を被ってるような気がする。
いや、以外と女……?
練習するたびに、田嶋君(さん)への様々な思いがよぎったのでした。

こういう不条理な連想ほど、一年以上たっても覚えてるんだよねえ。
  1. 日常

配列を作っている夢

2005/11/14 Mon 01:14:51

配列を作っている夢を、久々に見ました。
これで五回目くらいですが、たいてい悪夢に近いです。
最後の一つの平仮名が上手くいかなくて、何時間もえんえんやり直しをしている夢とか。

たとえ楽しい気分の夢でも、一生懸命作った配列が完成した、やった完璧っ、と喜んで目が覚めると、現実には何も出来ていないので、ものすごくガッカリです。
さっきまでの楽しい夢が、その瞬間から悪夢と同じになってしまいます。
そういう時は、夢の中の時間経過の感覚が残っていて、朝からどっと疲れてしまいます。

不思議なことに、配列を練習をしている夢は、一度も見た事がありません。
使っている脳の部分が違うからかな?

――で日記を終わりにしようとしたけど、もう少し考えてみました。

夢は脳が情報を整理するためや、現実の体験を再生し定着させるために見るそうです。
配列を練習している時は、ほとんど頭を使ってない感じです。
暗記をするための働きはしているのでしょうが、「思考」や「感情の動き」はありません。

配列を作る時は、動かない頭なりに色々と考えたり、感情の振り幅もあるので、夢に出てくる必要があるのだろうと思いました。
  1. 日常

P-Study System 7.2.0 Beta4 が出ました

2005/11/13 Sun 21:13:06

P-Study SystemeのVersion 7.2.0 Beta4 が、たっけさんのブログの11月12日に公開されています。
http://d.hatena.ne.jp/halts/20051112#1131742515

変更点は、
・ちらつきがなるべく無くなるように修正。
・ランダム出題設定が、一部反映されない不具合を修正。
・学習画面の位置を記憶したり常に前面に。
・「不正解後のフラッシュを行わない」オプションを追加。

……などなどです。
上記以外にも変更されています。
オプション設定画面です。
PSSオプション

学習画面の位置を記憶するが追加されてますね
(これは前のバージョンからありました。失礼致しました)
「学習画面の透明度」なんて機能もあります。60%にしてみると、うわ、影の薄いPSSです。 消えそう。
90%くらいだと私にはいい感じでした。

ちらつきが無くなっているのは、嬉しいです。
復習、問題毎のランダム出題設定が反映されない不具合を修正というのも、使いやすそうです。
今までランダムじゃなかったので、この機能はあまり使わなかったけど、これから使ってみようかなと思いました。

余談ですが、今日は配列を作っている夢と、PSSの夢を見ました。
PSSがバージョンアップされた、わー! と喜んでインストールしたら、「問題毎の履歴機能」が全部廃止されていてショックを受けるという夢でした。
現実ではそうなってなくてほっとしました。
  1. P-Study System

河合氏の漢直練習方法

2005/11/12 Sat 23:45:31

「漢トレ」を作った河合宏昌さんの練習方法について、「phoenix」等の生みの親である萩谷洋治さんが書いている文章があります。

漢直の練習法(河合氏直伝)

覚えたい漢字を使った熟語をなるべくたくさん思い出して、くりかえし打つ練習をする。その際、対象漢字の熟語内の位置や読み方が替わるように熟語を選ぶようにすれば、より効果的。

例えば、覚えたい漢字が『石』であれば、石川(いしかわ)、岩石(がんせき)、明石(あかし)、流石(さすが)というように、音読み/訓読み/その他、熟語の先頭/最後に置かれるなど、バリエーションが多いほど良い、ということです。

また、読みを頭の中でしっかり発音しながら打鍵します。

熟語の他の漢字をまだ覚えていない場合は、かなで打ちます。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA002116/trial/kazikdoc.html


なるほど、と。纏めると、

・熟語をたくさん打つ(読みのバリエーションが多い方がいい)
・読みを頭の中で、しっかり発音しながら打鍵する。

――でしょうか。

これはこのブログに書いてる私のとは別の練習方法なので、だからこそ紹介したいなあと思いました。
どういう練習方法が合っているかは、個人差があるので、方法はたくさんあった方がいいと思うので。

元の文章は、KAZIKについての萩谷さんの詳しい解説で、それも興味深いです。
  1. 漢直色々

「Atok」で、候補選択時にホームポジションキーを使う方法

2005/11/12 Sat 20:34:37

11/09のAtok関連の文章で、

>候補選択時に押すキーが、ホームポジションのキーで選択出来ないかなあと。

と書いたら、まあくさんから情報を頂きました。m(_ _)m
引用させて頂きます。

少なくともATOK16以降では「変換候補を選択するときに、キーボードの英字キーを使う」ことができます。
ジャストシステム サポートFAQ [ATOK16のヘルプ]
http://faq.justsystem.co.jp/faq/1003/app/jsfaq.jsp?21552+0202

さっそくATOK 2005 for Windowsで動作確認(^^)
この機能は、スペースキーの代わりに[Tab]を押す省入力候補一覧でも有効でした。
[Ctrl]+スペースキーを押す全候補表示は変化が見られませんでした。

こんな機能があったとは。とても良さそうです。

■方法
・ATOKプロパティを起動します。
・[入力・変換]シートに切り替え、[候補ウィンドウ]を選択します。
・[候補選択キー]で、[英字]を選択します。

引用中のリンク先を見てみると、
1・2・3・4・5・6・7・8・9・0 で選択する所のキーが、
A・S・D・F・G・H・J・K・L・Zで選択出来るようになるようです。
「1」と「A」では、Aの方がずっと打ちやすいですね。

残念ながら、私が持っているATOK14では、この機能はついてないようでした。
そろそろバージョンアップをした方がいいのかも。さすがに古くなってきてるみたいだし。

MSIMEにもこの機能はついていないようです。

「A・S・D・F・G・H・J・K・L・Z」順ではなく、「J・F・K・D」の方が、指のために良さそうとも思ったのですが、それだと混乱も起きそうですね。
素直に数字と同じ並びで良さそうです。

ホームポジションから手を動かさないですむのは、とても良さそうに思いました。


#以下はつれづれごとです
なんとかキー入れ換えで似た感じに、出来ないかと思ったけど、無理でした。

このさい、数字段のキーを入れ換えてしまおうかな。
「3」のキーを「1」にするとか。
飛鳥配列が、数字段も入れ換えたバージョンがあったので、それを参考にさせて貰ったらいいかも。

他には和ならべ配列(数字は右手右側のキーを使う)方式とか、他にも数字を変えた配列はあった気がしますが、思い出せない……。

数字キーの入れ換えは、いつかやってみようと思いつつ、ずるずる来てしまいましたが、これを機会にやるのも良いかもしれないです。


  1. ソフト

PSSのカラー表記を見たいけど

2005/11/12 Sat 03:15:06

ああ、早くPSSのヒント領域をカラーにしたい。

でも全部の漢字をすでにPSSに登録してあるので、カラーにするには、また全て登録し直さなければならないorz

その手間以外にも、今までの全履歴が消えてしまうのが痛いんだよねえ。

あと、マクロを使うにしても、どうするのが一番効率良くタグを挿入出来るマクロになるのだろう? とか。
運指のパターン(配列表のパターン)がとても多いので、マクロも一個や二個では無理だし……。ううむ。
困った困った。

いや、もしかしたら凄くいいマクロの書き方があるのかもしれないけど。
私はK2Editorのマクロ機能でやろうかと思ってるのですが、他にいいソフトがあるのかな。

マクロに詳しいわけじゃないので、頭が働かないよう。

なんとか…いい方法は無いか…な。グルグル同じ所を回っています。
  1. 日常

新しい配列を始めてみたいかも

2005/11/11 Fri 22:04:43

突然、新しい配列を始めたくなってしまいました。
うわ、どうしよう。
そんな余裕があるのかな?

と思いつつも、どの配列にしようか、検索している自分がいる……。

現在の候補としては、

・Dvorak系配列(jp、act、蒼星など)
――Dvorak系列を使った人は、右から左の打ち方が気にいるようなので、試してみたい。

・月配列
――数字段を使わずに打鍵数が減るのは、やはり心魅かれる。

・Sky配列
――シンプルだけどバランスがとれてそう。省打鍵も気になる。

のどれかにしようかなと、考えています。

どうしようかなあ。
どの配列もそれぞれ拡張版・私家版が出ているので、さらに迷う。

む~。
  1. 日常

漢直Winのキャレット機能

2005/11/11 Fri 03:22:56

最近、漢直Winの「キャレット追従機能」なるものを発見しました。
「まじかるキーボード」のキャレット機能を見ながら、漢直Winにもあったら便利かもと思っていたら、当の昔に実装されてたとは……。

設定方法は、漢直Winフォルダに入っている、「kanchoku.ini」を開きます。
そして、「;followCaret=1」の
「;」を削除します。

キャレット

おお、ついて来てる~!
って、この画面では分かりにくいかもしれませんが、カーソル(日本語入力位置)が動くのに沿って、漢直窓も一緒に動いてきます。
楽しい・・。

さらにキャレット機能のON・OFFが、漢直Winを再起動しないでも、右クリックやショートカット・キーなどで設定出来るようになったら、もっと便利になるかな、と思いました。なんて贅沢かな(・・;;)

※注 この機能は対象ソフトによっては正常に動作しないことがあります。特に Word では動作しません。

まだまだ見落としがありそうなので、今度じっくりヘルプを見直そうと思ってます。

漢直Winは、http://www.sato.kuis.kyoto-u.ac.jp/~yuse/tcode/kw/
で最新版がダウンロード出来ます。
  1. 漢直色々

脳の変化と音楽と

2005/11/10 Thu 23:08:59

(#追記 音楽と脳の関係については「モーツァルト生誕250年記念日とモーツァルト効果」等の記事を書きました。)

漢直を覚えている最中と習熟していく過程では、 脳の使い方にかなり変化がありました。
その一つに聞く音楽の変化があります。

例えば私は打ち込み音楽が好きなのですが、漢直練習中には、クラッシックしか受けつけなくなりました。
クラッシック以外の音楽では、暗記が出来ないどころか、覚えた漢字を使って日記や文章を書く事さえ出来なくなってしまったのです。

これはどうも、右脳を刺激する音楽は良いけど、左脳を刺激する音楽は、漢字暗記の防げになったようです。
また、漢字を覚えたての頃は、反射で打つのではなく、漢字を打つ時に視覚記憶に頼る面もあったので、なおさら右脳ばかり使っていたのだと思います。

でも漢直に慣れてくるに従って、だんだんと左脳を刺激する音楽を聞いても打てるようになったので、少しずつ聞く音楽は元通りになりました。
それでも、やはり前とはPCに向かう時に聴く音楽が、少し変わってしまったように思います。

一番変わったのは、ボーカル入りの曲は減多に聞かなくなった事です。
日本語のポーカル曲は、左脳を刺激しやすいので、中途半端に覚えている漢字は思い出しにくい……という以外にもう一つ理由があって。

漢直で文章を打っていると、ボーカル曲の歌詞を必要以上に耳が聞きとってしまうのです。
ローマ字打ちの時はそんな事は減多になく、歌詞は素通りしていき、打っている文章の方に意識を集中することが出来ました。

でも漢直打ちだと、聴覚野が手持ち無沙汰でやる事がないため、流れている音楽の歌詞をしっかり聞きとりにいってしまうのです・・。
なので、ついつい歌詞の内容に気をとられてしまって、打っている文章に集中し辛くなってしまい、歌つきの曲は自然と聞かないようになってしまいました。

あと、勉強中はモーツァルトの曲を聴くといいという説がありますよね。
私はそれは自分とは関係無いと思っていました。
好きな音楽やラジオ、テレピを見ながらやった方が自分には合っていると感じてたからです。

でも、漢直練習中には、本当にモーツァルトの音楽を流した時が、一番漢字を覚えられたのです!
ええええ~~~。し、信じられない……orz
それも「気がする」程度ではなく、はっきりと差が出るくらいだったので・・。
ああ、なんでも思い込みで見てはいけないなあと思いました。

まあ「モーツァルトの音楽を聞けば覚えられる」ではなくて、「モーツァルトの音楽を聴くと、暗記の邪魔にはならない」くらいの感じです。
勿論、他のクラッシックでも同じくらい良い感じの曲は、色々ありました。
邦楽との覚えやすさの差は、6倍くらいあったと思います。
これらは私の覚え方にも原因があるので、皆がそうではないと思います。

今でも、漢直入力時にはクラッシックが一番合っているようなのですが、どうもPCに向かっている時にそういう音楽を聴く気にもなれず、最近はもっぱら無音で打っています。

別にクラッシックじゃなければいけないという事はなく、ボーカル曲以外なら、今はだいたい前と同じ感じかなあと思います。
  1. 音楽と漢直

漢直Winの、106.keyの設定方法

2005/11/10 Thu 00:52:25

《奏コード》

奏コードの句読点は「変換キー」を使って打ちます。
デフォルトではスペースキーで出ますが、これを、漢直Winフォルダの中に入っている、
106.key
をいじる事によって変更します。

まず、106.keyをメモ帳等で開きます。
そして、その上に、

31, 32, 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 30,
51, 57, 45, 52, 54, 59, 55, 49, 4f, 50,
41, 53, 44, 46, 47, 48, 4a, 4b, 4c, bb,
5a, 58, 43, 56, 42, 4e, 4d, bc, be, bf,
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0,

――を上書きして下さい。
これで記号も変換キーを使って打てます。
「@」の位置で平仮名を打てるようにもなります。

106.keyで変更したキーは、漢直WinがOFFの時は反映されないので便利です。
他のキー入れ換えソフト等で、この位置を変更している方は気をつけて下さい。

以下は補足説明なので気になる方はお読み下さい。


一番下の段で変更しています。

20, bd, de, dc, c0, db, ba, dd, e2, ――オリジナル
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0, ――奏コード用改造

これで、「スペース」のかわりに「変換キー」で句読点や記号が打てるようになります。

20, bd, de, dc, c0, db, ba, dd, e2, ――オリジナル
20, 1c, de, dc, e2, db, ba, dd, c0, ――奏コード用改造

を交換する事により、「@」と「_(一番下の一番右)」のキーが交換され、「@」で平仮名が打てるようになります。

上記は日本語キーボードの場合です。
英語キーボードを使っている方は、101.keyで変更します。
こちらのキーボードは持っていないので、よく分かりませんでした。

更に詳しく知りたい方は、漢直winのヘルプをご覧下さい。

漢直Win以外の場合は、他のキー入れ換えソフト等を使って変更して下さいm(_ _)m
  1. 奏コード

「Atok」の候補ウィンドウを拡大してみる

2005/11/09 Wed 23:40:46

11月5日の記事「ATOKで仮想鍵盤っぽくする方法」のあとに、Wineさんからコメントをもらいました。

ATOKのプロパティ→候補ウィンドウ

で、「候補ウィンドウを拡大表示」にチェックを入れておくと、「風」や「さいころえんぴつ」の仮想鍵盤により近い雰囲気になります。

そして、tabキーで省入力モードにしてCtrl + Spaceにすると、私がさいころでやろうと思っていたようなことができてしまったりします。

――これは面白そう。是非その画面を見てみたいっ!
ということで、久々にAtokをインストールしてみました。
私が持っているのはAtok14ですが、Ctrl + スペース を押すと、変換候補が一覧になる技は使えました。

「候補ウィンドウを拡大表示」にチェックを入れると、

仮想鍵盤大

これは見やすいし、新鮮です。
通常の変換候補でも、フォントが拡大されます。
候補大

通常のフォントの画面ものせてみます。
候補小


目の疲労減少のために、このフォントの拡大機能はありがたいなあと思いました。

この、変換候補一覧を見ていて、一つ希望する機能が浮かんできました。
候補選択時に押すキーが、数字順やアルファベット順ではなく、ホームポジションのキーで選択出来ないかなあと。

一番良く使うキーが、数字の「1」というのは、押しにくいし、厄介です。
一番選択する漢字は、「F」「J」などのキーを押せば選択出来るようになればいいなあと。

自分で漢字の割り当て場所を入れ換え出来て、固定の位置で表示されるようになれば、もっといいのですが。。
そこまでは難しそうですね。

「菱」を使っている場合は、シフトキーを押しながらアルファベットを押すと、刻印と一致して、Atokでの選択が出来ます。

☆おまけ
tabキーで省入力モードというのも初めて知りました。
使ってみると……
省入力モード

すっきりして見やすく、これも便利な機能だと思いました。
  1. ソフト

親指シフト系+漢直の混合配列を実装する方法

2005/11/08 Tue 23:20:06

かえでさんが、繭姫を使って親指シフト配列に漢直をのせる試みをしています。
■親指シフト系配列+漢直混合配列用のシフトインに関するメモ。
SandSで問題なく動く事ができているようです。
SandSとは、スペースキーにシフトキーの機能を持たせる事を言います。

・2打鍵テスト
・連続シフトの動作
・シフトスペースの連続3シフト
・シフトスペースの連続2シフト→無シフト一打

と、一通りのチェックと動作確認が行われています。
別にスペースキーを使わなければいけないわけでもなく、これは方法の一つで、

スペースキーを用いてシフトするか、あるいは小指シフトキーを用いてシフトするか、ひらがなキーを用いてシフトするか、文字キー同時打鍵を用いてシフトするか…等々、シフトの開始方法には色々とあるかと思いますが、その辺は実際に使う人が決めるべき問題かと思います。

――なので、その人の環境に応じて打ちやすいキーを決められると良いですね。

実際にこの混合配列を使う時は、シフトに関してが一番考えどころかなあと思います。
スペースキーを使うのは、入りやすそうです。

 実際には「スペースシフトのまま打鍵し続ける/スペースシフトを途中で切って打鍵する」という2パタンが選べるので、その分だけ「疑似2打鍵で入力可能な文字数は増える」とも言えますが…ちょっと打鍵時に混乱するかもしれず、それが有効かどうかは不明です。
――http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20051107/1131306386


シフトに関する文章です。

スペースを押し続けたまま打つ……飛鳥配列と似た感じになりますね。
これは良さそうに感じました。
なんといっても、打鍵数が減るのが魅力的だなあ、と。
もし問題があるなら、シフトを押す長さがズレると、違う文字が入力されてしまったり、などでしょうか?
(☆追記 かえでさんが、■繭姫の同時打鍵設定覚え書き を記事に書いているので参考にご覧下さい。この記事のコメント覧も参考になるかもと)
ここら辺は、個人差や打ち方によるとは思いますが。

このシフトの件に関しては、かえでさんの所にコメントも寄せられているので、参考になるかと思います。

jisx6004さんが書いている「月でもセンターシフトで漢直」というのも面白そうです。

今の段階では、繭姫の入力即確定機能はMS-IMEのみで使用出来ます。

繭姫は、鈴見咲君高さんのHPでダウンロード出来ます。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011751/software/himeodorikosou/download.html
かえでさんがこの試みで使っている飛鳥配列の定義2-290版も同じ場所で配布されています。
21世紀-290(2005年01月16日提供)
と書いてあるのがそうです。
  1. 配列関連

「き」「う」「ん」のキー

2005/11/08 Tue 21:51:02

《奏コード》
qua_rkさんのコメントへの返事が長くなってしまったのと、良い所をついてきて下さってるので、ブログに書きます。

ところで漢字交じりなので頻度が下がってるとはいえ
「ん」や「う」が小指使って、「き」あたりが
ホームの強い指を使ってる点が気になる。。。
(略)
ともあれ、平仮名の「ゅ」はもっと僻地がいいですね。


「き」(DL)は、疲労度の調整が影響しています。
「D」のキーは、打ちやすいですが、意外と指の疲労がたまりやすいんですね。「E」の方が疲れないようです。
中指の使用率は高いので、「D」の頻度を「き」でやや下げています。

「う」(AJ)は、「いう」「そう」の頻度が(自分は)高いので、アルペジオにしてあります。小指が気になるなら交換してもいいかも。

「ん」(A+)・・これもアルペ関係と、あとは「ん」の消える感じがいかにも小指的だったので・・。

奏コードは雰囲気もわりと重視していて、語尾が丁寧な感じの言葉は、両手が中央から小指側に開くアルペジオ運指が、柔らかくていいな、と……。(さん、なん、です、ます)など
それか右側から左側の移動で。(いう、そう)、など。

反対に強めの組み合わせは、指が中央に寄る運指か、左から右への移動が多いです。
(けど、ない、した、して、った、って)

「A」はローマ字入力(QWERTY配列)の約3分の2の使用率で、新興配列の中では多めの方だと思います。漢字の分が抜けるので、「打鍵数」でいうともう少し下がります。

「ゅ」は頻度が低いので、もっと僻地でもいいと思います。
頻度の高い漢字と交換するのもおすすめです。


☆おまけ

もしも「き」を交換したい方がいたら「ま」(DI)が一応おすすめです。
「きた」は同指異鍵になりますが、「まし」の運指が良くなります。「まし」の頻度は「きた」の約2倍あります。
「ます」はアルペジオではなくなりますが、これは好みかなあと。

ただ「まし」の運指がここだと良すぎてしまい(DLSJ)、左手→右手で打つ奏コードかなでは、ミスタッチが増えてしまう危険性があります。

また、「ま」の頻度は「き」の2倍あり、交換する事による薬指の使用率が上がるのもやや気にかかります。
元々「ま」がある「I」が、右手の中では一番疲労がたまらない場所なので、少しだけ打ちやすさを犠牲にして、「I」の頻度をやや高めています。
  1. 奏コード

ブログのジレンマ

2005/11/08 Tue 03:39:36

ブログを始めてから、漢直の復習時間が、ガクンと減ってしまいました。
というか、全然練習してない・・・。

おかげで、漢直ブログを初めてから、どんどん打てる漢字が少なくなっている……。
ひいいいい~~~(゜○゜||)
日に日に忘れていってる。
反比例しちゃってるよ。

やっぱり、ただもくもくと練習をするよりは、ブログをやっている方が楽しいからね。
漢直練習も、楽しい事は楽しいのだけど。PSSもカラーになったし。これは嬉しかった。
でも楽しさの種類が違うというか。ううむ~。

今まであった自由時間がブログにさかれるため、というのはあるにせよ、意識の問題も大きいのだと思う。

まあようは、復習に飽きてるんだよねo(_ _,)

あとは、優秀な「交ぜ書き変換」があるから、ついつい頼ってしまうというのもある。
いっその事、「交ぜ書き変換」の機能を、漢直Winから、取ってしまおうかな。
そしたら、嫌でも覚えねばなるまい(-_-;)

でも、実際の場面ではやはり不便だろうし。

どうしたものかなあ。う~ん、う~ん、う~~~ん。
最近悩み中です。
  1. 日常

漢直配列の種類 @無連想方式

2005/11/07 Mon 23:01:30

主に無連想方式の漢直について簡単にまとめてみました。

◆配列名 T-Code
○作者名 山田尚勇
○数字段 使う
○平仮名 頻度順に配置されており不規則。全部二打鍵。右から左。
○カタカナ 平仮名とは別の独立した場所が用意されている。不規則、二打鍵。
○漢字  全て二打鍵で、無連想。
○句読点 読点は「HF」、句点は「JD」。
○漢字数 約1200字
○url    http://openlab.jp/tcode/
○備考  一番最初に開発された、元祖漢字直接入力。全ての文字が頻度による二打鍵で配列されており、「無連想で覚える」や「打鍵数が少ない」ことに重きを置いた時には、最適の配列になるのでは。

◆配列名 TUT-Code
○作者名 大岩元、高嶋孝明
○数字段 使わない
○平仮名 母音と子音の規則。左から右へと打つ。濁音や拗音、「っ」は三打鍵。
○カタカナ カタカナ変換キーを使って変換
○漢字  頻度の高い725字が二打鍵、残りは三打鍵。無連想。
○句読点 読点は「D」+スペース、句点は「F」+スペース。
○漢字数 二打鍵で打てるのが725字、三打鍵で打てるのが1800字、合計2525字。
○url    http://plone.crew.sfc.keio.ac.jp/groups/tut-code
○備考  数字段を使わない漢直は意外に少ない。3段のキーのみでも多くの漢字をデフォルトで打て、漢字を拡張するための空き場所も多い。平仮名が16個のキーだけで打てるので入りやすいです。漢字は新聞記事百万字からの出現頻度。

◆配列名 超絶技巧入力
○作者名 増田忠士
○数字段 使う
○平仮名 母音と子音の規則。右から左へと打つ。濁音や「っ」などは三打鍵。
○カタカナ カタカナ変換キーを使って変換。
○漢字  頻度が高いのは二打鍵。低いのは三打鍵。三打鍵は(注1)擬似2打方式。
○句読点 読点は「J+」句点は「K+」。
○漢字数 数字段を抜かして1604字(二打鍵は624字、三打鍵は840字)。数字段を使うと2229字。
○url    http://homepage3.nifty.com/keyboard/index-kb.htm
○備考  増田さんの手による、増田式練習テキストが発売されている。配列は公開されていないのでテキストを買う必要があります。
擬似2打方式も発案された方で、覚えやすさに工夫されています。漢字は常用漢字からの順。
(注1)擬似2打方式とは、第1打鍵と第2打鍵で同じキーを打つ方式の事です。増田さんのHPに詳しくあります。

◆配列名 G-Code
○作者名 m(as)m
○数字段 使う
○平仮名 母音と子音の規則配列。母音を先に打つ。右から左。全て二打鍵。
○カタカナ 平仮名の運指の逆手。
○漢字  G-Code基本は二打鍵のみ。G-Code拡張は三打鍵。三打鍵は擬似2打方式。
○句読点 読点は「UA」、句点は「OA」
○漢字数 基本は1000字。記号を2連打から3連打に変更する拡張で、870字の漢字が追加される。
○url    http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/renkin/gcode/index.html
○備考  平仮名は母音を先に打つのが特徴。三打鍵漢字は擬似2ストローク方式、カタカナは平仮名の逆手と、習得にかかる労力と実践のバランスによく配慮されているようです。


◆配列名 Phoenix
○作者名 萩谷 洋治
○数字段 使う
○平仮名 全て二打鍵。規則配列。左が子音・右が母音。でも左右どちらから打っても平仮名になる。
○カタカナ カタカナ変換キーを使って打つ。
○漢字  頻度が高いのは二打鍵。低いのは三打鍵。三打鍵は擬似2打方式
○句読点 読点は「WJ」、句点は「W+」。
○漢字数 約3000字
○url    http://www.h5.dion.ne.jp/~y_hagiya/index.html
○備考  平仮名が左右どちらから打っても良いのは、ミスタッチの減少に有用となるでしょう。漢直を使わない方でも菱を用いてひらがなを使えます。数字段にもきっちり漢字が配列されているのでたくさんの漢字が打てます。


ついでながら、自分の配列も末文に加えてみますm(_ _)m

◆配列名 奏コード
○作者名 みのり
○数字段 使わない
○平仮名 全て二打鍵。左から右。不規則。高頻度の組み合わせはアルペジオ打ち。
○カタカナ 平仮名の運指の逆手。
○漢字  頻度が高いのは二打鍵。低いのは三打鍵。無連想。
○句読点 読点は「E」+「変換キー」、句点は「SDFW(のどれか)」+「変換キー」
○漢字数 二打鍵が640字、残りが三打鍵 合計約2400字
○url    http://taffy632.blog24.fc2.com/blog-category-9.html
○備考  平仮名のよく使う組み合わせは、打ちやすい運指を用いたのが特徴。アルファベットも数字段を用いて直接打てます。

何か間違いや文章中に気になる事がありましたら、お知らせ頂けると助かります。

☆追記 G-Codeの平仮名の記述が間違っていたので直しました。
  1. 漢直色々

「EGBRIDGE」での漢直とSky配列用定義ファイル

2005/11/06 Sun 23:13:30

fujiedaharukazeさんの「小春日和」で、EGBRIDGEで使える、漢直とSky配列用定義ファイルが配布されています。

この中の「TUT-code.txt」は独自に追加した分も探しやすくなるように同封したものです。

ついでなので、Romk-codeとRF-code、G-Code(拡張版)も置いておきます。超絶技巧入力を作った方の、テンキー版を除いたチョイ入力もあるにはあるんですが、配布していいかどうか分からないので配布しません(許可を取るつもりもありません)。
――http://d.hatena.ne.jp/fujiedaharukaze/20050918

EGBRIDGEとはMac OS用のIMEです。
リンク先にはTUT-code、Romk-codeとRF-code、G-Code(拡張版)のファイルが配布されています。
こういう定義ファイルを作って公開してくれる方は、ありがたいですね。

TUT-codeは独自に追加した分があり、G-Codeは拡張版だそうなので、macユーザーでこれらの配列を使っている人は、見てみたら新しい発見があるかも・・?
私は残念ながら、macユーザーでは無いのですが、EGBRIDGEについて調べていたら、このIME自体が良さそうに感じました。

現在、fujiedaharukazeさんは、Sky配列を練習しているそうなので、Sky配列に興味がある人は、要チェックです。
カスタマイズしたSky配列のマニュアルを書いているそうです。

SKY'配列のEGBRIDGE用テーブルも置いてあります。

記号(オリジナルの配列にも定義はされているそうですが、データが見つけられない)や、頻出漢字のうち誤変換に繋がりやすい漢字23字を直接入力出来るようにしています(無連想配列)。加えてAZIK風に「ます」など、略語入力も可能です。 SKYは結構空きがあるので、それなりの数を割り当てられると思います。)。
――http://d.hatena.ne.jp/fujiedaharukaze/20051010


誤変換に繋がりやすい漢字23字というのも面白そうです。
頻度の高さではなく「誤変換」というのに着目したのは、なる程~、と。
SKY'配列のオリジナル版も配布されています。

☆追記
fujiedaharukazeさんの10月16日の記事に、拡張版Sky配列の最新版があります。
http://d.hatena.ne.jp/fujiedaharukaze/20051016

☆追記2
配布されているG-CodeはEGBRIDGEの仕様でカタカナとひらがなを打ち分けることが出来ないそうです。
  1. 漢直色々

P-Study System Ver.7.2 Beta3公開

2005/11/06 Sun 18:08:26

P-Study System Ver.7.2 Beta3が公開されました。
たっけさんのブログから最新版をダウンロード出来ます。
http://d.hatena.ne.jp/halts/20051104#p1

ヒント領域を、リッチテキスト表示に出来ます。

PSS火


一打鍵目が赤で下線、二打鍵目が青という設定です。
今まで、一打鍵目と二打鍵目を逆に打ってしまう間違いが、結構多かったのだけど、これで間違いが減りそうな予感です。

リッチテキストを表示するためには、Html風のタグが用意されています。

記事に書いてみたら、Htmlタグと同じなので、フォントに反映されてタグの文字が消えてしまいました・・。
困りました。なので、書いた文章をキャプチャします。

■タグの種類
説明文


配列表を書いている途中に、タグを入れると配列表がくずれるので、書き終わった配列表を並べて、後からマクロなどでタグを挿入した方が良さそうだね。
少量なら、コピー&ペーストで大丈夫だと思いますが。
タグを単語登録をするなど。

私は漢直練習の時に、視覚への刺激を大切にしていたので、カラーになった事で、記憶の定着率が上がるのでは、と期待しています。

勿論、配列関係以外にも色々な使い道が広がるのではないでしょうか。

P-Study System のホームページでは、独自に作った追加問題集も公開されています。
配列関係や、その他の分野でもどんどん受けつけて下さるそうなので、T-Codeなどの問題集を作った方がいたら是非送ってみて下さい。
  1. P-Study System

漢直を始める前に気になる事とは

2005/11/05 Sat 21:47:11

漢直を始める前に、他の方が一番気になる事って何なのかな。
下の文章はquarkさんの記事からの引用です。

漢直にも色々ありますね。
まずはそれらの違いと良い所、悪い所を確認することから。
そしてPSSの使い方や漢字の探し方、注意点などなど。

私的には文字単位じゃなくて単語単位で覚えてしまいたい。
例えば、漢=ar 直=af と覚えるのではなく
漢直=araf とセットで覚えてしまう。
しかしこの方法だと「直す」と打ちたい時に
.。oO(漢直がarafだからafalか)
と無駄に脳を使うことになりそう。
まずは文字で覚えてよく使うものはセットで無意識化できるようにしていけばいいか。
――http://mqmq.exblog.jp/2126348

ああ、こういう所が気になるのかあ、と、参考になります。
自分はたいてい、何も考えずに始めるたちなので……(゜゜||)

漢直の配列を決める時に、主に気になる点といえば、

・平仮名は規則配列か、不規則か。打鍵数や工夫など。
・カタカナは独自の配列か、カタカナ変換か、かなの逆手で打つか。
・漢字は連想か、無連想か、擬似2ストロークなど。
・二打鍵、三打鍵で打つ漢字はどれくらいあるか。
・のちのち漢字を拡張出来るスペースが空いているかどうか。
・数字段を使うか。
・デフォルトで打てる漢字は何文字か。

などでしょうか。
漢直配列のそれぞれの特徴のまとめがあったら、これから始めてみたい人には便利かも・・。
自分でも少し纏めてみようかなあと思いました。

もしも今使っている、QWERTY配列を利用したまま、漢直を初めてみたいという方には、
Romk-code http://www.sala.or.jp/~hiro-kwi/hobby/kantyoku/romkan.html
KAZIK http://www.h5.dion.ne.jp/~y_hagiya/index.html
などがあります。

>.。oO(漢直がarafだからafalか)
>と無駄に脳を使うことになりそう。

これはその通りだと思います。始める前から推測できるとは・・。

>文字単位じゃなくて単語単位で覚えてしまいたい。
というのは私も同じ事を思い、単語単位の練習を一時期やったのですが、単語の量は膨大になるのに加え、時間が倍かかる割にはそれ程効果がなかったので、やめてしまいました。
良く使う単語は自然に手が動くようになり、心配は杞憂に終わりました。

漢字よりは、むしろ平仮名にたいして、この単語単位の練習は効果的みたいです。
「ました」「です」などを集中して指に覚えさせる、という練習方法で、これらは使用頻度も高く、練習の効果もありました。
文章を入力するストレスが軽減したのを覚えてます。

漢直を実際に始めるかどうかは置いといて、興味を持ったという話を聞くだけで嬉しいですね~(=^-^=)
  1. 漢直色々

ATOKで仮想鍵盤っぽくする方法

2005/11/05 Sat 16:18:24

Wineさんの「ローナのこと」の記事からの引用です。

■[その他] 漢字入力Tips
ATOKで変換するときにスペースの代わりに Ctrl + スペース を押す。
変換候補が一覧になって現れる。
ちょっと違うが、仮想鍵盤チック。
長い間使っていても、気が付かなかった。
http://d.hatena.ne.jp/Wine/20051105/p1


引用元の記事には、キャプチャ画面ものっています。
これは面白いね~。便利そう。

私は、Capslockをコントロールキーにしてるんだけど、Caps + スペースって、押しやすいし、いい感じかも。
いっその事、普通のスペースキーだけでも、この画面が出るようにしても良いかな。
でもそれだと選択肢が多くなって、かえって普通の変換では邪魔になっちゃう?

んで、キャプチャ画面の、0の候補に、「漢字一打鍵入力」が入ってるのが楽しくって。
素敵すぎる単語だ。「漢字一打鍵入力」
いい響き・・・。

興味が出てきた方はWineさんの「色波2~いろはに~」をどうぞ。

#色波2は正確に表現すると『漢字「の読み」一打鍵入力』の配列です。
拗音や頻出語などの拡張もあります。
  1. 日常

kterm で漢字直接入力を

2005/11/05 Sat 03:16:11

yshlさんの記事からの引用です。

■[cygwin]kterm で漢字直接入力
kterm (shift-jis, EightBitInput:true, tcsh) で Alt キーを押しながら他のキーを打つことでかなや漢字が直接入力できる。

Alt-Ctrl-b Alt-M Alt-Ctrl-b Alt-D Alt-Ctrl-b Alt-H Alt-Ctrl-c _Alt-Ctrl-c C Alt-Ctrl-c A Alt-Ctrl-c Alt-Ctrl-j Alt-Ctrl-a [
と打つと、「はてなダイアリー」になる。
http://d.hatena.ne.jp/yshl/20051031#1130775712

これは、

Alt-Ctrl-b Alt-M
Alt-Ctrl-b Alt-D
Alt-Ctrl-b Alt-H

が「はてな」で、その後が「ダイアリー」なのかな??
でも、TUT-CodeやT-Codeその他の配列と関係が無いようですし、この配列はどこから来ているのだろう……ととても気になります。

それとも、LinuxやUnixを使う人が見たら、すぐに分かることなのかも。
まだまだ、私の知らない漢直の入力方法があるんだなあと改めて思いますね。



☆追記
yshlさんからご説明頂きました。わざわざありがとうございますm(_ _)m

シフトJISコードを直接入力しています。

0x20 ~ 0x7e は普通の文字なのでキーボードから、
0x01 ~ 0x1a は Ctrl-a ~ Ctrl-z で 、
0x1b ~ 0x1f は Ctrl-[ Ctrl-\ Ctrl-] Ctrl-^ Ctrl-_ で入力できます。
0x80 以上は、Alt を押しながらだと 0x80 を足したコードが入力されるので、0x81 は Alt-Ctrl-a、0xa1 は Alt-! で入力できます。
シフトJISの全ての文字を入力できるかどうかは確かめてません。

Ctrl や Alt を押し続けることになるので非常に入力しづらいので、使用はお勧めしません。(使用できる環境がそもそも限定されすぎですが)


――との事です。
シフトJISコードの直接入力とは……。まさに究極の直接入力・・!
シフJISコーについては、
「日本語と文字コード」
コード表についてはhttp://home.a03.itscom.net/tsuzu/programing/tips07.htm
あたりが参考になるかと思います。

私もきちんとは分かってないのですが、このコード表を見ているだけで、何か凄い・・。
日本語って大変なんだなあ、とも。
  1. 配列関連

HTML風でリッチテキストを

2005/11/04 Fri 23:14:11

雑記/えもじならべあそびさんの
■P-Study system 、開発を無期限中断の記事に、P-Study systemの作者のたっけ(id:halts)さんがコメントを寄せています。

『昨日・今日の日記に書いていますが,HTML 風に書いた文書をリッチテキストに反映するソフトを書いています.おそらくもうすぐ PSS に実装すると思います.いわゆるヒント領域の表現力が格段に上がると思いますのでご期待いただければと思います.(きっと正式版はしばらく出しませんが Beta 版としてこれも含めて色々面白い機能を付けたものをこっそりと出す予定です)』


――おおおおっ!
しばらくPSSの開発は休まれるという記事を読んだので、まさかこんなに早く見られそうとは。嬉しい~。

「たっけの日記」の2005-11-03の記事に紹介されている、
「HTML To RichText Helper」
を試してみれば、PSSにどのようにリッチテキストが実装されるかは、だいたいの感じが掴めるかと思います。
#実は自分がまだつかみきってないのですが(^^;

局地的な機能の要望なのに取り入れて下さった、作者のたっけさんのソフト開発へのスタンスに感謝です。
ああベータ版が今から楽しみ。
他の「面白い機能」ってなんだろう? それも気になります。

  1. P-Study System

Y.OzFontに変えてみました。

2005/11/04 Fri 00:16:52




気分転換に、フォントを変えてみたP-Study Systemの画面。
あ、なんかいい感じかも~。

使ったのは、Y.OzFontの、あんちっく仮名版、太字版で、前から好きだったペン字風の手書きフォントです。
ちょっとだけ、手書きの気分に近づけるかな?

「Y.Oz Vox」
http://yozvox.web.infoseek.co.jp/
からダウンロード出来ます。
素晴らしいフォントをありがとうございましたm(_ _)m
  1. P-Study System

今日は何の日

2005/11/03 Thu 19:48:24

今日、11月3日は、東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)が、崇峻天皇を暗殺した日だそうです。592年の出来事でした。

ということで、「漢直」で検索をすると、必ず引っかかってくる東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)について調べてみました。

東漢直駒は、東漢氏(やまとのあやうじ)の一人です。
東漢(やまとのあや)一族の、直駒(あたいこま)ということですね。
東漢氏とは総称で、渡来したいくつもの小氏族で構成される複合氏族です。

東漢直駒は、上に書いたように、崇峻天皇を暗殺した人物と知られています。
殺された崇峻天皇の次に即位したのは女性初の天皇である推古天皇で、摂政に聖徳太子を向かえ、飛鳥時代の幕開けとなります。

崇峻天皇暗殺の経緯は 「崇峻天皇弑逆事件」http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/8918/susyunnsatugai.htmlに、詳しくのっています。以下は引用です。

第5話は、東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)の登場です。渡来人系の知識人で、今で言うと馬子の警備隊長のような仕事をしていました。飛鳥、甘樫丘(あまかしのおか)の馬子の別邸裏門から出てくるところから始まります。駒は、自分の屋敷を後に、飛鳥の山すそにある瀟洒な館の裏門に入っていきます。迎えた女性は、蘇我馬子の娘、河上娘(かわかみのいらつめ)でした。 「あなたの父上のためだ」「断ればよろしいのに」「やらなければ殺される」「だれに」「あなたの父上に」女性は、その場に泣き崩れました。


――なかなかドラマチックです。このHPには、東漢の駒が捕らえられ処刑されてしまうまでが書かれています。

東漢直駒は、蘇我馬子の命によって崇峻天皇を暗殺したのですが、当の馬子によって口封じのために殺されています。そこには、一人の娘をめぐっての愛憎が……。
産経新聞特集記事ですが、小説のように書かれているので、読みやすい記事です。

暗殺されたと思われる天皇は何人かいるけれども、これほど明確に記録されているのは崇峻天皇が唯一の存在だそうです。
なので、その日付が11月3日だったという事もはっきりと分かっているのでしょう。


 崇峻天皇暗殺と東漢氏
 飛鳥の形成に大きな功績を残した東漢氏だが、血生臭い政争の場面にも姿を見せる。蘇我氏の横暴を象徴する事件として伝えられる崇峻天皇暗殺。馬子の命でそれを実行したのは東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)だった。献上されたイノシシを見た崇峻天皇が「このイノシシの首を切るように、にくいと思うやつを殺してしまいたい」と話したのが引き金になったと書紀は記す。しかし、背景には崇峻の母、小姉君(おあねのきみ)と、用明・推古両天皇を生んだ堅塩媛(きたしひめ)の争いがあったとされる。いずれも稲目の娘で、天皇位は用明、崇峻、推古と移る。飛鳥の政権を影で支えた東漢氏だが、天武天皇は「お前たちの仲間はこれまでに7つの悪事を働いた」と叱責。渡来系の氏族も、時代の流れにほんろうされていた。
――http://www.nara-shimbun.com/special/takamatu/vol_02c_05.htmlより


あ、イノシシの話はどこかでむか~しに読んだことがあります!
そうか~、これが東漢直駒だったのかあ。ああ、なつかしい……。

調べてみると血なまぐさい事件ではありましたが、今まで漠然としか知らなかった東漢直駒について分かって、少しすっきりとしました。
  1. 日常

モチベーション上がるかな?

2005/11/03 Thu 00:14:56

練習中にモチベーションを上げるため、配列関連のページを集めては熱心に読んでいました。
でも、漢直の練習日記はあまりにも少ない……。
そんな中から見つけてきた、自分以外の漢直練習日記を上げてみます。

「T-Code日記」
http://homepage2.nifty.com/yaru_aoki/diary/oldindex.html
通勤電車の中で書かれているので、臨場感があります。T-Codeにない字を見るのも勉強になって楽しいです。

「t-code / vimrc diary」
http://vimrc.hp.infoseek.co.jp/diary/cat_t-code.html
「日記」のカテゴリに、「t-code」 があります。環境の変遷が興味深いです。
t-code入力のためのcannaのローマ字定義ファイル 混ぜ書き辞書もアップされています。

「V式&漢直習得日記 」
http://www10.plala.or.jp/tawa2/diary/200212.html
V式というのは、速記のことですね。この日記を読んで、速記にまで興味が出てきて、困ってしまいました。おもしろいです。

「G-Code」にっき
http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/renkin/gcode/diary.html
m(as)mさんの「G-Code」にっきです。練習日記だけではなく、どのようにしてG-Codeが作られていったかも分かり、必見です。

【漢直】T-Code/TUT-Codeスレ Lesson3【連習】
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/unix/1082032043/
2chの漢直スレです。色々な方の練習記や有用な情報がたくさんのっていて、励みになったりお世話になったりしてます。

この他に知っている方がいたら、読みたいので教えて下さい(^-^)
  1. 漢直色々

≪ Previous page | HOME | Next page 》

Calendar
10 ≪2005年11月 ≫ 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。