漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

漢直とは何か

2005/09/13 Tue 23:34:41

漢直は、正式には「漢字直接入力」といいます。一番の特徴は、

変換”や”無変換”を使わないで漢字や平仮名を直接打てる、

というところです。
日本語入力方法は、一般に普及しているローマ字入力や、かな入力、親指シフトなど色々とありますが、どの入力方法も、漢字を変換する必要がある所は同じです。

漢直は、その変換という作業を無くしてしまった、画期的な入力方法なのですが、あまり(というかほとんど)普及していません……。

漢直は、一つの漢字に、一つの場所(ストローク)が用意されています。

例えば、私が使っている奏コードの場合、「」はSD、「」はJKを打つと、入力されるようになっています。なので、「今日」と打ちたい場合は、SDJKと打つ事になります。

」はASで入力されるので、今まで六打鍵+変換だったのが二打鍵ですむ事になり、だいぶ楽になりました。
平仮名で「わたし」と打ちたい時は、「わ」はRI、「た」はDK、「し」はSJ のように、また別の運指で打つ事になります。

このように、一つの漢字に一つの場所がはっきりと決まっているので、誤変換が起こらなく、また「聞」「聴」、「思」「想」などの使いわけも自分の意思で出来ます。

一般に言われている漢直のメリットは、変換後の確認と、誤変換というストレスが無くなる。漢字を早く打てる(よって文章を書くスピード速くなる人もいるかもしれない)。

デメリットは、大量の漢字の場所を覚える必要がある、「あいうえお」も二打鍵になる、などです。(漢字を覚える必要量は個人差があります)

でも、私が漢直の練習をしているうちに、漢直のメリットは決して変換関係だけではないことに気がつきました。また、デメリットも、暗記の問題だけではない事も分かってきました。

その内容を、日記をアップする前に今ここで書いてしまうとつまらないので、 日記をアップし終えてから、また、漢直について、まとめた文章を書いてみたいと思います。

文末になりますが、私が漢直をやるにあたり、参考にさせていただいた所のリンクを上げて、謝辞にかえさせていただきます。ありがとうございました。

「TUT-code Home Page」 http://www.crew.sfc.keio.ac.jp/~chk/index.html
……漢直の一つである、TUT-Codeの本家サイトです。

「Home of T-Code」http://openlab.ring.gr.jp/tcode/index.html
……漢直の一つである、T-Codeの本家サイトです。

「増田式キーボード学習法」http://homepage3.nifty.com/keyboard/index-kb.htm
……漢直の一つである超絶技巧入力の作者さんのページ。他の入力方法も広範囲に詳しいです。

「T-code修行中」http://t.pos.to/tc/
……私が使っているソフト「漢直win」の作者さんです。

「T is for T-Code」http://www.sato.kuis.kyoto-u.ac.jp/~yuse/tcode/
……漢直winの最新版がダウンロード出来ます。

「m(as)m: home position」http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/index.html
……漢直の一つ、G-Codeの作者さんです。情報も充実しています

「Let's type with tut-code」http://www.geocities.jp/ken1noguchi/TUT-CODE/
……TUT-Codeについて、表も使って見やすく整理されて書かれています。

「漢直をぼくの手の上に」 http://www5.airnet.ne.jp/thepond/html/favorite/kanchok1.htm
……漢直の種類や、メリットとデメリットが分かりやすく書かれています。

「世界一過激なキーボードカスタマイズ」http://www.m17n.org/ntakahas/npx/aggressive/aggressive0.ja.html
……アルファペットで表した配列表や独自の拡張表があります。

「User Interface Enhancement」http://www.h5.dion.ne.jp/~y_hagiya/index.html
……子音から先に打つというphoenix配列があります。

「ロストアワー」http://hp.vector.co.jp/authors/VA021953/kanchoku/
……部首からの連想で漢字を配列する雷コードがあります。

「漢直系鍵盤配列に関するリンク集」http://www4.atwiki.jp/japanese_keyboard_layout/pages/7.html
漢直の種類が歴史順に並んで、リンクされています。その他の配列関係へのリンクも豊富です。

「キー入力入れ替えソフト「姫踊子草」情報頁」http://hp.vector.co.jp/authors/VA011751/software/himeodorikosou/
……タイピング練習ソフトに対応している「繭姫」で漢直を使えます。TUT-Codeのデータがついています。

「窓使いの憂鬱」を使って T-Code 入力してみる」http://homepage3.nifty.com/songs/tcode/mayu/
……窓使いの方へ。
スポンサーサイト
  1. 漢直とは

過去の日記の前に その4

2005/09/13 Tue 02:40:35

■ 連想式と無連想式 ■

その1 で書いたように去年、漢直を覚えようと思い立った時、私は「連想式」で覚えました。
それは、いわゆる「語呂合わせ」ってやつです。
去年、私が覚えたのは漢直の中の一つ、「TUT-Code」です。
で、一旦はちゃんと全部覚えられたのですが、その後に待っていたのが、おそろしい連想式の罠だったのです……。

自分の連想式の覚え方を軽く説明すると、例えばTUT-Codeで「崖」を打つ場合、QWERTY配列で「uma」の位置にあたります。そこで、

崖 uma うまが崖からおちる

というように、一つの漢字で一つ連想を作っていきました。
こういう風にそこそこスムーズな連想が作れたのは稀で、たいていは、

匹 hyq 男一匹俳句をつくる
……などと、無理めの連想が多かったです。(これでもまだ、マシな方かも)

何回か練習すると、『うまが崖からおちる』の文章は頭から消えて、「崖」を打とうとする時は、イコール「uma」とパッと頭に浮かぶようになりました。
でも、実際に日常で使い始めると、このバッと頭に浮かぶアルファベットの音が、うるさく感じられたのです……。
もしかしたら、頑張ってずっと漢直を続けていたら、やがて「uma」も頭から消えて、自然に指が動くようになったかもしれないけど、とてもそこまで我慢することは出来ませんでした。
それに、たとえいつか無連想になれたとしても、多分二年はかかったと思います……。

その去年の反省をふまえながらも、では果たして、2000以上にものぼる膨大な漢直の漢字を無連想で……つまり、ただ指を動かすと行為だけで、覚える事なんて出来るのだろうか?
しかも、忘れかけてるとはいえ、一度連想式で覚えてしまったものを、今更、無連想で覚えるのは、一回目の時よりも、はるかに困難になるのではないか……。

今年の漢直日記は、その途方に暮れているところから始まります。

次からは、今年漢直練習を再開した時期の日記から、順番に載せていこうと思います。よろしくお願いします(⌒-⌒)ノ
  1. はじめに

過去の日記の前に その3

2005/09/13 Tue 02:35:47

■ 奏コード ■

私が使っている漢直配列の名前は、「奏コード」(そうコード)といいます。
漢直と言っても、いくつも種類があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/index.html
のm(as)mさんのページに詳しいので、参照してみて下さい。

で、「奏コード」は、自分で作った配列です。
平仮名も、漢字もカタカナも全部自分で作って配列しました。大変でしたよ。。。( _ _;;)o
TUTコードが元になっています。

どうしてそういうのを作ろうかと思ったかは、日記に書いてありますが、単純に言うと、去年覚えたTUTコードが自分に合わず、それも去年漢直をやめてしまった一因だったからです。

勿論、合う合わないは個人差があります。TUTコードは使用者も多く、たいていの人には合うのだろうと思います。
  1. はじめに

過去の日記の前に その2

2005/09/13 Tue 02:30:03

■ 配列と私 ■

漢直は実は去年にも一度挑戦してるけど、見事に敗北orz
漢字が覚えられなかったわけではなく、漢字を覚えたにも関わらず、身につけられなかったのです。
何故かと言うと、「連想式」で覚えてしまった為に、覚えた後、スムーズに打つ事が出来なくなってしまったのです。
そこら辺は日記にも、うだうだ書いてあるので読んでみて下さい。

配列難民だったので、今まで練習した配列は、親指シフト(NICORA)、飛鳥配列、タキオンコード(自分で作った配列)、月配列、Azik、etc.....と、ひと通りあります。

どの配列もそれぞれの良さがありました。
しかしっ! それでも、どうしても漢直への憧れがやまず。。。

どの配列を練習している時も、頭のすみに「漢直、かんちょく~ 」と妖怪のようにこだまする声があったので。。。

こうなったら、「身につけられないのが当たり前、そう、遊ぶつもりでやってみよう」という気持ちで、今回は始めたのでした。
  1. はじめに

過去の日記の前に その1

2005/09/13 Tue 02:26:32

■前書き■

これからこのブログには、私の漢字直接入力(漢直)練習記や、漢直との日常風景を書いていこうと思っています。

このブログを始めようと思い立ったのが9月で、私が漢直の練習を始めたのは、今年の6月です。

本当だったら、練習を始めたと同時にブログを始められたら良かったのですが、その頃は、ホームページもブログも遠い世界の出来事だったので、何も考えずに普通に個人用の練習記として、日記をつけていました。

その当時(今年の5月頃から)の日記をこれからアップしていこうかと思います。時系列が追いついたら普通に日記をつけていく予定です。

全くのプライペート用に書いていた日記なので、自分の趣味とか出まくりだし、色々とアレなのですが、そこは今更文章を変えられないので、わりきって、なるべく書いた当初のままで、アップしてこうと思います。
あまりにも分かりにくい所は、説明をつけ加えていくつもりです。

それでも、分かりにくい所は多々あると思います。そういう時は、質問なり突っこみなり、お待ちしてます。
  1. はじめに

| HOME |

Calendar
08 ≪2005年09月 ≫ 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。