漢直ノート

日本語入力方法の一つである、漢字直接入力(漢直)の練習日記や、日々のつれづれ事を書いています。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

過去の日記の前に その4

2005/09/13 Tue 02:40:35

■ 連想式と無連想式 ■

その1 で書いたように去年、漢直を覚えようと思い立った時、私は「連想式」で覚えました。
それは、いわゆる「語呂合わせ」ってやつです。
去年、私が覚えたのは漢直の中の一つ、「TUT-Code」です。
で、一旦はちゃんと全部覚えられたのですが、その後に待っていたのが、おそろしい連想式の罠だったのです……。

自分の連想式の覚え方を軽く説明すると、例えばTUT-Codeで「崖」を打つ場合、QWERTY配列で「uma」の位置にあたります。そこで、

崖 uma うまが崖からおちる

というように、一つの漢字で一つ連想を作っていきました。
こういう風にそこそこスムーズな連想が作れたのは稀で、たいていは、

匹 hyq 男一匹俳句をつくる
……などと、無理めの連想が多かったです。(これでもまだ、マシな方かも)

何回か練習すると、『うまが崖からおちる』の文章は頭から消えて、「崖」を打とうとする時は、イコール「uma」とパッと頭に浮かぶようになりました。
でも、実際に日常で使い始めると、このバッと頭に浮かぶアルファベットの音が、うるさく感じられたのです……。
もしかしたら、頑張ってずっと漢直を続けていたら、やがて「uma」も頭から消えて、自然に指が動くようになったかもしれないけど、とてもそこまで我慢することは出来ませんでした。
それに、たとえいつか無連想になれたとしても、多分二年はかかったと思います……。

その去年の反省をふまえながらも、では果たして、2000以上にものぼる膨大な漢直の漢字を無連想で……つまり、ただ指を動かすと行為だけで、覚える事なんて出来るのだろうか?
しかも、忘れかけてるとはいえ、一度連想式で覚えてしまったものを、今更、無連想で覚えるのは、一回目の時よりも、はるかに困難になるのではないか……。

今年の漢直日記は、その途方に暮れているところから始まります。

次からは、今年漢直練習を再開した時期の日記から、順番に載せていこうと思います。よろしくお願いします(⌒-⌒)ノ
スポンサーサイト
  1. はじめに

過去の日記の前に その3

2005/09/13 Tue 02:35:47

■ 奏コード ■

私が使っている漢直配列の名前は、「奏コード」(そうコード)といいます。
漢直と言っても、いくつも種類があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/index.html
のm(as)mさんのページに詳しいので、参照してみて下さい。

で、「奏コード」は、自分で作った配列です。
平仮名も、漢字もカタカナも全部自分で作って配列しました。大変でしたよ。。。( _ _;;)o
TUTコードが元になっています。

どうしてそういうのを作ろうかと思ったかは、日記に書いてありますが、単純に言うと、去年覚えたTUTコードが自分に合わず、それも去年漢直をやめてしまった一因だったからです。

勿論、合う合わないは個人差があります。TUTコードは使用者も多く、たいていの人には合うのだろうと思います。
  1. はじめに

過去の日記の前に その2

2005/09/13 Tue 02:30:03

■ 配列と私 ■

漢直は実は去年にも一度挑戦してるけど、見事に敗北orz
漢字が覚えられなかったわけではなく、漢字を覚えたにも関わらず、身につけられなかったのです。
何故かと言うと、「連想式」で覚えてしまった為に、覚えた後、スムーズに打つ事が出来なくなってしまったのです。
そこら辺は日記にも、うだうだ書いてあるので読んでみて下さい。

配列難民だったので、今まで練習した配列は、親指シフト(NICORA)、飛鳥配列、タキオンコード(自分で作った配列)、月配列、Azik、etc.....と、ひと通りあります。

どの配列もそれぞれの良さがありました。
しかしっ! それでも、どうしても漢直への憧れがやまず。。。

どの配列を練習している時も、頭のすみに「漢直、かんちょく~ 」と妖怪のようにこだまする声があったので。。。

こうなったら、「身につけられないのが当たり前、そう、遊ぶつもりでやってみよう」という気持ちで、今回は始めたのでした。
  1. はじめに

過去の日記の前に その1

2005/09/13 Tue 02:26:32

■前書き■

これからこのブログには、私の漢字直接入力(漢直)練習記や、漢直との日常風景を書いていこうと思っています。

このブログを始めようと思い立ったのが9月で、私が漢直の練習を始めたのは、今年の6月です。

本当だったら、練習を始めたと同時にブログを始められたら良かったのですが、その頃は、ホームページもブログも遠い世界の出来事だったので、何も考えずに普通に個人用の練習記として、日記をつけていました。

その当時(今年の5月頃から)の日記をこれからアップしていこうかと思います。時系列が追いついたら普通に日記をつけていく予定です。

全くのプライペート用に書いていた日記なので、自分の趣味とか出まくりだし、色々とアレなのですが、そこは今更文章を変えられないので、わりきって、なるべく書いた当初のままで、アップしてこうと思います。
あまりにも分かりにくい所は、説明をつけ加えていくつもりです。

それでも、分かりにくい所は多々あると思います。そういう時は、質問なり突っこみなり、お待ちしてます。
  1. はじめに

| HOME |

Calendar
03 ≪2017年04月 ≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Categories
漢直とは : 3
漢直色々 : 61
漢直練習日記 : 66
日常 : 97
はじめに : 4
配列関連 : 57
P-Study System : 24
音楽と漢直 : 5
奏コード : 23
ソフト : 21
アウトラインプロセッサ : 7
未分類 : 0
Recent Entries
05/06/27の日記 2
05/06/27の日記
3打鍵漢字
ちょこっと練習と練習方法
05/06/26の日記 2
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
2006年10月 : 1
2006年09月 : 8
2006年08月 : 13
2006年07月 : 15
2006年06月 : 13
2006年05月 : 14
2006年04月 : 16
2006年03月 : 17
2006年02月 : 33
2006年01月 : 51
2005年12月 : 58
2005年11月 : 62
2005年10月 : 39
2005年09月 : 28
Introduction
Author:みのり
みのりです。このブログは漢直に関する話題を書いています。taffy632@yahoo.co.jp
「漢直ノート出張版」
(ファイルやタイピング動画があります)
RSS
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。